ブログパーツ
≪前PREV次NEXT≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
≪前PREV次NEXT≫

久米島② 久米島観光 ~'11.12

blo-DSCF3055.jpg
久米島(くめじま)は、沖縄県の離島で那覇市の西約100kmに位置します
フェリーで4時間 片道3000円
那覇空港から飛行機で25分 片道9000円



宇江城城跡・具志川城跡
久米島には、14世紀末に按司が現れたといい、
その後、伊敷索(ちなは)按司は
長男を宇江城按司
二男を具志川城按司
三男を登武那覇按司に配置した。
1506または10年に久米島は琉球王朝により討伐された。

宇江城城跡
久米島の中で最も高い宇江城岳(309.8m)の山頂に築かれたこの城は
沖縄の城の中で最も高い地点に築城された。
DSC025880020.jpg DSC026160020.jpg
DSC025920020.jpg
DSC025970020.jpg
DSC026040020.jpg


具志川城跡
DSC026190020.jpg DSC026210020.jpg
DSC026220020.jpg
DSC026230020.jpg


伊敷索城跡 (ちなはじょうせき)
海岸から程近い標高約40mの地に位置している。
城域の北西側を流れる白瀬川の断崖を背後にして、
川沿いの河岸段丘上に長方形状に築城されている。
久米島博物館の隣
DSC02401.jpg



ミーフガー
久米島は、
ミーフガーを女岩として、
ガラサー山を男岩としてまつられています
ミーフガー 女岩
DSC026260020.jpg
DSC026300020.jpg DSC026310020.jpg
20mは越える大岩が、浸食や風化によって
2つの岩がまるで寄り添うように造形されたミーフガー。
岩の割れ目から女性の象徴として例えられ、
子宝に恵まれない女性がこの岩に拝むと
御利益を授かれるとと古来から言い伝えられています。

ガラサー山 男岩
兼城港のすぐ沖合いに浮かんでいる島
男性が拝むと自信回復につながり、男性のシンポルとしてあがめられています。
DSC027110020.jpg
DSC027210023.jpg DSC027220024.jpg
DSC027150021.jpg DSC027160022.jpg


島の北・比屋定バンタ
「バンタ」とは、方言で崖のことなのですって
海抜200mの断崖絶壁。
DSC025620020.jpg
DSC025680020.jpg
今日は、見えませんでしたけど、晴れていれば遠くに、
粟国島(あぐに)、渡名喜島(となき)、慶良間(けらま)諸島などが見えるそうです
DSC025720020.jpg
DSC025690020.jpg



島の南・鳥の口
島の最南端の鳥の口
DSC024580010.jpg
DSC024590010.jpg
階段を登って
DSC024630010.jpg
さらに登って
DSC024640010.jpg
絶っ景
右手には、
DSC024690010_20111227145215.jpg

左手には
DSC024730010.jpg
DSC024750010.jpg



島の東・奥武島の畳石
新奥武橋を渡って奥武島へ
この先にはての浜ですねぇ
DSC024390010.jpg

畳石
DSC024500010.jpg
DSC024430010.jpg
DSC024440010.jpg

近くには、久米島ウミガメ館やバーデハウスがございます
DSC024350010.jpg


イーフビーチ
雨だったのが、島1週道路を走っていましたら、
突然、晴れてきましたので、行ってきました
島の東側(右)にございますイーフビーチ
DSC024080010.jpg

キレイすぎですねぇ
DSC024020010.jpg
DSC024050010.jpg
癒し癒し癒しタ~イム
DSC024190010.jpg



君南風殿内
君南風殿内(チンベードゥンチ)
  沖縄県島尻郡久米島町仲地
久米島のノロ(巫女)を統率する高級巫女が祭祀を行った所で、
島内では最も格式が高い場所。
君南風 (チンベー/きみはえ)
   ・久米島のノロ(巫女)や神女を統率する高級巫女
   ・首里王府の任命によって、
       久米島の各地に配置された祝女の統括者
   ・聞得大君(きこえおおきみ)の下の高級神女33君の一人
       琉球王国の神女組織は、
       国王の姉妹がなる最高神女である聞得大君の下に
       三人の大あむしられがおり、
       その下に各村の祝女を統括する三十三君がいた。
       1667年までに三十三君はほとんどが廃止され、
       伊平屋のあむがなしに、久米島の君南風、今帰仁のあおりやえだけが残った
   ・昔3人の姉妹神女がいて、
       長女は首里の弁の御嶽に、
       二女は東嶽から八重山へ渡って於茂登嶽に、
       三女は西嶽に住み、久米島君南風の始まりとされる。
   ・久米島の具志川村仲地には
       君南風の火の神を祀った君南風殿内がある。
   ・1500年のオヤケ・アカハチの乱に中山軍の陣頭に立って功績があったとされ、
       この職を琉球王朝から授けられた。
       かつては大変な権勢を持ち、約80名の男女を従者とし、
       美しい飾りを付けた白馬に乗って島内を練り歩いたといわれ、
       今日まで、代々女系によってこの職は受け継がれている、
       1937年には社殿が建てられ、祭事を行っている。
       火の神を祀るのが、久米島の特色という。
DSC027060020.jpg DSC027090020.jpg

君南風殿内の手水鉢。
DSC027100020.jpg



久米島博物館
久米島博物館(旧久米島自然文化センター)へ
初めて行ってきました
DSC023910010.jpg
入場料:一般 200円

こんな場所があったのですねぇ
久米島には、城跡がこんなにあっただなんて・・・
DSC023930010.jpg
こんなに近くに展示されていていいのかしら・・・
DSC023950010.jpg
DSC023940010.jpg

久米島紬の機織りですねぇ
DSC023990010.jpg

懐かしさ満点
DSC023970010.jpg

≪前PREV次NEXT≫

久米島① フェリーにて久米島上陸 ~'11.12

癒しの島『久米島』上陸です

とまりんからの久米島行きのフェリー
NEC_0012.jpg

DSC023530001.jpg

今回の航路は、かなりしけっておりました

4m程の波があったようで、ジェットコーースタ-なみでしたね

フェリーで久米島までは、3度目
なので、慣れたものです
    酔い止めなしでもOKです
座るのではなく、『横になって寝る』にかぎります

でも、3時間の船旅
2時間は眠れたのですが、
残り1時間は、ちょっと危なかったです


ゆっくりする時間がなかったので、船の中でランチ
ファミリーマートで、沖縄限定のものをチョイス
june3NEC_0015.jpg
野菜チャンプルーのおにぎりに
紅芋のあげぱん
初めて見ました

沖縄久米島沖で採れたお水ですって
june3NEC_0018.jpg june3NEC_0019.jpg



ぐしけんパンとオキコパンは、沖縄っぽさを感じて、買ってしまう
何故か、懐かしさを感じる
ぐしけんパンの「ピーナツパン」とオキコパンの「ゼブラパン」
DSC023780001.jpg
渦巻きパンも食べてみたい
≪前PREV次NEXT≫

久米島⑥ 11日のGW終了 ~'11.5

久米島滞在中に、甥っ子を迎えに保育園に
apr2DSCF3392.jpg
弟は、一人であんぱんまんによじ登り
猛スピードで、前後にゆれるゆれる
apr2DSCF3393.jpg
ちょうかわいいねっ

保育園が終わってからも、ずっと元気
家のすぐ裏の『ふれあい公園』へエネルギーを撒き散らしに
apr2DSCF3406.jpg
ボールで、ひたすら遊ぶ遊ぶ
犬とたわむれる
apr2DSCF3404.jpg apr2DSCF3505.jpg


那覇市内についてから、
街中で聞こえる小さい子の声に、
甥っ子の声がそっくりで、思わず振り返ってしまします
1週間も一緒にいると、声が聞こえないと寂しいですねぇ

たくさんの元気と気力をありがとう


ゴールデンウィークも終了ですねぇ
これだけ休むと、明日から、働けるのか不安になりますねぇ~
朝一で関空についたら、職場へ直行ですねぇ
夜は、猫を迎えに行えに

11日間も休める恵まれた環境と、行ける場所がある、
会いにいける人たちがいることに感謝し、
また明日から頑張って働こう
    GW時期に、こんなに大胆にお休みをとったのは、初めてです

人生は、日々の暮らしの繰り返しが殆どなのよね~
環境に合わせて生きていく人生を選んでるのは、自身なんですね
日常の平凡な中で生まれる葛藤も
いつもと違う環境の自然の中で癒され
また、経済活動の一員として働く日々が続くのですね
埋もれないように、流されないように、  
見失わないように、バランスを保ちながら
自然な生き方と経済活動のバランスを上手くとりながら

よしっ
癒しを求めて、沖縄に行こうと思い立ち
久米島に住む妹へGWに沖縄に行くから泊めて~と依頼
いいよと言ったもののきっと、
10日も泊まるとは思ってなかったと思います

   マイルの関係上と休めるという有難い職場環境で、ちょっと長い
長い期間なのに、ありがとうね
島の温かさで、ゆっくりできました

JALマイルの残高を確認したら63,354マイルございました
必要マイル数
  大阪 ~ 札幌、沖縄 ⇒ 15,000マイル
JALカード割引ディスカウントマイル
    期間中、国内線特典航空券が通常より少ないマイル数で利用できる
  大阪 ~ 沖縄 ⇒ 12,000マイル
      【JALカード割引 国内線特典航空券 ディスカウントマイル】
        A期間⇒ 2011年4/1(金)~2011年6/9(木)※除外日⇒2011年4/29(金)~2011年5/8(日)
        B期間⇒ 2011年11/19(土)~2012年2/29(水)※除外日⇒2011年12/22(木)~2012年1/4(水)

JALカード割
   JALカード会員で、ホームページから申し込みをすると、通常より少ないマイル数で利用できる
  大阪 ~ 沖縄 ⇒ 11,000マイル
      【JALカード割引 国内線特典航空券 通常マイル】
       ⇒2011年4/1(金)~2012年3/31(土)
≪前PREV次NEXT≫

久米島⑤ 久米島観光 ~'11.5

久米島は、
仲里村(なかざとそん)  右側の海ビーチ側(イーフビーチや久米アイランドホテル)

具志川村(ぐしかわそん) 左側のビーチの反対(しまふくやオーハッピーのある商店街)
に分かれています


街には、ハイビスカスが咲いています
南国っぽさに感動


車で20分ほどで、島一周できます
島1周(沖縄県道245号久米島一周線)が、
23km
久米島マラソンが開催されるのですが、
島一周が、42.195kmもないのです



久米島のスーパー
   ・Aコープ久米島店
   ・ショッピングセンター玉寄
   ・主婦の店
   ・長井商店

   ・コンビニ24時間営業『COCO・ココストア』(ピンク色)
      久米島イーフビーチ前店(1号店2003年10月)と仲泊店(2号店2007年12月)

久米島のホテル
   ・サイプレスリゾート久米島
   ・イーフビーチホテル
   ・リゾートホテル久米アイランド

久米島のカフェ・レストラン
   ・オーハッピー  小島よしおのお母さんのお店
   ・あんまー食堂
   ・三坊   こだわりの沖縄そば処
   ・海色パーラー 海・海(mea・mi) ソフトクリーム
   ・カフェ花籠  琉球ハーブティー
   ・喫茶BIRDISLAND  海を見ながらタコライス
   ・島家海浬    お寿司がおいしい
   ・スリーピース  味噌そば
   ・ちゃんぷる亭  タコスやトルティヤ
   ・パーラーシシリ浜 シンリ浜にあるパーラー
   ・島風    民謡居酒屋
   ・久米島地鶏牧場  贅沢な環境で育てられた地鶏
   ・SPIRAL MARKET   レゲエ
   ・ダーツバー
おそば屋さん
   ・サクシード宮城  海に一番近い
   ・レストラン竜   おなか減っているときに
   ・亀吉   屋根の上のサバニが目印
   ・喜八   ニューが面白い。老舗。
   ・松原   はやくて美味い
   ・やん小~(やんぐわ~) 古民家の雰囲気

久米島のお土産
   ・おやつ村  久米島で人気の黒糖「じぃーまの黒ざーたー」を製造。
   ・久米翔   久米島のお土産がいっぱい並ぶお店。
特産物
   ・久米島紬〈国指定無形文化財〉
       インドに起源をもつ琉球絣の中でも、絹織物の代表格。
       手織りのぬくもりが気品のある風情を感じさせる。
   ・泡盛
       数ある泡盛の中でも人気の高い久米島の泡盛。
       泡盛は蒸留酒なので寝かせておくほど味わいが増す。
海産物
 黒潮の流域にある久米島は、
 漁場の中に島があると言われているほど魚が豊富
   ・くるまえび
       全国一の生産を誇っています。
       会社は4件 久米総合開発(株)(久米養殖)、久米島漁業協同組合、南西興産㈱、エポック㈱ 
熱帯フルーツマンゴー、パイン、ドラゴンフルーツ
 サンサンと照りつける南国の太陽の光線を浴び、大切に育てられた久米島のフルーツ。
   ・久米島熱帯果樹園  美味しいマンゴー
   ・赤嶺パイン園  おいしいパイン
お菓子
   ・黒糖
   ・みそクッキー (しまふく)
その他
   ・久米島みそ  水が豊富な久米島は自給自足のできる島。
   ・塩
   ・かまぼこ
   ・もずく/あおさ
   ・海洋深層水  水深612メートルから汲み上げられた海洋深層水。



久米島観光
   ・久米島町の総面積は63.21k㎡
   ・沖縄県内で5番目に面積の大きい自治体。
      沖縄の離島としては、
      沖縄本島、西表島、石垣島、宮古島に次いで5番目
   ・琉球王朝時代、その美しさを宝石にたとえて「球美の島」と呼ばれていた。

   ・北上する久米島近海の黒潮海流が豊かな魚場を形成していて、
      特に久米島の「キハダマグロ」の釣りに関しては、
      久米島の漁業関係者の魚場である「パヤオ」の開放により、
      「沖釣り」や「ルアーフィッシング」には評判が高い。

   ・宇江城城跡
      県指定史跡の宇江城城跡は久米島一番の眺め!
   ・立神(タチジャミ)
      高さ40m、横幅70m、厚さ5mの屏風をたてたような不思議な形の岩。
   ・畳石
      亀の甲羅のような形の岩が並ぶ。
      透き通った海では魚を見ることもできる。
   ・久米島ウミガメ館
      ウミガメ教室や放流体験もできる。
   ・熱帯魚の家
      自然海岸のタイドプールに魚が餌付けされており、
      海に入らなくても熱帯魚を見ることのできる。
   ・具志川城跡(ぐしかわじょうせき)
      国の重要文化財
      東シナ海が見渡せる場所。
   ・上江州家(うえずけ)
      具志川城主の末えい
      昔の島の生活を垣間見れる。
      重要文化財に指定
   ・比屋定(ひやじょう)バンタ
      バンタとは絶壁のこと。
      慶良間(けらま)諸島、粟国(あぐに)島などが見渡せる。
   ・おばけ坂
      久米島7不思議?下り坂なのに、上にのぼってゆく。
   ・ミーフガー
      「ミーフガー」とは女岩という意味。
      子宝の神様?ここで拝むとご利益あるそうです。
   ・太陽石(ウティダいし)
      高さ1.3メートル、周囲約4メートルの楕円形の石。
      自然の法則を見出した昔のアイディア。
   ・久米島の久米仙
      大自然に囲まれた宇江城岳の麓で作る泡盛
      限りなく澄みわたる美しいお酒。
   ・イーフビーチ
      平成8年に「日本の渚百選」に選ばれた
      東洋一といわれるサンゴでできた真っ白な砂とコバルトブルーだけの砂州
   ・ハテの浜
      (楽園と呼ぶにふさわしい)など美しい海浜地帯
   ・ふれあい公園
≪前PREV次NEXT≫

久米島④ 食べもの ~'11.5

久米島のスーパー
観光より、生活するのが好きな私は、
旅行に行くとスーパー巡りは、必須

久米島生活1週間
毎日通ったAコープとショッピングセンター玉寄
aprDSCF3435.jpg aprDSCF3439.jpg

大阪のスーパーとの食材の違いに、毎回、テンションがあがります

大好きな沖縄そば
aprDSCF3407.jpg aprDSCF3405.jpg 

島とうふ
aprDSCF3406.jpg 
  スーパーでまだ温かい状態のお豆腐
  大阪のスーパーではまずお目にかかれないこの豆腐最高なのです
  素材の味がしっかり、ゆし豆腐も持って帰りたいくらいマイ好みのお味

紅芋
aprDSCF3404_20110506112734.jpg

島らっきょう
aprDSCF3403.jpg aprDSCF3440.jpg
  塩漬けが一番美味しいです
  生の島らっきょうは、1袋150円という安さ

巨大キャベツ
aprDSCF3408.jpg aprDSCF3456.jpg


~お家~
久米総合開発(株)さんの車えびのお造り
      超美味で、贅沢ですねぇ~
久米島海洋深層水開発さんの海ぶどう
島とうふ、島らっきょう、紅芋
沖縄そば
ソーキ、テビチ
黒糖カステラ
マンゴーゼリー、マンゴーシェイク
生春巻き、ゴーヤチャンプル、お好み焼き?

大大大のラッキョ好きは、島らっきょうがレパートリーに増えました
次回の久米島滞在は、ソーキと黒糖カステラが作れるようになりたいです
≪前PREV次NEXT≫

久米島③ レストラン ~'11.5

今年も満喫できました
沖縄・久米島の食


~外食~
『イーフビーチホテル』  GW限定のランチバイキング
『リゾートホテル久米アイランド』  ストロベリーケーキ
        ケーキセットは、4種類ございました。(モンブラン、ストロベリー、チョコ、チーズケーキ)
         お味は、超普通。100円ケーキのようでした


『サイプレスリゾート久米島』  久米島丼
aprDSCF3402.jpg

『レストラン竜』  久米島そば
PH_57_20110506011655.jpg

『居酒屋ぽんぽこぽん』  沖縄そばサラダ
PH_76.jpg


『カフェダイニングSTORAGE WORKS  沖縄そばのカルボナーラ
apr2DSCF3386.jpg

『オオ・ハッピー』  ぽーぽー
PH_61_20110506011656.jpg





妹夫婦の家から、3分ほど歩くと
お笑い芸人・小島よしおさんの母、智恵さんのお店
O2ハッピー』 がございます
       小島よしおさんのお母さんは久米島出身の方。
       千葉に住まわれていたけど、親の介護の為に、島に戻ってこられたのですって。

aprDSCF3438.jpg
「大改造!劇的ビフォーアフター」で放映されたお店です
      去年2010年3月に来た時はまだ、工事中で 、
      ビフォーアフターのスタッフらしき方がいたのを思い出しました



ミーハーは、取敢えず!行かなくちゃっ!ですね

メニューはこんな感じ
PH_60_20110506011655.jpg

夕食はすませた後だったので、ビールを軽く1杯

デザートに、ポーポーという
聞いたことのない想像のつかないスィーツ
PH_61_20110506011656.jpg
    黒糖小麦粉のクレープのようなもっちりした食感でした

ビールの時は、
    美味しく煮込まれたお大根をサービスで頂き、
デザートのときは、
    コーヒーをサービスというお心遣いを頂き

小島よしおさんの小さい時の写真や(赤ちゃんモデルになれそうなくらい、別格のかわいさでした
    スタジオで撮られたお写真を見せてもらい

島らしい温かさと、
    都会のサービス精神と気遣いが兼ね合わされたお母さんでした

昼はランチ、夜はスナックの店のようで・・・
カウンターの後ろにお酒がズラ~っと並んでるのが見えるので、
ちょっとスナックぽいイメージがしました

お店の一角のスペースに、
小島よしおさんのお母さんが買いつけされてきたお洋服売り場があります。
お手ごろ価格ですし、
おばちゃま方が島で着るには、お洒落なお洋服

ゆんたくドリンクスペース O2・ハッピー(オーハッピー)
住  所: 久米島町字仲泊1173
        仲泊商店街の玉寄スーパーの斜め前
電  話: 098-985-2543
営業時間: 12:00~24:00(ラストオーダー23:00)
定休日 : 火曜日



もう1件、小島よしお繋がりのお店

小島よしおのおばさん(小島よしおさんのお母さんの妹の旦那さん?)が
経営していたお店『レストラン 竜』

お店に入ってすぐの壁には、
芸能人の写真やサイン色紙がたくさんございました
ナイナイの岡村さん矢部さんのお写真も

広いお座敷があるので
キッズがいても、楽です

サイコロステーキがお安くなっておりましたが、
久米島そばとオリオンビールを頂いてきました
お昼からビールと久米島でしか味わえないお料理
美味最高ですっ

久米島そば  500円
PH_57_20110506011655.jpg


レストラン竜
住  所: 島尻郡久米島町仲泊1067
電  話: 098-985-2299
営業時間: 11:30~23:00
定休日 : 日曜日は16:00から休み
≪前PREV次NEXT≫

久米島② 久米島までのフェリー ~'11.5

フェリーに出発時刻ぎりぎりに到着
PH_30.jpg

すると・・・座るところがない

こんな外のお席はちょっと。。
PH_35.jpg

仕方なく、隅の方のここに
PH_34.jpg

目の前を見ると
PH_32.jpg PH_33.jpg

コンセント発見
ラッキー
フェリーの中で、充電しながら、ネットできました
≪PREVNEXT≫
記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。