ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業規模

大企業の組織の一員として働くのと、
中小企業の一員として働くのは、
課される役割が違い、
必要な能力も違います
   一概には言えませんが・・・


大企業組織の一員として働くのは、
一人がかけても、
組織が補えられ、
   (組織としてちゃんと機能していれば)
専門的なことも必要ですが、
部署が変われば、
時として、
前の部署で習った専門性は
全く必要がなくなります

中小企業組織の一員として働くのは、
一人一人の能力がとても大切で、
一人かけると、仕事が滞る場合も多く、
一社員の責任?プレッシャー?が、大きくなります


エキスパート的に能力を磨きたければ、
中小企業、
スキル・能力にこだわりがなく、
我の必要性がないことを知るには、
大企業
かしら・・・
縁の不思議さを実感しております



大企業
  ・中小企業の基準を超える企業。
      中小企業基本法の第二条の定義
        資本金の額が3億円以下、
        若しくは従業員数が300人以下の会社(製造業等の場合)、他

  有名企業 → 特に、誰でも企業名を知っているようなもの。

  大手企業 → 有名企業のうち各業種のトップを占める数社~十数社
  準大手企業 → 大手と中堅の中間に位置する企業
  中堅企業 → 大企業に属する会社のうち、資本金10億円未満の企業
 

製造業、建設業、運輸業その他の業種(次号から第四号までに掲げる業種を除く)
    資本金の額又は出資の総額が3億円を越える会社、
    若しくは (or) 常時使用する従業員の数が300人を越える会社及び個人

卸売業
    資本金の額又は出資の総額が1億円を越える会社、
    若しくは (or) 常時使用する従業員の数が100人を越える会社及び個人
      ※卸売業は、小売業又は他の卸売業への商品販売、産業用使用者への
       多額の商品販売などを取り扱う事業所を指し、
       業態としては、商事会社、製造問屋、代理商、仲立商など。

サービス業
   資本金の額又は出資の総額が5000万円を越える会社、
   若しくは (or) 常時使用する従業員の数が100人を越える会社及び個人

小売業
   資本金の額又は出資の総額が5000万円を越える会社、
   若しくは (or) 常時使用する従業員の数が50人を越える会社及び個人
      ※小売業は、個人用又は家庭用消費のための商品販売、
       産業用使用者への少量の商品販売を行う事業所。
       分野を横断した品揃えを行う業態店(百貨店、コンビニなど)と、
       主力商品の決まった専門店タイプの業種店とが含まれます。


中小企業
   ・中規模以下の企業
   ・中小企業基本法の第二条の定義
      資本金の額が3億円以下、
      又は 従業員数が300人以下の会社(製造業等の場合)
   ・特に、個人経営に近い小規模なものは、小規模企業者または零細企業。
   ・中小企業のメリット
      中小企業は税制度などの面で優遇されるため、
      あえて減資を行い中小企業になる、もしくは留まる企業も多い。
      ※法人税の軽減
        - 中小企業かつ所得800万円以下までは、法人税が30%から18%に減税。
      ※交際費課税の経費処理
        - 600万円以下の交際費の90%以下を経費として処理できる。

卸売業
   資本の額又は出資の総額が1億円以下の会社
   並びに常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
サービス業
   資本の額又は出資の総額が5000万円以下の会社
   並びに常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
小売業
   資本の額又は出資の総額が5000万円以下の会社
   並びに常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人


個人事業主
   ・法人を設立せずに自ら事業を行っている個人をいう。
   ・一般には自営業者ともいう。
   ・事業主一人のみ、家族のみ、あるいは少数の従業員を抱える小規模の経営が一般的。
       制限はなく、大規模な企業体を経営することもできないわけではない。
   ・雇用されている者は個人事業主ではないが、
       継続的な請負(下請)や納入をする業者、代理店など、
       雇用でない契約によって他者の事業に従属する者はあくまで独立の経営であり、
       それが法人でなければ個人事業主である。

   ・一般に個人事業主には所得税の他、個人住民税、個人事業税及び消費税が課される。
   ・個人事業主が株式会社や合名会社、合同会社を設立して事業を法人化することを、「法人成り」
       実態は個人事業と変わらないが、個人の資産・家計と事業を分別するほか、
       対外的なイメージや信用感、「株式会社」「取締役」といった肩書き、
       体面を得るために法人化することがある。
   ・個人事業主の利益には所得税が課せられるのに対し、
    法人は法人税が課せられるが、 所得税は超過累進課税で計算されるため、
    利益を得れば得るほど税金をひかれる一方、
    法人税の税率は常に一定なので、所得がある水準を超える場合、法人の方が有利となる。

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。