ブログパーツ

★携帯と通信

ドコモのモバイルWI-FIルーター
ドコモのスマートフォンを使っております

ドコモが12月から
スマートフォンでも
i-モードアドレスが使用可能になると
職場で情報を得
フラッとドコモに出かけました
やけに惹きつけられる
パソコンとUSBのセットが0円キャンペーンの文字
USBは興味なかったのですが、
隣にあるWifiルーターを見ながら、
  情報収集をしていないので、深く分からないけど
これ、かなり便利そう
USBは、  パソコンのみ。
WIFIルーターは、  パソコンも携帯にも使える
丁度、今、使用しているプロバイダーが来春でサービスが終わるので。
工事しなくてすむデータカードを使っていますが、
世の中は、ADSLや光通信ばかりで、
選ぶ余地が・・・情報収集も面倒だなと思っていた矢先

これよ、昔探していたの
12月に発売になったばかりのようで
  それを知らずに
  滅多と行かないドコモに行って知るとは
タイミングも調度よく、
  お休みのゆっくりできる時だったので
  説明を詳しく聞けて
  通信費のコストが今より抑えられるかも
  見直してみた。 通信費は、パソコンと合わせて、11000円以上。
  携帯代は、8000円は超える。(ドコモパケ放題5700+他1930)
  パソコンのプロバイダーは、3150円。

USBとパソコンのセットが0円キャンペーン
  USBと書いていたのですが、
  勝手にWIFIルーターとのセットもと思い込み
  話しを始めると、
  何を求めているか状況を察知し、
  USBじゃないとダメという対応ではなく、
  席を立ち、上の方に確認されに行き、
  今なら、ルーターのセットでも大丈夫という
  お返事をいただいてきてくれました
    さすが、顧客満足1位のお店(賞状があるのを発見)

i-モードアドレスに変更しに行く予定が、
予定外の思わぬラッキーさに、即購入
といいましても、事務手数料3,150円のみですけど
丁度、放ったらかしにしていたドコモのプランも練り直しでき
昔、分からなかった、
  『WIFI接続が出来て、パケ代がかからず浮かすことが出来る』
の意味がやっと分かりました
スマートフォンを1年使ってやっと、
少し通信関係に強くなってきております
de4DSCF3382.jpg de4DSCF3383.jpg de4DSCF3385.jpg 
・通信費は、携帯とパソコンで一括にできる
・回線を2つ持つことになるので、(携帯とWifiルーター)
   500円のモペラ使用料は、各々にかかってくる
携帯電話 2,070円
 内訳
  980円 電話代タイプSS バリュー
  500円 モペラU=ドコモのプロバイダー スタンダードプラン
  200円 i-mode300円 + iモード.net200円 SPセット割引-300円)
  390円 パケ放題ダブル(4650パケ内) 0.084/パケ 上限5985円
  300円 U公衆無線LANコース(1年間無料)

モバイルWI-FIルーター 4,935円(6,510円) 1575円~1年目4410+525=4935円 2年目以降5985+525=6510円
 内訳
  500円(モペラU=ドコモのプロバイダ スタンダードプラン)
  1000円(23835パケ内)~
   4410円(5985円)定額データプランスタンダード 0.042円/パケ

  ・パケット通信でなくブロードバンド回線経由
  ・FOMA回線が使えるので、便利
家では
  ・パソコンは、ルーターを通して、
     携帯もルーターを通して。
外では
  ・WIFIルーターを一緒に持っていくか、公衆無線LANサービスを利用


WIーFIワイファイ
   ・Wi-Fiにより
      相互接続性が保証されているアクセスポイントに接続することで
      インターネットのほか、インターネット電話、ゲーム機器などの
      多様な無線LAN機器が接続、利用されている。

WIーFIデータ通信専用機種
   ・無線LANのアクセスポイントに接続して
       インターネットを楽しむことができるWi-Fi(ワイファイ)。
   ・FOMAがつながるエリアで使える
   ・パソコンやスマートフォン、
       ニンテンドーDSやPSP プレイステーションポータブルでも楽しめる。
   ・海外では、海外ローミングエリアから
       日本国内と同じように簡単、便利に
       インターネットやメールがご利用できる。
   ・受信時最大7.2Mbps、送信時最大5.7MbpsのFOMAハイスピードに対応。
      ・eo64カード(MA-N3) 無線LAN通信+64kbps通信。
      ・イーモバイル ポケットWi-Fi 下り最大7.2Mbps 上り最大5.8Mbps
       4,980円 ベーシック5,980円
   ・youtubeなどの動画サイトや大きいデータの場合には少々問題が発生。


公衆無線LANサービス
   ・無線LANがご利用になれる機器があれば、
       すぐにドコモ公衆無線LANサービスをご利用できる。
   ・空港、駅、カフェ、ファーストフードなど、
       全国3,200エリア、6,800アクセスポイント。
   ・高速ブロードバンド 送受信最大54Mbps

HIGH-SPEED対応パソコン
   ・FOMA HIGH-SPEEDに接続可能な
       通信モジュールを内蔵したドコモ指定のパソコン。
Acer、HP、ソニーVAIO、他




スマートフォンOSと機種
最近は、ガラケー(特にパカパカタイプ)をみると、
古代的に見えるようになってきました
ガラケー
  ・ガラパゴスケータイの略。
  ・ガラパゴス ⇒ 大陸から隔離されて
           生物が独自の進化を遂げた島の名前
  ・ガラパゴス市場とは、
      (日本の携帯電話が)独特の進化や発展を遂げ、
      メーカーは海外に出られず
      日本以外で活躍する海外メーカーは、
      日本の携帯電話市場に参入しにくい状況。


第1段階
i-modeメールを手放して、(当時は、SPモードがなかったですのよね)
インターネット・メールを使い始めて
  これが、慣れないときは、とっても不便でした
1年以上経っていたので慣れつつあり

第2段階
モバイルWifiルーターを持ち歩きながら、
スマートフォンで、インターネット・メールを使い始める。
  これが、また不便ですのよいいソフトが出るまで、もう少しかかるかしら・・・。
携帯電話が、
コミュニケーションの手段という概念がなくなりつつあります
メール依存がすっかりなくなりました


ドコモのスマートフォンT-01A
久々にソフトウェアの更新のボタンを押したら、
どうやら、更新が必要のよう

初期化されますので、データは保存しておいて下さいとあったので、
最低必要限保存し、いざ、更新
無事、終了


えっえっ、そこまで??

本当に全て初期化
  メールも一から設定し直しですし、
  アプリも一からダウンロードです
  マイドキュメントフォルダは、バックアップしてましたけど、
  ウィンドウズフォルダに入ってるデータは、してませんでした

andoroid。
OSの種類なんですね。
色々と自己流にしなくても、
ある程度、携帯に機能がついてるみたいで

2年契約のしばりがある・・・
あと、1年、我慢しよう
携帯は、  2012年2月中
ルーターは、  2013年1月中
この月のみ
更新されるとまた2年契約の縛りになりますのでね



携帯よりスマートフォン
携帯は、壊れるまで使う派キラキラY
ケド、2年以上使ってるとさすがに・・・アップロードファイル
そろそろ古すぎるのでアップロードファイル
変えたい変えたいと思いつつもてれ
これっとピンと来るものがない

でも、今回は、久々にこれだっとキラキラY
買ったキラキラYドコモのT-01AキラキラY
pari-DSCF2842.jpg
18000円くらいから、ドコモポイントがあったので、機種変で5000円程キラキラY
携帯予算5万を想定してたので、大幅にラッキーハート
スタンドや色んな試供品がついてくるキラキラY
pari-DSCF2843.jpg

私は、携帯は最低限しか必要としないアップロードファイル
大パソコンが好きハート
なので、
思い切ってスマートフォンへ変更ハート

iモードは使えないので、ドコモアドレスはなくなり、
モペラアドレスになるみたい
10年以上アドレスを変更した事ないですけど、
初変更ハート
iモード回線は、とりあえず残しておくけど、
今までみたく自動受信は、出来ないアップロードファイル

i-Phoneと迷ったけど、
やっぱり日本のドコモハート

HTC台湾、BlackBerryアメリカか迷ったけど、
やっぱり日本の東芝(携帯部門から撤退するみたいだけど)ハート

12月1日0時過ぎたら、スマートフォンデビューハート
果たして・・・使いこなせるのか・・・アップロードファイル 回線の種類
アナログ回線
  ・ 電話中、インターネットは出来ない。
      インターネット中にも電話は出来ない。
  ・通信速度 最大28.8kbps
ISDN(デジタル回線)
  ・1回線は電話、もう1回線はインターネット用に振り分ける。
     インターネットの電話が同時に使える。
  ・通信速度 64kbps
ADSL
  ・アナログ回線をADSLが利用できるように工事した後に使える。
  ・アナログ回線で利用されていない『空いた』信号を
     ADSL信号が利用することにより、
     電話とインターネットが同時に使える。
  ・通信速度 最大47M(メガ)(SDNの約734倍)
  ・ISDN回線は1本で2回線分の容量を持っており、
     インターネットをしていない時は電話として2通話できる。
     ADSLは電話(通話)としてはあくまでも1つ分。
     インターネットをしていないからといって2通話できない。
Bフレッツやフレッツ光プレミアム
  ・ADSLよりさらに高速なサービス

ビット毎秒(bps(bit per second))
  ・データ転送レートの単位。
  ・1秒間にデータ転送路上の仮想の、
      または物理的な地点を通過した(すなわち転送された)
      ビットの個数。
  ・キロビット毎秒(kbps、bps の 103倍)
   メガビット毎秒(Mbps、bps の 106倍)
   ギガビット毎秒(Gbps、bps の 109倍)
   テラビット毎秒(Tbps、bps の 1012倍)

データカード
  ・それ自体でデータ通信機能を持っている
  ・接続設定を行えばネットに接続できる
     (通信契約が必要な場合あり)
無線LANカード
  ・子機機能
  ・必ず無線電波を発する
      親機や同等装置か中継器がなければ通信出来ない。


OSついて
  ・OSというのは、
      機械を動かすための基本プログラム(ソフト)
  ・スマートフォンのOSは、
      docomoXperiaやGalaxy-S・AUのIS03など ⇒ Android OS
      docomoT-01a ⇒ Windows MobileウィンドウズモバイルOS
      Blackberry OS
      iPhone ⇒ iOS 

Andoroid  (Android2.1、Android2.2)
  ・放置されたマーケットで
     セキュリティー問題があるようなソフトが簡単に配布可能
  ・被害が出るまで対策不可能
  ・アップデートもハードメーカーに丸投げ
  ・OSを搭載した機種が多数のメーカーから出るため、
     差別化のために独自ハード載せ、アップデートが困難
  ・公式が無法地帯
     健全なマーケットが期待できない
  ・OSがオープンソースなので
     メーカーごとに独自色を出した端末が出せる。
  ・ハードウェアとOSのカスタマイズは、メーカー依存。
     なので端末開発は大変。
  ・iPhoneと違い、開発環境がwinやlinux向けもあり
     殆どJavaなので開発者を呼び込みやすい。
  ・単独で使える前提が多い
  ・初心者向けで、
     PDAも含めてはじめてのスマートフォンという人にはよい。

windows mobile  (WM6.1、WM6.5)
  ・色々蓄積がある。
  ・古臭い。元々PDA向けのOSにガワ被せた。
  ・外部キーボード付けられる。
  ・office mobileがあり、ビジネスに役立つ。
  ・今後アップグレードは無い。
      後継のwindows phone 7との間に、
      アプリケーションの互換性はありません。
  ・windows phone7 という全く新しいOSがMSから出る
  ・PC(Windows)と連携する前提となることが多く、
      WindowsベースのPDAに慣れてきた人によい。
      初めての人には難しく感じる。

BlackBerry
  ・買った状態である程度使えるレベルになっている。
  ・日本ではメジャーじゃないため、何かしたいと思ってもソフトが無い。

iPhone  
  ・ハードウェア、OS共にappleから出て、アプリケーションもappleの検閲あり。
  ・制限であると同時に、怪しげなアプリを排除する。
  ・アプリが豊富。(5倍ほど)
  ・買った状態で使い易い。
  ・ソフトを入れるくらいしかカスタマイズができない。
  ・本体の暗号化が脆弱すぎる。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種