ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の旅① 久高島 ~'11.5

久米島からの帰り道、那覇から久高島へ行くことに。

天気がよく、朝も早くに起きれたら
  久高島か斎場御嶽に行こうかしら・・と思ってまして
実際、朝も起きるが遅く、ぐずぐずしてたら・・・
  時間が・・・

「久高島は、
  バス+フェリーに乗らないといけないから、諦めよ」っと

でも、天気がいいから、どこかに行きたい
国際通りは、面白くないし、
とりあえず、街の景色を見ながら、
  バスで行ける斎場御嶽にでも行こうかしらとバスターミナルへ
やっぱり、少しの時間でもいいから、久高島に行こう
  久高島の土地を感じてみようと
  行き先を久高島へ

PH_79.jpg

バスで50分ほど、
PH_81_20110514204914.jpg
すごく緑豊かな道が続くのかと思いきや普通にずっと、住宅街でした

高速船で出発前の安座真港
海の底まで、透きとおっております
apr2PH_83.jpg apr2PH_84.jpg


島が近づくにつれて、この心地よさ、前にも体験なぁ~って
そうそう大阪城の展望台で、あまりにも心地よく、
眠ってしまった時と同じ心地よさ

島が見えてきたら、突然、テンションが高まる
apr2PH_91.jpg

こんな感覚珍しいなと思いながら


バス
  所要時間 ⇒ 約50分   運 賃 ⇒ 760円
那覇バスターミナル(国際通りのデパートリウボウ・パレットくもじから歩いて7分くらい)
  10番乗場から、38系統(志喜屋行)東陽バスで
  『安座真サンサンビーチ入口』で下車
安座真港まで徒歩5分 
   (降りて後方の信号を海方面へ、突き当たり、右方にいくと、フェリーが見えてくる)

高速船・フェリー
安座真発 久高島行
高速船
    所要時間 ⇒ 15分  運賃 ⇒ 片道740円、往復1,410円
    時  刻 ⇒ 9:00、11:30、15:30

フェリーくだか
    所要時間 ⇒ 約25分 運賃 ⇒ 片道650円、往復1,240円
    時  刻 ⇒ 10:00、14:00、17:00(冬季)、17:30(夏期) ※夏期…4/1~9/30、冬季…10/1~翌年3/31

久高島発安座真行
    高速船 最終 ⇒ 15:00
    フェリー最終 ⇒ 16:30(冬季)、17:00(夏期)



安座真港から斎場御嶽へ
 安座真港から、知念郵便局側から廻って、徒歩約30分
     距離にして1km前後ぐらいだが、安座真港から斎場御嶽までは坂道。
     歩くなら、斎場御嶽に行ったあとに久高島などへ行く方が楽。
 バス利用
      『安座真サンサンビーチ入口』から
      志喜屋行で2停留所行った『斎場御嶽入口』(以前は体育センター入口バス停)
       (ビーチ入口から160円・所要3分)で降り、徒歩約10分
PH_163.jpg

斎場御嶽(せいふぁーうたき)
   御嶽と呼ばれる聖地

沖縄本島は、「癒しの島
久高島は、 「神の島

久高島 (クダカジマ)
   ・沖縄県知念村にある離島
   ・周囲約8キロメートル(南北に細長い)
   ・島の北側は神の領域、集落は南端のわずかな所に集中
   ・琉球の祖神アマミキヨが初めて降り立った場所
   ・五穀が初めてもたらされた場所
   ・人口は約290名余り
   ・琉球王朝時代から王府がこの島を尊重し、国王は毎年この島に来て祈り、
    国の霊的最高位となる聞得大君もこの島で
       霊力を与えられてその地位についたという歴史
   ・昔から続く祭祀組織が現在までも強く残っており、
       一年には数多くの祭りが今もなされていて、
       神が今でも生きている島
apr2PH_130_20110517213801.jpg

歩いて、土地のエネルギーを感じるのが好きなのですが
予想外の暑さとフェリー最終までの時間が2時間
ということで、自転車をかりて、島を感じることに

「貸自転車たまき(玉城)」さん (島には他に2軒)でお借りしました
2時間500円におまけしてくれました

通常は、料金 ⇒ 1時間300円、一日1000円
apr2PH_152.jpg

パワースポットブームだから、
俗・欲世界の人の気が多いのかなと思っていましたら
意外に、観光客っは数名
島もお金儲け主義の色には染まっておらず一安心

何度か島を貸切にさせて頂いてる開放感を感じ
島と一体感になれる瞬間も何度かあり、
島を大満喫
島1周しようと島をウロウロ

とりあえず、北に向かって進もうと進んでいたら
30分ほどで、あれっ、見たことあるお店
って、これ、スタート地点やん
えっ、島、小さすぎでしょって思ってたら、単に、
北に進みながらどこかで右に曲がり、そして南に進んで、間違ってたり

何か左胸が痛むなと思ったら、お墓にだらけの中にさまよいこんだり

真剣に地図を見ながら進まないとこれ、2時間で終わらない
・・・と、フェリー乗り場で頂いたA4用紙1枚の島情報をちゃんと見て進むことに

途中で気づきましたが、どうやら廻る順を逆走していたようです

カベール岬
   ・島最北端の岬
   ・沖縄の創世神アマミキヨが到着したと言い伝えられている。
apr2PH_149.jpg apr2PH_140.jpg
生誕の穴
   ・天然の産道といわれている穴
   ・くぐると、再生誕するという。

何か変わったトンネルだなぁと写真でパシャリ
あとで知りましたくぐっとけばよかったですねぇ

apr2PH_138.jpg

ロマンスロード
   ・緑と海の青が絶妙な美しさ
apr2PH_126.jpg 

イシキ浜

フボーウタキ
apr2PH_121.jpg apr2PH_122.jpg apr2PH_123.jpg

ヤクンカー
apr2PH_118.jpg


南の方の集落の道
apr2PH_96.jpg
apr2PH_125.jpg apr2PH_127.jpg 


apr2PH_101.jpg apr2PH_110.jpg

apr2PH_114.jpg apr2PH_133.jpg


炎天下の中のサイクリング2時間のあとの生ビール(さしみ付)は、最高でした
apr2PH_155.jpg 



時計の型がくっきりすごい日焼け
PH_164_20110509003251.jpg
沖縄で、海焼けではなく、自転車焼け
2時間、炎天下の中をレンタサイクルでウロウロしただけで


那覇の天気予報は、雨・・・にもかかわらず、
久高島は、いいお天気でした
     そうなのよ私、晴れ女なのよねぇ~
PH_90.jpg PH_103_20110509195135.jpg

漢字だと、『』と『』が違うだけ
PH_37.jpg PH_38.jpg
晴れ女の私ですが、久米島の天気を動かすのは???難しい~
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。