ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんこ(粒あん)

粒餡、粒あん、つぶ餡、つぶあん、あんこ、餡子、小豆あん
あんこ大好き人間です

10年以上前の学生時代、
ヨーロッパ旅行に行った時のお話し

空港まで父親に送ってもらったのですが
お土産やさんで
伊勢名物の赤福を買ってきた

お餅に魅力を感じない私

お餅の割合の大きな赤福は、
ヨーロッパ旅行には、無駄な荷物と
テンション


こんなんもたされて・・・
と友達に赤福を見せたら、
一緒に行った友達が、
なんと、
あんこ嫌いの餅好き

ユーロ鉄道の電車内で
赤福
 私  ⇒ あんこ担当
 友達 ⇒ 餅担当

お餅だけ残すという罪悪感に苛めずに、
あんこを思い存分堪能できました

あまりにも嬉しかったのか、
赤福のあんこの思い出は、
10年の歳月が過ぎても、
記憶力の乏しい私の心に残っております


でも、実は、
あんこは、粒あん派


粒あん・ノーマルバージョン
材料
小豆・・・・・300g(2カップ)
砂糖・・・・・300g (小豆と同じ分量)
  (できれば三温糖)
塩 ・・・・・適量(小さじ1/2~
水 ・・・・・小豆の3倍
作り方
1)小豆はさっと洗い、虫食いや水に浮いた豆は取り除き、
  鍋に小豆と3倍の水(豆より3~5cmかぶる位)を注いで強火にかける。(1回目)
2)蓋をし、煮立てばふきこぼれないように蓋をずらし、
  豆が静かにおどるくらいの火加減で10分ほどゆで、ゆで汁を捨てます。
3)①と同量の水を注ぎ、再び火にかけます。 (2回目)
  煮立ったら豆が静かにおどるくらいの火加減にし、
  アクを取りながら40~50分煮ます
4)途中でもう1度ゆでこぼし、びっくり水をさして再度弱火にかけてゆでます。

5)豆をひとつつまんで、つぶれるくらいやわらかくなっていたら、
  砂糖を3回に分けて入れ煮つめます。
  砂糖を入れて中火にかけ、焦げないように混ぜながら煮る。
6)つやが出てぽったりとし、鍋底に一文字がかけるほどになれば塩を加えて混ぜ合わせれば出来上がり。
ポイント
※あずきは大納言で作ることをおすすめします。
※1~2回びっくり水をさすことで、ふっくらやわらかくゆであがります。
※砂糖、塩の量はお好みの量で調節して下さい。
※あずきがやわらかくなってから砂糖をいれてください。
   硬いときに砂糖を入れると硬いまま仕上がってしまいます。
※一度に砂糖を加えると豆が硬くなります。少しずつ加えてください。
※砂糖を入れてからは、木べらで混ぜていないと、
   すぐ鍋底にくっついてしまうので注意。
※最後にちょっと蜂蜜を加えてもおいしい

※冷蔵庫で一週間。冷凍保存で二ヶ月もちます。
※200g程度に小分けして冷凍すると便利です
※小豆を浸しておく必要がないので思いついたら1時間半以内には完成


粒あん・圧力鍋バージョン
作り方
1)小豆はさっと洗い、虫食いや水に浮いた豆は取り除き、
  圧力鍋に小豆と3倍の水(豆より3~5cmかぶる位)を注いで強火にかける。(1回目)
2)蓋をし、煮立てばふきこぼれないように蓋をずらし、
  豆が静かにおどるくらいの火加減で10分ほどゆで、ゆで汁を捨てます。
3)①と同量の水を注ぎ、再び火にかけます。 (2回目)
  煮立ったら豆が静かにおどるくらいの火加減にし、
  アクを取りながら40~50分煮ます
4)途中でもう1度ゆでこぼし、びっくり水をさして再度弱火にかけてゆでます。
  圧力鍋に2.と水を入れます。  
  落し蓋をして火にかけ、加圧は15分くらい。自然に圧が下がるのを待ちます。
5)圧力鍋のふたを開け、やわらかくなっているのを確認後砂糖は3回くらいに分けて入れます。
  好みの味になったら、塩少々を加え煮詰めていきます。
6)好みの硬さよりすこしゆるめに煮詰まったら火を止めて出来上がりです。
ポイント
※圧力鍋に入れる前のひと手間であくの抜けたさっぱりしたあずきになります。


粒あん・炊飯器バージョン
作り方
1)小豆はさっと洗い、虫食いや水に浮いた豆は取り除き、
  鍋に小豆と3倍の水(豆より3~5cmかぶる位)を入れ一晩水に漬ける。

2)漬け汁のまま、強火にかける。(1回目)
3)蓋をし、煮立てばふきこぼれないように蓋をずらし、
  豆が静かにおどるくらいの火加減で10分ほどゆで、ゆで汁を捨てます。
4)①と同量の水を注ぎ、再び火にかけます。 (2回目)
  
5)煮立ったら、
  炊飯器の内釜に渋抜きをした小豆を入れ、おかゆの水加減で炊飯のスイッチオン。
6)スイッチが切れたら豆の固さを見る。
  薬指と中指でつまんでつぶれるくらいの柔らかさになっていたらOK。
7)柔らかくなっていたら
  砂糖、塩、醤油を入れてそのまま冷めるまで炊飯器内で電源切って放置。
8)(冷めたら冷蔵庫で冷やす。

【粒あんにする場合】
9)7が冷めてから、
  鍋にとって木べらで小豆をつぶしながらかき混ぜ水分を飛ばすように煮詰めます。


粒あん・マクロビバージョン
材料
小豆・・・・・1カップ
昆布・・・・・5×10cm
水 ・・・・・4カップ
塩 ・・・・・ 小さじ1/2〜
レーズン・・・・・ 60g
(あれば干し柿 大きさにより1個〜)
作り方
1)小豆はさっと洗い、虫食いや水に浮いた豆は取り除き、
  厚手の鍋に小昆布と水と共に火にかけます。を注いで強火にかける。(1回目)
2)沸騰後、火を弱め10分程、臭みを取る為に蓋なしで煮ます。
  その後ふたをして煮てください。
3)途中、水がなくなれば差し水をしながら、柔らかく煮ます。
  柔らかくなったら塩とみじん切りにしたレーズンを加えます。
4)小豆とレーズンを馴染むように火にかけて、木べらで練ります。
  お好みで、ミキサーにかければ、こし餡風です。
5)潰さずに水を多めに入れて、餅を入れるとおぜんざいにできます。

ポイント
※レーズンは、みじん切りにした方が、小豆と馴染みやすいです。
※塩は、必ず入れてください。甘味を引き出します。
※干し柿を使った方が酸味がなくて自然な感じです。
   干し柿は何時でもあるとは限らない、レーズンならお手軽。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
最新の記事
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。