ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフ・飛距離とクラブ

飛距離概算
番号が大きくなる(3→9)にしたがって飛距離が短い。
距離に応じてどのクラブを使うかは、決めておきましょう
一般的な概算です
1ヤードは、0.91m。(280Yは、約250m) Y=ヤード。

1番ウッド:  アマ 平均230Y    プロ 平均280Y  
3番ウッド:  アマ 平均210Y    プロ 平均250Y
5番ウッド:  アマ 平均200Y    プロ 平均235Y
2番アイアン: アマ 〃         プロ 〃
3番アイアン: アマ 平均185Y    プロ 平均220Y
4番アイアン: アマ 平均175Y    プロ 平均205Y
5番アイアン: アマ 平均165Y    プロ 平均190Y
6番アイアン: アマ 平均155Y   プロ 平均180Y
7番アイアン: アマ 平均145Y   プロ 平均170Y
8番アイアン: アマ 平均135Y   プロ 平均160Y
9番アイアン: アマ 平均125Y    プロ 平均150Y
A:        アマ 平均105Y   プロ 平均115Y
P:        アマ 平均115Y   プロ 平均140Y
PT: パター(グリーン上で使用)



クラブの種類
ボールを打つ道具「クラブ」の種類には、ウッド、アイアン、ウェッジ、パターなどがあり、
ボールの距離などに応じて 使い分けます
大きく分けると3種類
 ●遠くに飛ばすためのウッド(W)
 ●正確にグリーンに乗せるときなどに使うアイアン(I)
 ●グリーンでボールを転がすために使うパター(PT)

ウッド、アイアンとも
番号が大きくなる(3→9)にしたがって飛距離が短くなり
ボールが上がりやすく、捕らえやすい、正確に飛ぶような構造になっています
例えば、「5」と「7」なら、「5」の方が、距離を長く飛ばせられます

ウッド
ウッドは、ドライバーとフェアウェイウッドとがあります。
フェアウェイウッドは、フェアウェイ地点(ティーグラウンドとホールがあるグリーンを結ぶ芝生の花道)から
2打目以降に使うもので、3W・4W・5W・7Wがあります。
ドライバーは、1Wと呼ばれ、主にミドルホールやロングホールで、第1打目に使います。
クラブの中で最もヘッドが大きく、長いものです。
距離が出しやすい反面、芯に当てるのが難しいクラブです。

アイアン
ホールに立っている棒=ピンまでの距離が残っていない時は、ウッドではなくアイアンの出番。 
男性の場合、残り200ヤードを切ったら、アイアンで打つことが多い。
アイアンは、ウッドに比べると長さが短く、ヘッドが板状に薄べったく作られているクラブです。
3~9番アイアンは、数字が大きくなるほど、ボールに対する面が地面と織りなす角度が大きくなります。
9番以降は、
PW(ピッチングウェッジ)・
AW(アプローチウェッジ)・
SW(サンドウェッジ)と続きます。SWは、バンカーからの脱出用として不可欠なクラブです。

パター
ボールを転がすためのクラブで、主にグリーン上で使います。
グリーンに乗った後は、ボールをカップに沈めるまでパターでプレーします。

ゴルフコースをプレーするときのクラブの本数は、
ゴルフ規則で「14本まで」と定められていますが、最初は12本程度あれば十分です。
クラブの組合せとしては、「ウッド 3本・アイアン8本・パター 1本」が一般的です。
●ウッド 3本   ドライバー・5W・7W、(もしくはドライバー・3W・5W)
●アイアン 8本    5~9番までとPW・AW・SW
     PW=ピッチングウェッジ(通称ピッチング)
     SW=サンドウェッジ(通称サンド)
●パター 1本
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
最新の記事
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。