ブログパーツ
≪前PREV次NEXT≫

痩★ビューティークリームHAND&NECK 『SOU・ソウ』

商品説明 
商品名 :
       ビューティークリーム HAND&NECK
           『SOU・ソウ』  
             apsourtatepinkのコピー

内容量 : 200g 
価  格: 2,625円(本体価格2,500、税125円)
内容成分: 
      水、グリセリン、BG、白金、加水分解ヒアルロン酸、ゲットウ葉エキス、
      スクワラン、キサンタンガム、カルボマー、ベンジンアルコール、
      コカミドDEA、メトキシケイヒ酸オクチル、ポりソルベート-80、
      水酸化Na、メチルパラベン、マンガンバイオレット、香料
使用方法: 
     ・適量を手に取り、手・首などのシワ、乾燥が気になる手肌にやさしくなじませます。
ご使用上の注意:
     ・傷やはれもの等、異常のある部位にはご使用にならないでください。
     ・お肌に合わない場合はご使用をおやめください。
     ・ご使用中に異常が現れた場合はご使用を中止し、専門医にご相談下さい。
     ・お子様の 手が届かない場所に保管してください。
こんな方にもオススメ:
     ・肌の滑らかさが気になる方
     ・全身の肌のハリがきになる方
     ・肌のきめを整えたい方
     ・皮膚が乾燥しがちな方
     ・お風呂上りにさっぱりクリームで保湿したい方
     ・女性ホルモンのバランスの崩れが気になる方
     ・生理前に甘いものがほしくなる方


使用された方々のお声
 即効性はないが、徐々にオフィスで甘いもを欲さなくなった(自然と)
    欲しい時は、無理をせず食べていたが、クッキーやチョコでなく、飴ちゃんで充分。
 便秘改善(らっきょうと併用)
 生理前のバランスの崩れからくる気持ちの変動が軽減
 最初は、つけ心地に物足りなさを感じたが、
    数日すると、つけると心がほっとするようになった
 夏のUVハンドクリームが見かけたことがなかったので、
    UV効果と一石二兆!


こちらで、ご購入いただけます
楽天★プラントピュール ハンドアンドネック SOU



日本
ハンドクリームだけではもったいない!
   全身使えるビューティークリームSOU
 
プラントピュール ビューティークリームハンド&ネックSOUは、
 保湿効果に優れたヒアルロン酸
   イオン導入効果のあるプラチナ
      贅沢に配合
したハンドクリームです。

月桃とバニラの香りで嗅覚を刺激することにより、
  空腹時の食欲を抑え、バランスよく美しさをサポート。
さらに、食のメカニズム・月のリズム・香りの効果を活用した
  ダイエットも期待できる画期的なビューティークリームです。



効果・効能 
美肌成分配合
 ヒアルロン酸&プラチナ(白金)
 年齢を感じさせる手の甲・首に潤いを与えます。
 全身にお使いいただけます。

UV効果
 日焼け・肌荒れを防ぎます。
 さっぱりとした使い心地でオールシーズンお使いいただけます。
 夏の間も、UV対策をしながら、しっかりと手やお首のお手入れ♪
 お肌に潤いを与えながら、紫外線をカット。

ダイエットをサポート
 バニラの甘い香りで空腹時の食欲を抑え、
 月のリズムを利用してのダイエットも期待できます。



バニラの香りは、魔法の香り
 甘い洋菓子やアイスには、定番のバニラの香り。
 家事に子育てと頑張るお母さんも、
  社会でバリバリ働く女性も、
   ストレスが溜まる時がございます。
 甘いものを食べて、気持ちを紛らわす代わりに、
 バニラの香りを嗅ぎ、甘いスィーツを食べた気分に
 さらに、「リラックス感」と「幸福感」を味わえる香りのパワーを活用
 交感神経が疲れたら、香りのパワーで、
  自律神経やホルモンバランス整え、心と体のお手入れ&リフレッシュ
 リラックス効果のあるバニラの香りで、
  ストレスを感じないしっとりとした肌に。


美肌効果があると注目されつつある和製ハーブの月桃
 月桃は、ショウガ科・ハナミショウガ科の植物で、主に沖縄・琉球列島に分布します。
 抗菌作用や殺菌の繁殖を防ぐこうかがあり、
   精油成分あるデヒロロカワインは、月桃特有の成分で、
   消臭・防虫作用もあります。
 また月桃に含まれるポリフェノールは、
   優れた抗酸化作用を持ち、活性酸素を取り除き、

   女性ホルモンのバランスを調整します。


食欲のメカニズム
 食欲は脳にある摂食中枢と満腹中枢によりコントロールされており、
 食事をすると血液中の血糖値が上がり満腹中枢がこれをキャッチして満腹感を覚え、
 時間が経つと血糖値は下がり、摂食中枢がこれをキャッチして、空腹感を覚えます。
 この空腹時に、SOUをお使いいただくと、
 バニラの甘い香りで満腹中枢を刺激する効果が期待できます。

月のリズム
 月は新月から始まり、上弦→満月→下弦と
 約1ヶ月(29.5日)かけて地球の周りを回り続けます。
 つまり、
 満ちていく月欠けていく月
 2つのパターンを繰り返します。
 人間も月と同じように、
 欠けていく月の時は、発散などの減らす作用に向いていて(デトックス期)、
 満ちていく月の時は、吸収など増やす作用(吸収期)に向いています。
 この月の作用を利用して、ダイエットを行うと効果的といわれています。

≪前PREV次NEXT≫

痩⑤★UV効果

UV効果 
キーワード
    UV吸収剤、UV散乱剤、UV-A、UV-B、SPF、PA

UV吸収剤とUV散乱剤
紫外線吸収剤
   ・紫外線を吸収して、
       熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出し、
       紫外線の皮膚への浸透を防ぐ。
   ・吸収剤は透明であるため、使用感の良いことが特長。
   ・人によってはアレルギー反応を起こす場合がある。

紫外線散乱剤
   ・紫外線を物理的な仕組みで反射・散乱させて、
       紫外線がお肌に入り込むのを防ぐ。
   ・主に酸化チタンや酸化亜鉛などの白色の無機粉体が使われている。
   ・散乱剤を使った日焼け止めは、
       白浮きしがちでメイクの仕上がりが重く見える傾向があった。
       微粒子の散乱剤を使用した、
       白浮きしない日焼け止めも開発されている。

UV-AとUV-B
   地表に到達する紫外線には、
   波長が短い「UV-B」と呼ばれる紫外線と
   それより波長が長い「UV-A」と呼ばれる紫外線の2種類。
UV-B
   ・やけどのように皮膚に炎症をおこし、
       数日後には、皮膚を黒くさせる作用がある。
UV-A
   ・太陽光を浴びた直後から皮膚を黒くする作用、
   ・皮膚の真皮層にまで届き、
       肌の弾力をうばってシミ・シワ・たるみの原因となる。


SPFとPA
   紫外線防止効果の目安になる「SPF」や「PA」
SPF
   ・Sun Protection Factorの略。
   ・UV-B(紫外線B波)の防止効果を表す数値。
       たとえばSPF30の日やけ止めなら、
       サンケア化粧品をぬらなかった時の30倍の時間、
       肌が赤くなることを防ぐという目安となる。
   ・SPFは、数値が大きい方がUVBの防止効果は高くなる。
   ・SPFが50より有意に高い場合には、「SPF50+」と表示。
PA
   ・Protection Grade of UV-Aの略
   ・紫外線A波の防止効果を表す。
   ・PAの表示は、3段階
       +(効果がある)、++(かなり効果がある)、+++(非常に効果がある)。
   ・紫外線対策は夏だけのイメージが強いが、
       UVAの紫外線量は季節で大きく変わらない。
≪前PREV次NEXT≫

痩④★女性ホルモンと生理周期

女性ホルモンと生理周期 
キーワード
      エストロゲン卵胞ホルモン、プロゲステロン黄体ホルモン、卵胞期、排卵期、黄体期、月経生理期

2つの女性ホルモン エストロゲン、プロゲステロン
  体内のホルモンは,からだの状態を一定に保つ働きをしていますが、
  女性ホルモンは、いつも一定量あるわけではなく、時期にあわせて必要な量だけ存在します。
エストロゲン★卵胞ホルモン★美容ホルモン
   ・女性らしい体つきや女性の魅力を引き出す
   ・卵胞期に多く分泌され、コラーゲンを増やす働きがあり、肌のつややはりが出る。
   ・エストロゲンの分泌が多いと気分も安定し、キレイでいられる。

プロゲステロン★黄体ホルモン★妊娠サポートホルモン
   ・妊娠にとってはとても大切なホルモン。
   ・黄体期に多く分泌され、卵巣で作られ、
       水分やエネルギーを貯蓄しなさいと指令するホルモン
   ・体温を上げ、イライラや頭痛、肌トラブルなどが起こり、体調がかんばしくない人も。
性欲・食欲を低下させる
   プロゲステロンは性欲を奪う作用があるのは、
   肉体にとって、ちょうど受精卵が子宮に着床する時期なので、
   流産を防ぐ意味でもセックスをなるべく避けるようにするためです。
生理前になると食欲アップの訳
   プロゲステロンは食欲も低下させる。
   ところが生理前になるとプロゲステロンがいきなり急降下し、
       それまで食欲をある程度抑えていたものが急速に取り払われ、
       その反動で食欲が一気に目覚める。
   生理前は能動的な性欲が生まれたり、食欲が旺盛になったりする。
ピルを服用すると体重が増えるし減らない
   ピルはプロゲステロンが主な成分。
   なので、ピルを飲んでいると体重が減りにくい。
   ピルは、女性を「妊娠している時期」と同じホルモン状態にして
       排卵を起きなくさせる薬。
筋肉をつけるため
   筋肉は男性ホルモンが存在しないと、なかなかつかない。
   女性にも少量の男性ホルモンが分泌されているのですが、
       これが最大に分泌されるのが排卵日。
   しかも排卵日はエストロゲンも最大に分泌されていて、意欲が最高にアップ。
   運動をして効率的に筋肉をつけるためには、排卵日付近に筋肉トレーニングを。


4つの生理周期 卵胞期、排卵期、黄体期、月経生理期
   ・生理の周期(生理1日目から次の生理が始まる前日までの日)は、約4週間(28日間)
   ・初潮から閉経まで約400回、25~35日の一定期間で、妊娠を準備するプロセスを繰り返す。
   ・月経から約2週間、周期前半(月経期と卵胞期)は、
       卵子とその着床環境を新たに準備しなおす段階。
       受精の準備を促進する意味で、
       本能的な感情欲求は月経終了後に高まるリズムに設定されている。
   ・周期後半(排卵期と黄体期)は、
       受精卵の着床・養育に備えるため、子宮内膜に再生された分泌腺が活動を開始。
       これを助けるため全身の代謝が高められ、体温が0.3~0.5℃上昇。
卵胞期★低温期 (約1週間) 心も体も絶好調。基礎体温は、低温。
   ・生理が始まった日から排卵日まで。
       個人差があり、生理周期が長い人は、ここが長い
   ・エストロゲンが多く分泌され体調が安定する時期。
       体調が良く、肌もハリやつやがで、気分的にも安定。
   ・ダイエットや新しい事にチャレンジするのに最適の時期
   ・卵巣で卵胞(卵子)を育てている時期 
   ・月経期に成熟しはじめた卵胞がエストロゲンを分泌し、
       子宮内膜が徐々に厚くなり受精の準備
       おりものが徐々に増える。

排卵期 (1日)  基礎体温は、この前後に一段と低くなる。
   ・低温から高温になった頃(低温の最後から2~3日前後の間)排卵が起こる。
   ・排卵の前後4~5日は妊娠しやすい時期。
   ・排卵された卵胞は、
      受精が起こらなければ黄体は、14日前後で退化し月経となり、
      受精した場合、黄体が持続され、
      胎児が自分でホルモンを分泌するまで、プロゲステロンの分泌が持続。
体 ⇒ 排卵(中間)痛や排卵期(中間期)出血が有る事も。
      おりものがピーク。
      排卵が近づくと、卵管まで精子の侵入を受け入れる目的で、
      子宮の入り口をふさいでいた粘液の粘り気を低下させ、その量を増やす。
       →おりものに。
      体調がいい,女性の魅力が高まる,むくみが取れ,体が軽くなる,リラックスできる
心 ⇒ 精神的に安定する,優しくなる,外向的になる,自信がみなぎる,性欲が高まる
肌 ⇒ つやとはりが出る,血行が良くなる,くすみが取れる,ニキビが減る

黄体期★高温期 (約2週間) 心身ともに不調な時期。基礎体温は高温。
   ・排卵(高温期に入ってから)から生理開始までの高温期は、14日±2日(12~16日と一定)。
    黄体=排卵した卵胞に形成されるので、排卵した翌日から、体温が低くても黄体期=高温期。
   ・高温期が3週間以上続けば妊娠の可能性大。
   ・妊娠に備える時期。子宮内膜がやわらかく厚くなる。
   ・卵子が飛び出したあとの卵胞から、「黄体ホルモン」が分泌される。
体 ⇒ 大きな不調は無い。むくみや便秘、肩こりや腰痛。食べた物がそのまま体につきやすい
      腹痛や乳房のはり、眠気やイライラ、体重増加など、「PMS(月経前症状)」の症状が表れる。
      おりものが徐々に減る。
心 ⇒ 黄体と卵胞ホルモンのバランスが急激に変化し、黄体ホルモンが多く分泌され、精神的に不安定に。
      活動的になる、テンションが高まる、笑ったりブルーになったりと躁鬱が激しくなる
肌 ⇒ 抵抗力がある。皮脂分泌が高まる。自然な保湿ができ、乾燥を防げる。

生理前の不調期 心も体もトラブルだらけ。ストレスをためないように心がけましょう。
体 ⇒ むくみ,便秘,肩こり,腰痛,胸が張る,眠気が増したり,食べ過ぎる,甘い物が欲しくなる
心 ⇒ イライラ,怒りっぽくなる,集中力が無くなる,不安感,恐怖心を抱く,憂鬱,落ち込みがち
肌 ⇒ ニキビ,肌荒れ,シミ,血行が悪くなる,アレルギー反応が起こりやすい

月経期★生理 (約1週間) 肌も敏感になり,トラブルも起こりやすい。基礎体温は、低温。
   ・不要になった子宮内膜の一部がはがれおち血液とともに体外に排出され,生理が始まる。
   ・月経により失われる鉄分を補給するためには,ひじき・海苔などの海藻類,小松菜,魚等を。
       ナッツ類やかぼちゃ,アボカド等のビタミンEやしょうがは血行を良くする作用がある。
体・妊娠が成立しないと体のリズムをリセット
   ・黄体ホルモンの分泌がなくなり、体が冷え,血行も悪くなる。
   ・生理痛※,頭痛,胃の痛み,吐き気,むくみ,貧血,体がだるい,匂いに過敏、イライラ
心・憂鬱,ブルー,神経質になる,匂いに過敏になる
肌・ニキビ,肌荒れ,毛穴が開き気味になる,乾燥しやすい,肌が過敏になる,かぶれや湿疹が起こりやすくなる

PMSが起こる、考えられる要素
1.ホルモンの急激な変動:
   月経周期中にエストロゲンとプロゲステロンの濃度が急激に変動するため。
   また、一部の女性ではプロゲステロンの分解過程が通常と異なり、
   このために月経前症候群(PMS)が起きている可能性があります。
   プロゲステロンが分解されると通常は、
     気分に対して正反対の作用をする2つの成分が生じます。
   月経前症候群(PMS)のある女性は、
     不安を軽減する成分が少なく、不安を増強する成分が多く生じるます。
2.βーエンドルフィン低下:
   脳の中で分泌されモルヒネ様の作用があるβーエンドルフィンという物質が
     月経の前になると急激に低下する。その結果うつ状態になりやすいです。
3.セロトニンが低下:
   脳内に神経刺激を伝達する作用をもつセロトニンという物質があります。
   セロトニンは神経線維の末端から分泌され、神経情報を伝達する役割を担っています。
   月経の前にはこのセロトニンが低下することが知られています。
   この月経前のセロトニンの低下は精神症状が出る原因ではないかという説。
4.水分貯留:
   排卵した後に卵巣から分泌される黄体ホルモンという女性ホルモンにより
   体に水分が貯まりやすくなり、その水分貯留がいろいろな症状を出す原因となります。

月経前の1週間ほどはホルモン分泌・自律神経の調節・抑制がきかず、
いらいら、肩こりなど心と体に不調を起こすこともあるが、ふつうは月経の開始とともになくなる。
このような心と体の変化は、正しい時期に起こるかぎり心配はなく、各過程が順調に進んでいる証拠。
症状が重く不快感が強いとき、月経痛、月経不順、不正出血があるときは、放置すべきではありません。

漢方薬やアロマオイルなどの匂いの効果
漢方薬やアロマオイルには、植物由来の女性ホルモンが含まれているものがあり、
更年期障害や月経困難症、稀発月経等の治療に使われ、効果がある。
クラリセージなどで、鎮静作用を持つ酢酸リナリルと女性ホルモン様作用があるスクラレオール
ホルモンバランスを整える食べ物
食事も女性ホルモンの分泌バランスを整えるのに、とても大切。
■種子食品…玄米、豆類、ナッツ類など
■発酵食品…味噌、しょうゆ、納豆、ぬか漬け、キムチなど
■青背の魚…さば、いわしなど
しょうがやしそは、気を開くといい、ストレスを軽減。高温期後半、生理前などに食べると良い。
ホルモン分泌を整える食物
・ビタミンE →血行を促し、ホルモン分泌の状態を整える効果。アーモンドやナッツ類、鰻やタラコ
・ビタミンC →ストレスへの抵抗力を増す。ストレス性の月経不順などの人に。野菜や果物に
・ビタミンB1 →脳の神経の働きを正常にし、ストレスへの抵抗力アップ。鰻や豚ひれ肉、大豆
・カルシウム →不安定な気持ちを静める。ヨーグルト、豆腐、がんもどき、小松菜、干しえび
・マグネシウム →月経前のむくみを防ぐ働きが。アーモンド。ナッツ類、干しひじき、納豆
・ビタミンB6 →エストロゲンの代謝に欠かせない栄養素。まぐろ、さんま、鮭、いわし、バナナ
・EPA、DHA →血行を促し、ホルモン分泌が活発に。はまち、いわし、さば、さんま。魚介類
・イソフラボン →女性ホルモンと似た働きをする成分。きな粉、納豆、豆腐、みそ。大豆製品
身体を温める食べ物
 血行が良くなり、ホルモンの働きも良くなる    
■色: 赤・橙・黄・黒  
■ビタミン:D・E・A  
■味:渋い・苦い・塩辛い
■穀物:そば・ひえ・あわ・ごま
■野菜:山芋・かぼちゃ・ごぼう・にんにく・にんじん・しそ・レンコン・しょうが・漬物
■果物:梅・なつめ・栗・りんご・さくらんぼ・ぶどう・プルーン・乾燥果物
■調味料: 自然塩・ごま油・味噌・しょうゆ・にんにく粉・タマネギ粉・ゆで小豆・きな粉・黒砂糖
■飲料:番茶・ほうじ茶・タンポポコーヒー・ヨモギ茶・日本酒・赤ワイン
■海藻:塩コブ・ひじき・ワカメ・のり
■魚介類: 佃煮(甘味)・かまぼこ・ちくわ・くらげ・マグロ
塩干し魚・赤身の魚・淡水魚・白身の魚・鯉・塩辛・数の子・するめ・たこ・いか
身体を冷やす食べ物
■色: 紫・青・緑・白 
■ビタミン: C・B 
■味: えぐい・辛い・すっぱい・甘い 
■穀物:白パン・小麦・大麦・白米
■野菜:たけのこ・なす・トマト・レタス・唐辛子・ほうれん草・こんにゃく・大根・ピーマン・白菜・みょうが
■果物:バナナ・レモン・みかん・柿・なし・スイカ・メロン・パイナップル・グレープフルーツ
■調味料: 白砂糖・こしょう・ざらめ・みりん・カレー粉・わさび・化学調味料・化学薬品
■飲料: コーラ・ワイン・コーヒー・ウィスキー・緑茶・ビール・ヨーグルト(甘味)・ココア
■菓子: チョコレート・あめ・キャラメル・あんぱん・アイスクリーム
■海藻: とろろコブ(酸味)・ところてん・のりの佃煮(甘味)・モズク
女性ホルモンに似た働きをする成分
 ・女性ホルモンは、体内にある細胞でしか作られず、
     食べ物からはほとんど補給できない。
  ・体内でエストロゲンなどの女性ホルモンと似た働きをする
    「植物エストロゲン」と呼ばれる成分を含む食べ物がある
  ・大豆、納豆、豆腐など。
     →大豆イソフラボン、フィトエストロゲンという成分を含む食べ物
        1日に摂取する大豆イソフラボンの量は50mg
        豆腐半丁、きな粉大さじ3杯、豆乳1カップ。
  ・アーモンド・かぼちゃ・アボガドなど 
     →女性ホルモンと似た働きをするビタミンE
  ・ごま、小麦、えんどう豆など
     →レソルシル酸ラクトン類
  ・ゴマに含まれる
     →『リグナン
      ●リグナンを含む種
        ・松の実     ・ゴマ。特に黒ゴマ
        ・落花生     ・アーモンド   
      黒ゴマの色素は、
       ポリフェノールの一種アントシアニンが
       リグナンの酸化、活性酸素を除き、女性ホルモンの分泌を高める。
      さらに効果を高めるには、納豆と一緒に食べると良い
      花粉症→黒ゴマを煎ってすり潰して納豆と混ぜ、
          それにシソをたくさん刻んで入れたモノを食べる。
          甜茶を飲み、ヨーグルトを食べると4日で鼻の炎症が和らぐ。
  ・ニンニク
      毎日食べると食べる前と比べ、女性ホルモンの分泌量が『1.5』倍。
      ニンニクに含まれるアリシンという臭いの強いもの。
      これを食べると視床下部とか神経、卵巣も刺激して女性ホルモンを増やす。
      刻んで炒めると効果的
       刻むことによって、香り成分アリシンが出る。
       熱を加えることにより、さらに出る。
      さらに効果を高めるには『発芽玄米』と一緒に食べると良い
       発芽玄米にはビタミンB1が多く含まれており、
       ニンニクのアリシンの働きをアップ。
       発芽玄米にはギャバという脳の働きを良くするアミノ酸の一種が入っている。
       更年期障害の方が発芽玄米を食べると、改善される。
      発芽玄米ガーリックライス 
  ・プエラリアやガウクルア・ガオグルア
月経トラブルを引き起こす主な病気
病名:病気の内容  主な症状
子宮筋腫:子宮筋層にできる良性のコブ。原因はわかっていない。
  症状がないことも多いが、筋腫の位置や大きさによっては過多,過長月経、下腹部痛、不妊症など。
子宮内膜症:子宮内膜が本来の場所以外にできる病気。原因はよくわかっていない。
  月経困難症、下腹部痛、腰痛、性交痛、不妊症など。
子宮内膜炎:子宮内膜が何らかの病原菌の感染を受けてる病気。膣炎や子宮頸管炎が子宮内部に広がり起こる。
  不正出血、下腹部の不快感や下腹部痛、腰痛、おりものの増加など。
子宮膣びらん:重層扁平上皮という組織のおおわれているはずの子宮膣部が、子宮頸管をおおっている円柱上皮という組織に広くおおわれてしまうもの。
  おりものの増加、不正出血。 ひどい症状がなければ治療の必要はない

月経不順と不妊症への応用
 月経不順の女性は、規則正しい生活リズムを取り戻すとともに、
 晴れた満月の晩に、その月光を浴びることをお勧めします。
 月光浴の際には、月を深く意識するようにします。
 そうすると、額にあたった月光が、頭蓋骨を通して脳の内分泌器官に作用して、
  正常月経のリズムへとリセットするでしょう。
 不妊症においても、それが心理面の問題から来る内分泌不調であれば、
 やはり月の光を頭から浴びるとともに、月と生殖の関わりについて深く熟考すれば、
 それを機転に内分泌能が正常化する可能性があります。
≪前PREV次NEXT≫

痩③★月のリズム

月のリズム 
キーワード 
     満ちていく上弦サイクル(吸収期)、欠けていく下弦サイクル(デトックス期)、新月、上弦、満月、下弦

月は、新月 → 上弦 → 満月 → 下弦と
     2つのサイクルを満ち欠けしながら
     約1ヶ月(29.5日)かけて地球の周りを回ります。
月は、『五感・直感・霊感』の感性を研ぎ澄ませる力を秘めています
月の波動は、
     心や体の要らないものをふるい落としてくれる『浄化パワー』がある

2つのサイクル   満ちていく上弦サイクルと欠けていく下弦サイクル
満ちていく上弦サイクル★吸収期   新月上弦→満月 (2週間)
どんな時期?
   ・吸収、補給、摂取、等の増やす作用に向いている。
   ・縁起が良く、あらゆる関係の発展・繁栄・継続を助ける
        →結婚時期に向いている
   ・何でも吸収し、プラスのエネルギーが高まる
   ・上弦から満月の時期が月のパワーが一番強い
        →真新しいことを始めるのに最適
   ・引き寄せる、増やす、強めるという力が強く働く
        →筋力、体力増強など身体作りを行うとよい
   ・カラダが栄養を吸収しやく、水も溜まりやすい
        →同じものをたべても、太りやすい時期
        →ビタミン、ミネラルを吸収してくれる時期
   ・病気にかかると、回復しにくい
        →病状が発展する。手術や出血を伴わない治療に適す(視力矯正など)
   ・雨が降りやすく、植物がよく育つ
積極的に食べましょう
   ・ビタミン、ミネラルが豊富なものを摂る
       わかめ、にら、ほうれんそう、にんじん、春菊、アボカド、カリフラワー など
   ・脂肪・糖分を控えた食事を心がける。

欠けていく下弦サイクル★デトックス期  満月下弦→新月 
どんな時期?
   ・解毒、洗浄、発汗、等の減らす作用に向いている
   ・物事が減退、減少、衰退していく時期。(エネルギーレベルが低下)
        →休息、癒し、瞑想(内面的な強さを引き出す)
   ・肉体的、精神的バランスを調整し、上弦サイクルに向けて元気を取り戻す
        →新たなサイクルを迎える時に必要なものがタイミングよく手に入るよう。
   ・次のスタートに向けての準備期間
   ・不要になったさまざまなものを手放す 排泄していく  
        →ダイエット、デトックス、禁煙、必要としないものや人と縁を切る。
        →部屋を掃除し、ため込んだメールなどの整理
        →ウォーキングなどの有酸素運動が効果的。
   ・手術や治療などをこの時期に行うと、成功率が高く、回復しやすい。
        →外科手術や歯科治療など、出血を伴う治療
積極的に食べましょう
   ・水分を多めに摂ることを心がける
   ・デトックス効果のある食材
   ・お米、ジャガイモなどの栄養と水分が多く含まれる食材
       お米、じゃがいも、なす、レタス、白菜、きゅうり、大豆、かぼちゃ、しょうが、たまねぎ など

月の4大ポイント 新月、上弦、満月、下弦
新月 テーマ『新しい始まり・浄化・芽生え・直観力
   ・新しい事を始めるのに最適。
       満月へと向かって月が満ちていくので、
       豊かな実りを約束してくれるパワーがある。
   ・浄化や解毒などに最適。(特に新月の前後3日間)禁煙など
   ・求心力が強く締まる陽性の力が強いので、
       生理の量は少なく、期間も短い
 隠月期 ~新月までの前2日間
   ・新月の2日前から「プチ断食」がオススメ
   ・新月に備えて、計画を練る。
   ・どうしても成功させたいことは、
        新月の3日後以降にアクションをおこす。
   ・新月前後は、突発的な事故、事件が起きやすい。
        精神的に不安定になる。
 新月期 新月から~2日間
   ・願い事はこの時期に
   ・新しいアイディア、企画、計画を実行に移す

上弦の月 テーマ『発展・成長・活性化』 
   ・新月から7日目頃の月
   ・身体の補給、体力増強を促進
   ・上弦前は特にエネルギーが満ち溢れ、全体のエネルギーレベルが高い
   ・月と太陽が緊張の角度を取る配置(スクエア・90度)になるので、
         精神的な緊張も伴いやすく、悩みや葛藤、迷いも普段より感じやすい
   ・恋愛関係(告白など)に最適。上手く進展する 
   疎遠になっていたり、行方知れずの人とも親交が復活しやすい
   ・吸収力が高まり、水分を蓄えやすい時期。体重が増えやすい
   ・健康と癒しに関することは全て、この時期が効き目がある

満月  テーマ『調和・吸収・高揚感・成熟・開花
   ・満月の神秘的な光は格別な力で心理に強く影響
   ・エネルギーの吸収がピークに達し、努力が実を結ぶ。
         良くも悪くも結果が出る
   ・パーティ、告白など… 楽しいこと、発展させたいことをするのに向く
         予想外に上手く進む
   ・吸収力が高まり、水分を蓄えやすい時期。
        ローカロリーな食事を心がける
   ・不要になったものを手放していくのにいい時期。
        ダイエットを始めると効果的
   ・満月の日に生理が始まるのが身体のバランスが取れているいい状態
        →満月に生理になり新月で排卵し
         古代人は、月のリズムに添い生活していた。
        →拡散・膨張する陰性の力が強いので、出血量が多く期間も長く、ムクミも出やすい
   ・満月2~3日後は、雨が降りやすい。
   ・人の生死が集中する。手術はできるなら満月の日にはさけましょう。

下弦の月 テーマ『メンテナンス・沈静・整理・除去・軽減
   ・身体の浄化機能を促進。
        下弦から新月に向かう時期が一番、浄化力が高まる。
   ・普段よりも食べる量を多少控えるといい
   ・食欲の欲求が低下する時期。
        プチ断食やデトックスの浄化系をするのに最適
   ・長期的なテーマのスタート
        植物を植えるのでも
        1年草など短い期間で育てるものは上弦に植え、
        多年草や樹木など、長期間にわたって育てるものは下弦に植えるのがよい



月新月や満月はほぼ毎月、次の星座に移動してテーマを変えていきます。
 星座にはそれぞれ異なるテーマが宿っています。

新月が起こった星座でみる運勢
太陽と重なり、月のパワーが更新されるとき。
この運気にのって物事を始めたり、切り替えたりするとよい結果がえられそうです。
 ・おひつじ座:素晴らしい直感が与えられる日。素早い決断ができ、リーダーシップをとる力に恵まれます。
 ・おうし座:目標達成へのスタミナや忍耐力、強い意志が与えられる日。財政計画を立てる好機です。
 ・ふたご座:多様なことに関心が向けられ、創意工夫ができる日。コミュニケーションが活発になります。
 ・かに座:仲間や家族などに思いが寄せられる日。
 ・しし座:自信がつく日。周囲からの称賛が欲しくなり、また得やすいとき。
 ・おとめ座:細かく精巧、精密なことに注意がむく日。計画や仕事の正確さを期す好機。
 ・てんびん座:交渉ごとなどがうまく運びやすい日。バランスの取れた行動でよい結果が得られる。
 ・さそり座:終わらせたり始めたりと、心機一転する好機。秘密が明かされる等、隠れていたことが表面化。
 ・いて座:旅行や探検の好機。なにごとに対してもポジティブになれる日。
 ・やぎ座:感情を抑え、冷静に将来に向かって計画を立てられる日。
 ・みずがめ座:独立心や古いものへの反抗心がわく日。博愛精神など大きなビジョンに基づいた行動を。
 ・うお座:イマジネーションがわき、スピリチュアルな気持ちになる日。ものごとが混乱しやすいとき。
2010年星新月星
 ・1/15 16:12山羊 ・2/14 11:53水瓶 ・3/16 6:02魚 ・4/14 21:29 牡牛
 ・5/14 10:06牡牛 ・6/12 20:16双子座 ・7/12 4:41蟹座 ・8/10 12:09獅子
 ・9/8 19:31乙女 ・10/8 3:45天秤 ・11/6 2:37 射手座 ・12/6 2:37射手

満月の起こった星座でみる運勢
非常にたくさんのエネルギーを与えてくれますが、半面、なにごとも過剰になりがち。
どの星座で満月が起こっているかを知ることで過剰の傾向が分かります。
 ・おひつじ:情熱に満ち、夢中で取り組める日。やりすぎて周りが見えなくなったり、空回りになる暗示。
 ・おうし座:五感が鋭くなり、美しいものを堪能。所有心、独占欲が高まり、分かち合えなくなる傾向。
 ・ふたご座:コミュニケーションが非常に活発になる日。軽はずみな会話によるトラブルに巻き込まれそう。
 ・かに座:情緒的、感情的になる時。創作などには適している。ナーバスになったりいらいらしたりしがち。
 ・しし座:冒険心がわき、賭け事などをしたくなる日。遊び心でいっぱいになり、するべき仕事をおざなりに。
 ・おとめ座:自分を押さえ、自己犠牲的になる日。細かなことが気になりすぎ、小言が多くなってしまう。
 ・てんびん座:にぎやかな社交の場での出会いが活発になる時。八方美人になって、優柔不断になりがち…。
 ・さそり座:心のなかに秘めていた深いものが呼び覚まされる。ちょっとしたことに疑いを持ちすぎる傾向も。
 ・いて座:気分が非常に高揚し、何にでも挑みたくなるとき。自信過剰になり、周囲とあつれきや摩擦も。
 ・やぎ座:非常に底力が湧いてくる。自分に自信がなくなり、周りと比較し自分を責めてしまう傾向。
 ・みずがめ座:アイデアがどんどん湧いてくる。反抗的になったり、引きこもったり突発的な行動を取る傾向。
 ・うお座:非常にクリエイティブになれる。集団のなかにいると、極端に周りのムードに流されてしまう傾向。
2010年星満月星
 ・1/1 4:14 蟹  ・1/30 15:18獅子 ・3/1 1:38乙女 ・3/30 11:26天秤 ・4/28 21:19蠍
 ・5/28 8:08射手 ・6/26 20:31山羊 ・7/26 10:37水瓶 ・8/25 02:05魚 
 ・9/23 18:18牡羊 ・10/23 10:38牡羊 ・11/22 17:14 双子 ・12/21 17:14 双子
2010年星上弦、下弦星
 ・1/7 19:40天秤座 下弦  ・1/23 19:53牡牛座 上弦    
 ・2/6 8:48蠍座   下弦  ・2/22 09:42双子座 上弦   
 ・3/8 00:42射手座  下弦 ・3/23 20:00蟹座  上弦  
 ・4/6 18:37山羊座  下弦 ・4/22 03:20獅子座 上弦    
 ・5/6 13:15水瓶座  下弦 ・5/21 08:43乙女座 上弦  
 ・6/5 7:13魚座   下弦  ・6/19 13:30乙女座 上弦  
 ・7/4 23:35牡羊座  下弦 ・7/18 19:11天秤座 上弦 
 ・8/3 13:59牡牛座  下弦 ・8/17 03:14射手座 上弦    
 ・9/2 2:22双子座  下弦  ・9/15 14:50射手座 上弦 
 ・10/1 12:52蟹座  下弦  ・10/15 06:27山羊座 上弦    
 ・10/30 21:46獅子座 下弦 ・11/14 01:38水瓶座 上弦  
 ・11/29 05:36乙女座 下弦 ・12/13 22:59魚座   上弦  
 ・12/28 13:19乙女座 下弦


月月の朔望(さくぼう)・満ち欠け
  朔望周期の長さは、複雑な月軌道のため、変化しまが、平均すれば29.530589日。
  朔(さく)は、月と太陽の視黄経が等しくなることで新月のこと。
   ・新月(朔):  0度のとき
   ・上弦の月 : 90度のとき
   ・満月(望):180度のとき
   ・下弦の月 :270度のとき

月呼び名 名前の由来
 ・新月/しんげつ 1日頃 朔。月が見えない。三日月から逆に遡い日付を求めた。英語のNew Moonから。
 ・繊月/せんげつ 2日頃 二日月(ふつかづき)。日没後1時間前後の明るい空に、繊維の様に細い月が。
 ・三日月/みかづき 3日頃 新月後最初に出る月。朏(みかづき・ひ)初月(ういづき)若月(わかづき)。
 ・上弦の月/じょうげん 7日頃 夕方西の空に見え、西側が明るく輝いている。
    夕方の空にかかる姿を弓の形になぞらえると、弦を張った側(欠けぎわの側)が上に見えるから。
 ・十日夜の月/とおかんや 10日頃 上弦の月より幾分ぷっくりとふくらんだ月。
 ・十三夜月/じゅうさんや 13日頃 古来、満月に次いで美しい月とされた。
 ・小望月/こもち 14頃 満月の前夜。幾望(きぼう)ともいう。幾は「近い」の意味。
 ・満月/まんげつ 15日頃 異称:望月(もちづき)十五夜(じゅうごや)。英語「Full Moon」から。
 ・十六夜/いざよい 16日頃 他に、既望(きぼう)不知夜月(いざよいづき)などとも。
 ・立待月/たちまち 17日頃 夕方、月の出をいまかいまかと立って待つうちに月が出る。
 ・居待月/いまち 18日頃 居は「座る」の意味。立って待つには長すぎるので、座って月の出を待つ月。
 ・寝待月/ねまち 19日頃 別名臥待月(ふしまちづき)横になって待たないとならない程月の出は遅い。
 ・更待月/ふけまちづき 20日頃 夜更けに昇るのでこの名前。だいたい午後10時頃に月の出となる。
 ・下弦の月/かげんの 23日頃 月を弓に見立てての名前。暗いうち(東の空から昇るとき)に見える月。
 ・有明月/ありあけ 26日頃 夜明けの空(有明の空)に昇る月。本来は十六夜以降の月の総称。
 ・三十日月/みそか 30日頃 新月頃。晦日(大晦日おおつごもり)月が姿を見せない「つきこもり」が転じた。

月お月見★三月見   日本に古くからある「お月見」の風習
  「三月見」の三夜とも空が晴れてお月見ができると縁起がいい。
    ・十五夜(中秋の名月) 旧暦8月15日
    ・十三夜 旧暦9月13日
    ・十日夜(とおかんや) 旧暦10月10日

月月食
 ・太陽により生じている地球の影(本影または半影)に月が入り込む現象
     通常の満月とは違った様子
 ・月が地球の影に入り月が隠れる現象。
 ・本影に月全体が入り込むものを皆既月食
 ・特に西日本方面では、地平線の下で皆既となるので、
     皆既月食になった状態で月が昇ってくるという珍しい光景を目にすることができる。

月日食
 ・太陽が月本体に覆い隠される現象
 ・月が太陽の前に入って太陽が隠れる現象。
 ・太陽全体が月に隠されるものを皆既日食


月干潮と満潮  =潮汐(ちょうせき)
月の引力の影響により起こる現象。
地球では潮の満ち引き(満潮と干潮)が毎日2回ずつある。
満潮
  地球は 月の引力の影響を絶えず受けており、影響力は月と近い場所ほど強い。
  月の引力もまたほかの場所より強まるため、
    月方向へ海面が引っ張られて(大地も20センチほど隆起する)満潮となる。
  こうして地球上で月に最も近い場所と、
    正反対の場所ではほぼ同時に満潮を迎える。
干潮
  引力・遠心力ともに弱い『月に最も近い場所と正反対の場所の間』では、
   海水が月に最も近い場所と正反対の場所側へ移動することにより干潮となる。

人間は本質的には地球表面と同じ成分から成り立っている。
    地表の海の割合と同じく、人間の体の80%が水分である。
   月の引力が、他の天体の引力や宇宙の力と共に、体内の水分に影響を及ぼしている。
   体内の水分は、
    血液に含まれる管内液、細胞に水分を与える細胞外液、細胞に含まれる細胞内液があり
    この三部分を自由に移動する。
体内の水分が多くなり過ぎると、組織が緊張、膨張し神経が興奮してくる。
   月の引力が水分のバランスを崩すと、緊張が生じ癇癪を起こしやすくなる。
   これの典型的な例が月経前緊張症候群と呼ばれているものである。
   情緒不安定やいら立ちはこの症候群に非常に良く見られる症状である。
ホルモンバランスと水・電解液バランスの間には、複雑な相互作用がある。
   一時的に水分がたまったり
   電解液のバランスが崩れたりして生理的ストレスが強まるから、
   むくみや緊張感、いら立ちを経験する女性が多い。
男性ホルモンは、女性ホルモンと違い、
   水・電解液バランスと密接な関係はないので、こうした症候群はない。

満月直後に男児の生まれることが多く、新月には女児が多い、
引力が最小になる半月の時には神経の緊張が緩むようで、
   上弦・下弦の半月の前後には交通事故の発生が多くなる。
≪前PREV次NEXT≫

痩②★食欲のメカニズム

食欲のメカニズム 
キーワード 
  ⇒視床下部、空腹中枢、満腹中枢、ブドウ糖濃度=血糖値、インスリン、グルコース(エネルギー源)、遊離脂肪酸

 ・食欲は、摂食中枢と満腹中枢の2つの中枢により、コントロールされている。
    摂食中枢と満腹中枢は、血液中のいくつかの物質濃度を監視している。
 ・脳には視床下部という部分がある。
    視床下部に、摂食中枢と満腹中枢がある
 ・満腹か空腹かは、血液中のブドウ糖と遊離脂肪酸の濃度で決まる。

満腹感と空腹感のメカニズム
 満腹感のメカニズム           空腹感のメカニズム
   食事をする                      食事をしてから時間が経つ
    ↓                            ↓
   血糖値が上がる                   血糖値が下がる
    ↓                            ↓
   満腹中枢が血糖値上昇をキャッチ       摂食中枢が血糖値減少をキャッチ
    ↓                            ↓
   「満腹中枢」が働き、食欲がおさまる。     「空腹中枢」が働き、食欲が起こる。   
血糖値があがると、食欲がおさまる。  血糖値が下がると、お腹がすく。



満腹中枢と空腹中枢 満腹中枢、空腹中枢、インスリン、遊離脂肪酸
   ・2つの中枢は、
       一方が働いているときにはもう一方がおさえられる。
   ・血液中のグルコースなど
       食べ物から取り入れた物質の濃度や、
       ホルモンの濃度、食べたときに出る熱などが関与している。
   ・「遊離脂肪酸」「グルコース」「幾つかのホルモン」中枢を刺激する。
満腹中枢
   ・血液中の物質濃度(血糖値=血液中のブドウ糖の濃度)を監視している。
刺激するもの(満腹になる)
   ・胃が膨らむことや食べたときに出る熱
   ・グルコース(エネルギー源)が増える
   ・インスリンがでる。
     (遊離脂肪酸を引っ込める働きもあるので空腹中枢への刺激を減らす)
   ・血糖値があがる。
どのようにして満腹になる?
   1)空腹感。食欲が起こる。
   2)食欲により、人間は食事をとる。
   3)脳に十分な糖分がたどりつく(血糖値が上昇)
   4)グルコースが増える。
   5)それらを蓄える働きのあるホルモン(インスリン)が出る。
   6)脳内にあるセロトニンというホルモンが分泌。
   7)この情報は満腹中枢に伝えられ、中枢から「エネルギーの摂取は十分!」
     という情報を体にフィードバック
   8)グルコースは「満腹中枢」を刺激し、
        同時にインスリンは、遊離脂肪酸を引っ込める働きもあり、
       「空腹中枢」への刺激は減り、
        ダブルの作用で満腹感が形成される。
実は、人間の性中枢と満腹中枢はとても隣接した部分にあり、
  (女性はこの2つの距離が男性よりも短い)
 性的にときめいたときに、すぐとなりの満腹中枢も刺激するため、
 食欲が起こりにくくなる。
 人は緊張しているときは食事がのどを通らないものですが、
 恋をしているときもまさにその状態と同じ原理で、食欲が起こりにくくなる。

空腹中枢
   ・血液中の物質濃度(血糖値=血液中のブドウ糖の濃度)を監視している。
刺激するもの(お腹がすく)
   ・空っぽに反応した胃の収縮
   ・遊離脂肪酸が血液中に増える
どのようにして空腹になる?食欲が起こる?
   1)食事の直後、
        人間はエネルギー源として
        食べ物から取り入れたグルコース(炭水化物の分解されたもの)を使う。
   2)食事のあと時間が経つと、
        グルコースが足りなくなってくる。
   3)エネルギー源として、
        グルコースの代わりに
        体に蓄えられていた脂肪が使われはじる。    
   4)この時脂肪は、
        遊離脂肪酸とグリセロールに分解され血液中に増加。
   5)遊離脂肪酸は、
        空腹中枢を刺激するとともに満腹中枢を抑制する。
        同時に、遊離脂肪酸を増やす働きのあるホルモンを活性化。
           =遊離脂肪酸が増えるとそのホルモンが増える
   6)そのホルモンが増えると
        さらに遊離脂肪酸も増える。
   7)結果「食べたい」 という空腹感が起こる 
         = 食欲が起こる


インスリン
   ・脂肪細胞は、インスリンの支配下にある。
   ・インスリン濃度に応じ、中性脂肪を貯えたり、
       逆に中性脂肪をエネルギー源として分解したりする。
   ・高濃度のインスリンは、ブドウ糖と遊離脂肪酸を脂肪細胞内に取り込ませ、
       中性脂肪の合成を促進。
   ・食後、血糖値が上がるとインスリン濃度も上がりますが、
   ・インスリンは摂食中枢を刺激して満腹中枢を抑制するので、
       食欲を亢進させる。(お腹が空く)
   1)増加した血液中のブドウ糖(血糖)は、
       膵臓からインスリンというホルモンの分泌を高める。
   2)インスリンは、
       エネルギー源としてのブドウ糖の全身の細胞への取り込みを促進。
   3)血液中のブドウ糖濃度はだんだん減少。(血糖値が下がる)
   4)エネルギー源として脂肪が動員されてくる。 
        ⇒この際に、脂肪は
         遊離脂肪酸とグリセロールに分解され血液中に増加する。

遊離脂肪酸 ゆうりしぼうさん
   ・空腹感がわく。
   ・遊離脂肪酸が血液中に増えてくると、
        摂食中枢の神経細胞を刺激し、満腹中枢を抑制。
        (=「食べたい」 という空腹感が起こる。)
   1)食後、エネルギー源として食べ物から取り入れた
        グルコース(炭水化物の分解されたもの)を使う。
   2)時間が経つと、グルコースが足りなくなってくる。
   3)グルコースの代わりに
        体に蓄えられていた脂肪が使われはじめ、
        この時、遊離脂肪酸が出る。

本能の食欲バランスを狂わせる要因
ドーパミンの過剰分泌 
   ・食事をすると、
        脳内にあるドーパミンというホルモンが分泌される。
   ・ドーパミンが分泌されると、
        摂食中枢を刺激し、食欲がわいてくる。
        =少し食べると、余計にお腹がすいてくるのはこのため。
   ・視覚、聴覚だけでなく
        嗅覚からの強い刺激がドーパミン分泌を促進する。
   ・ドーパミンは食事以外の刺激によっても分泌される。
        飲食看板の「美味しいや食べ放題」など、
        「食べたい」という気にさせる、
        そんな刺激によってもドーパミンは分泌される。
   ・このようなドーパミンの過剰分泌が、
        本能の食欲バランスを狂わせ、過食行動に走らせる。
   ・空腹中枢が大量のドーパミンによって刺激を受け、
        脳内の興奮状態が続くと食欲が暴走してしまう、ということも。
   ・ドーパミンはストレスにより分泌過剰になることもある。
        強いストレスを受けている人は、過食に走りやすくなる。

癒しホルモン「セロトニン」の分泌を促す 
   ・食事が終わり、満腹感に浸っていると、
        ドーパミンとは別の物質が体内で増加。
        それが、鎮静系の神経伝達物質、セロトニン。
   ・セロトニンは人に満足感を与えるホルモン物質。
        精神安定剤と似た分子構造をした脳内で分泌される。
        十分に出ているときは、 
        精神を安定させ幸せな気分にさせるだけでなく、
        食欲を抑制する効果もある。

この2つの中枢をコントロールする事がダイエットの秘訣
   ・空腹中枢:
        分泌されたドーパミンの刺激で、
       「お腹が空いた」という認識を出し続ける。食欲が湧く。
   ・満腹中枢:
        体内の栄養素が満たされたり、
        胃が満腹になるとセロトニンが分泌され、これが満腹中枢を刺激。
       「食べ物はもう充分」という信号を出す。
   ・ドーパミンは脳を興奮させ、集中力を高める作用、
        セロトニンは脳をリラックスさせる作用がある。
        車のアクセルとブレーキのように、両方がバランスよく保たれると脳は良好に働く。

ダイエットが失敗する原因は、自律神経の乱れ
   ・自律神経とは・・・意思とは無関係に体の機能を調節する神経。
   ・多くの肥満者は自律神経の働きが低い
        =自律神経が 乱れていると太りやすい。
   ・自律神経が乱れると
        満腹感を感じる食欲中枢にも影響が起こりやすく、
        食べても食べても満腹感のない状況に陥ってしまいやすい。
   ・食べても太れない、あまり食べていないのに痩せないという人がいますが、
        全ては自律神経の乱れに原因がある。

食べても太らない理想的な体質になるには・・・
  自律神経の乱れを「整える」ことがとても重要。
   ・自律神経の乱れはストレスや不規則な生活が原因。
   ・現代の生活ではストレスや、規則的な生活が困難で、
        自律神経は乱れやすくなっています。
   ・自律神経を正常に戻すところからはじめ、
        意識的に自律神経の乱れを無くすよう心がけましょう。
≪前PREV次NEXT≫

痩①★香りの効果『バニラ&月桃』

香りの効能 
   香りには様々な成分が含まれており、
   その香りをかぐだけで、
      体や神経にいろいろな影響を与えることがわかっています。

   香りに関しての効能が研究され始めたのは意外と歴史は浅く、
   1986年に第一回「香りの心理学」学会で
      『香りの脳に及ぼす影響』が発表。
   民間療法として利用されてきた香りに、
      治療医学としての道が開けたのはわずか15年前。

ストレスと食欲と香り
  ・食欲が旺盛で我慢できない人は、
      体が本当に食べ物を必要としているのではなく、
      ストレス等により、食べ物に依存している状態。
  ・ストレスと食欲は、切っても切れない関係で、
      特に女性は、ストレスを感じると甘い物を食べたくなる傾向が強い。   
      これは食べることで、
      ストレスを感じなかった事にしたいという心理が働くから。
  ・ストレスは、脳にも大きな影響を与えています。
      脳は、食欲や睡眠など、
      生きるために必要な活動をコントロールしていますが、
      ストレスを感じるとそれらがうまく調節できなくなる。
      結果、疲れやだるさ、冷えなどがあらわれ、
      ストレス解消が食欲につながり、やせにくい体になる。

 香りはそのような自分の意志だけではコントロールできない、
 脳のさまざまな部分に働きかけ、ストレスを軽くしてしてくれます
  心身を健康な状態に、やせやすい体に近づけてくれるお手伝い。

香りでダイエット
  ダイエット効果があると科学的に証明されたのが、グレープフルーツとバニラ
    ●バニラ 
      → 食欲を抑える効果が強く、間食防止に。アメリカでの研究結果。
    ●グレープフルーツ 
      → 交感神経を活発にさせ、
        中性脂肪を燃やすたんぱく質の分泌を促し、脂肪燃焼に。

無意識に食べたくなる時 
    1)ストレスを、手軽な幸せである食べることで解消したい(精神的空腹感)
    2)脳が唯一のエネルギーである糖分(ブドウ糖)を求めている(肉体的空腹感)
         という2つの理由から。
 対処方法
    1)ストレス解消法のすり替え(精神的空腹感の解消)
       お腹すいた→食べるを、

       お腹すいた→バニラの香りをかぐ、にすり替える

    2)甘いものの小分け食い(肉体的空腹感の解消)
   
月桃&バニラのやさしい香り
バニラ 
   ダイエット効果があると科学的に証明されているバニラの香り
食欲を抑える効果 
    バニラの匂いをかぐ 
      → 血糖値があがり
      → 脳の満腹中枢が「お腹がいっぱい」と認識。
      → 結果、食欲が自然と抑えられる。間食防止。
        食欲をコントロールする脳内ホルモンセロトニンを分泌。
 効果・効能
    ・薬用としても昔から利用されている。
        古くから催春薬として応用されてきた。
        熱病やヒステリー、月経不順などに効果があるといわれている。
        薬剤の賦香料としても利用される。
    ・西洋では媚薬として効果があるといわれており、催淫パワーもある。
    ・心に対する働き⇒ 心を明るく高揚させる
    ・肌に対する働き⇒ 紫外線、熱から髪、肌を守る。
    ・緊張、感情の起伏を和らげ、気持ちを落ち着かせる。 
    ・鎮静作用があり、不眠対策にもよい。
    ・ストレスを和らげる。
    ・リラックスパワーがあり、ゆったりした気持ちを導く。
    ・バニラの精油
        悲しみを共に感じ、優しく抱きしめてくれる精油。じわっとくる優しさ。
    ・弱く結合するバニリンは、独特の香りで舌を刺激し、
        弱った自律神経のバランスを調節する効果
 安定作用
    ダイエットには関係ありませんが、    
    バニラの化学物質バニリンには、安定作用があり、
    お薬にも成分として使われており、
    香水にもバニラの抽出液が使われることが多い。



自信と元気を生み出す "癒し"
月桃 ゲットウ
  葉に含まれる成分に美肌効果があると注目されつつある和製ハーブ
    ・沖縄の暑い日差しと大地の恵みによって育まれ、
        特有の香りが気分をリラックスさせ、
        ストレスの緩和や安眠に効果
    ・暖かい地方(日本は沖縄県~九州南部)に自生する
        ショウガ科ハナミショウガ属の多年生植物
花期:初夏頃
 花言葉:爽やかな愛
 効能
    ・虫よけ(防虫、防菌、防カビ)
        沖縄の人々は、古くからその自然な芳香を愛用。
        カビを防ぐために鬼餅(沖縄のお餅)をその生葉で包んだり、
        畑仕事や藪に入る前に虫に刺されないよう、
        葉を体にこすりつけて、忌避材として利用した。
    ・抗酸化作用によるお肌の美白効果、シミの回復作用 
       - 紫外線から細胞を守り、美白作用もあります
    ・肌内のヒアルロン酸、コンドロイチン等を活性し
        保湿機能を高め、小ジワの回復作用 
       - コラーゲンの生成をサポートたり
        コラーゲンを分断する酵素を阻害し、
        小じわやたるみに効果。
    ・アトピー性皮膚炎、ニキビその他皮膚障害 
        かゆみ、花粉症、アレルギー症状などの改善
    ・血行促進や体臭、口臭予防と改善
    ・血圧降下作用、血糖値降下作用、利尿作用
    ・黄色ブドウ球菌、腸炎ビブイオ及び
        大腸菌等抑制作用、食中毒菌の抑制作用
    ・痰の排泄を促す働きがあると言われており、
        気管支炎や風邪などに起因する
        咳や鼻炎といった症状に対しても有用。

鬼餅・ウニムーチー
   沖縄県で食される伝統的なお菓子で、健康、長寿の祈願のため縁起物。
   旧暦の12月8日(新暦の1月下旬~2月上旬)に、
   月桃の葉に包まれた蒸餅(ウニムーチー)を食べ、厄払いします。
   首里城の近くに内金城嶽(うちかなぐすくうたき)という、ムーチーの由来の場所があります。


バニラ・バニラビーンズ
    ・バニラ Vanilla  (学名:Vanilla planifolia )
    ・ラン科 メキシコ原産のハーブ成分。
    ・天然(野生)のバニラはワシントン条約で取引が禁止。
        人工栽培されているバニラは、輸入可能。
    ・①バニラビーンズ、②バニラエッセンス、③バニラオイルの三種類
        バニラエッセンスは、主にエタノールや水
        バニラオイルは、油脂を溶剤としている
    ・老化によって極端に感じられなくなる香り。
        60歳を過ぎれば多くの人に嗅覚の低下が現れ、
        バニラの香りは、特にその低下が著しい。
    ・バニリン、アニスアルデヒド、アニスアルコールなどの化合物の香りの成分がある。
    ・アルデヒド(アルデヒド基 (formyl group, −CHO) を持つ有機化合物)の一種。
バニラビーンズの歴史
    ・バニラの香料原料
    ・メキシコ、中米が原産
        最初の耕作者は、メキシコのトトナカ族
        メキシコの先住民が古くから、
        チョコレート飲料やタバコの風味付けに利用。
        16世紀にアステカ帝国を征服したスペインがヨーロッパへ持ち帰り、
        世界各地で使われるようになる。
    ・現在はマダガスカルを中心に熱帯各地で栽培。
        マダガスカル、インドネシア、中国の3カ国で9割弱を占め、
        次いで、メキシコ、トルコ、コモロ。

バニリン(C8H8O3) vanillin
    ・アルデヒド(アルデヒド基(-CHO)を持つ)有機化合物
    ・バニラの香りの主要な成分で、香料として使用される。
       食品では、アイスクリーム、乳製品やチョコレート、ココアなど。
       香水、タバコ、(ピースのバニラフレーバーは著名)
    ・分子式 C8H8O3 、分子量 152.15 g/mol 、 CAS登録番号121-33-5
  
最初の合成は、1874年に
  ヴィルヘルム・ハーマン、フェルディナント・ティーマン、カール・ライマーらにより
  コニフェリンを原料に行なわれた。
  これによりバニリンの工業的な生産が可能となり、
  現在ではより効率的な4つの合成法が開発されている。
  サフロールバニリン、オイゲノールバニリン、グアヤコールバニリンの
  3つの合成法の基礎的な部分の開発を行なったのもティーマンらである。
1サフロールバニリン
    サッサフラスの精油から得られるサフロールをナトリウムメトキシドで処理して
    二重結合を移動させると同時にアセタールを開環させ、
    オゾン酸化で二重結合を酸化開裂すると同時にアセタールを除去して
    プロトカテクアルデヒドとし、ジメチル硫酸でメチル化してバニリンとする。
1オイゲノールバニリン (クローブバニリン)
    チョウジの精油から得られるオイゲノールをアルカリで二重結合を移動させて
    イソオイゲノールとし、これをオゾンなどで二重結合を酸化開裂させてバニリンとする。
1リグニンバニリン (リグノバニリン)
    亜硫酸パルプの製造の際に出る廃液中のリグニンスルホン酸を
    アルカリ中で酸化分解してバニリンとする。
1グアヤコールバニリン
    現在主流の合成法。グアイアコールをホルミル化して合成する。
    ホルミル化の方法はライマー・ティーマン反応を用いる方法や
    グリオキシル酸を付加させた後、これを酸化分解する方法。
1エチルバニリン (C9H10O3)
    類縁体のエチルバニリン(3-エトキシ-4-ヒドロキシベンズアルデヒド)
    バニリンより強いバニラ様の香りを持つ化合物。 
≪前PREV次NEXT≫

マイ香水遍歴と使用期限

香水遍歴
香水大好きっ子で、
高校生の時は、暇人で、かなり頻繁に
DFS(デューティーフリー)クライストチャーチ店に出没し、
香水の香りを嗅いで、楽しんでいました
当時のおかげで、香水の香りの分別力がかなりつき、
人が通ると香ってくる香水名がわかります

私自身でも、たくさんの香水を購入し(旅行に行くたびに家族へのお土産は香水そして、自分もつけて楽しむ)
感覚が麻痺し、臭いくらいつけていた時代も経験し、
香りにも気を配れる女性でいたいと思いますが、
疲れているときは、
テンションをあげるために、
つけすぎる傾向にあり注意が必要でございます。

apDSCF3135.jpg
(↑たくさん捨てましたけど、一部残っていました)
(プチサンボン、CK-ONE、トレゾア、ポイズン、エタニティー、エタニティーformen、サムライ、トミーヒルフィガー、カボティーヌ、ベビードール、CHANCE、・・・)

たくさん試した香水の中で、今までの人生で、
リピ買いした香水は、3点のみ

ホワイトムスク★BODY SHOP 高校時代 
スイス人がつけていて、とてもいい香りで、真似して買った
スイス人っていい香りする方が多いです

魅惑的で柔らかいベルベットのようなホワイトムスクの香り


212 EDT・SP★キャロライナヘレラ 20代前半
19歳の時、ロンドンのヒースロー空港で出遭ってから、愛用
apDSCF3134.jpg

NYのダイナミック&ドラマティックなエレガンスブランド「CAROLINA HERRERA」。
「212」とは、ニューヨークのエリア・コード。
1997年に発売。
ライト・フローラルの上品でエアリーな香りをベースとしており、
感じ方によっては、ミドルからラストにかけてほんのりと石鹸の香り。
都会派の一品。喧騒の都会をシャープに駆けながら、
人生を前向きに楽しむ、そんな魅力的な女性にふさわしいアイテムです。
ベルガモット、ガーデニアなどが、スッとモダンなフローラル香を沸き立たせるトップ
ホワイトローズ・リリー、カメリア(椿)などがソフトでテンダリーなブーケで身体を包み込むようなミドル
ラストはサンダルウッドやムスクが淡く香り


オムニア クリスタリン★ブルガリ  20代後半
ブルガリのネクタイをプレゼントで買った時にもらった試供品
虜になり、愛用
2度も買ったけど、どうも試供品の香りとは違うかったんですよね・・・
apDSCF3132.jpg

2004年9月発売。
「BVLGARI」フレグランス・ラインの一つの集大成とも言える、
透明なる全き女性美を演出するフルーティ・フローラル・ムスキーの香りは、
その完成度は言うまでもなく、
アジアンビューティーのためにつくられた格調高い香り。
バンブー、ベルガモット、シトロンなどが溶け合い清流の如く爽やかさを沸き立たせるトップ
蓮の花、白シャクヤク、スズランなどが東洋的な悠久と和やかさを持ったブーケを綴れ織るミドル
ムスク、アンバー、サンダルウッドなどが全ての香りを調和させ、絶え間なく広がる無限の淑やかさを演出するラスト


最近、今までの香水がしっくり合わなく感じ頂きものが多かった昨今、久々に新しく購入
エクラドゥアルページュ★ランバン
初めて、日本で購入した香水
PH_249.jpg

お食事の邪魔をしないのでレストランなどにも気軽につけて出掛けられます。
基調は穏やかに香り立つフローラル・ムスク。香調はフレッシュ・モダン・フローラル。
シシリアン・レモン・リーブスなど、爽やかでキリッとした印象のトップ
ピーチブロッサムやレッドピオニーなどのクリアな甘さが広がるミドル
ラストはホワイトシダーやムスクが格調高い女性らしさを表します。



リピ買いする香水は、
全部ムスク系な私に今気づきましたわ


香水の使用期限
法的には未開封で三年。
保存状態やその香水の中身によって多少変わってきますが、
一般的に言われているのは1~2年ほど。

香りの変化が気になる場合は、
カーフレグランス、ルームフレグランス、枕に吹きかけてピローフレグランス、
ハンカチに軽くスプレーして、クローゼットや化粧室に置いてみたり・・・
≪PREVNEXT≫
記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種