ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お米

職場で、
どこでお米を買っているかという話題で、
意外と皆さん、
親族や知り合いから
お米をもらえるところがあるらしいです
そんな人は、とっても恵まれた環境だと思います

ネットがある時代は、
組織化された(利益をたくさんお渡ししないといけない)会社に任せなくても、
農家の方々が直接、情報を発信してくれると、
ラッキーな事に、
こちらで、キャッチできます

お金が直接、農家の方流れる方が、
シンプルで合理的だし、
何よりも、日本の食を支えてくれている人に
還元できまよね
少しの積み重ねが大切なのですよね

真空パックになって、味見用に1kg単位から売っています
22年山形産あきたこまち玄米1kg(¥450)    22年山形県産はえぬき玄米1kg(\500送料込)
nvDSCF3390.jpg nvDSCF3391.jpg

22年新潟味方ミルキークイーン玄米 玉木農園 1kg(\838送料込)
no3DSCF3373.jpg


22年新潟県産コシヒカリ玄米5kg(¥3,300送料込)
de1DSCF3367.jpg


H23年山形県産 あきたこまち・はえぬき・ひとめぼれ(各5kg\1600送料別途)、コシヒカリ(5kg\1700)
DSC02314.jpg

生命力の強い玄米を主食とするようになり、
かれこれ5年
お米の種類って、
   新潟のコシヒカリ、宮城のササニシキ・ひとめぼれ、秋田のあきたこまち
知ってるようで知りませんでした
でも、新米だったらどこでも美味しく頂けます

  玄米を食べている人は、
  初めて会った人でも肌を見るとわかる人もいらっしゃるとか・・
  玄米食を長くしている人をみると、
  お肌がつるつるなんですって



米・玄米  
玄米は生きている
 玄米を水につけておくと、
    2,3日で芽がでてきます。
 玄米を土に蒔けば、
    やがて根や芽が出て育ち、一粒が千倍にも増えます。
 「玄米」には生命(いのち)があるからです。
 生きるエネルギーを持ってます
    その生命をいただくことによって、
    人の生命も育まれ、生かされていくのです。
 人の手によって削られ、白米になったものは
    根も出なければ、芽を吹くこともなく、腐ってしまうだけです。

・私達の先祖が食べてきた玄米は、
   エネルギーを作り出した後に
   二酸化炭素と水になり体から排泄され後に残りません。
 ですが白米は、精白の段階で色々な要素が除かれます。
   脂質・繊維質・灰分・カルシウム・リン・鉄・
   ビタミンB1、B2、B6・ナイアシンといった栄養素が激減し、
   白米の部分の栄養価は主にタンパク質と炭水化物のみです。
   代謝を助けてくれるビタミンB1も激減してしまうので、
   白米を食べるとあとに老廃物を残します。 
   精白すると桁違いに栄養価が落ちるだけではなく、
   生命力、生きるエネルギーさえも無くなってしまうのです。


新米が出回る時期
  宮崎県産コシヒカリの8月上旬をはじめとして
    北海道のきらら397の10月上旬へ

品種
・コシヒカリ 
   ⇒粘り、ツヤ、モチモチした食味で人気が高い
・ひとめぼれ 
   ⇒粘りが強く、冷めてもかたくなりにくい。
・あきたこまち 
   ⇒粘り、ツヤ、食味のバランスが良い。
・きらら397 
   ⇒寒冷地用に品種改良されたお米。美味しいわりに低価格。
・ミルキークイーン 
   ⇒冷めても硬くならない低アミロース米。農業研究センターが開発。
・ササニシキ 
   ⇒人気が高かったが、病気に弱いので、生産量が極端に減った。

1位 ⇒ 新潟県コシヒカリ
2位 ⇒ 福岡県夢つくし
3位 ⇒ 福井県コシヒカリ
4位 ⇒ 宮城県ひとめぼれ、
5位 ⇒ 福井県ハナエチゼン


コシヒカリ  新潟
  ・昭和31年。農林1号を父、農林22号を母。
  ・全国的に幅広く栽培されている人気NO.1の品種。
  ・アミロースが約18%、タンパク質約8.4%で粘りがあり、食味の良好なお米。
  ・新潟の特A地区の南魚沼産100%で1kgあたり1200円ぐらい。

ひとめぼれ   宮城
  ・平成3年。コシヒカリを母、初星を父。
  ・一時全国制覇したササニシキの後を狙うお米として改良
  ・アミロースとタンパク質含有値が低い値で、よりねばりが強い。
  ・冷めてもコシより硬くならない点がうけています。

ヒノヒカリ   九州
  ・コシヒカリを父、黄金晴(日本晴の子供)を母。
  ・ねばりやつやもコシヒカリなみで、食味値良好のお米。
  ・特に熊本では三度のときめきの名前で全国に売出している。
  ・九州全域で急速に普及し、生産量 であきたこまちを抜いた。

あきたこまち   秋田
  ・コシヒカリを母、奥羽292号を父。
  ・ねばり、つやとも に良好で美味しいお米。
  ・収穫は9月下旬から10月上旬。

きらら397   北海道
  ・しまひかりとキタアケ。
  ・寒冷地でもできる美味しいお米ということで品種改良がされた
  ・低アミロースでコシ並みの 数値を実現。
  ・おいしい割に安いので、ファミリーレストランから引っぱりだこの人気。
  ・収穫は9月 下旬から10月上旬。

ミルキークイーン  東北
  ・最近、農業研究センターが開発
  ・アミロース値が10%と極端に少ない。
  ・ねばりが 強く、長時間の保温でも変色が少ない。
  ・急に人気が出たのでなかなか手に入りません。

ササニシキ  宮城
  ・昭和38年。ハツニシキを母、ササシグレを父。
  ・食味が良いので一時全国で栽培された
  ・田んぼの条件や気象の違いで味がバラツキがでてしまい、
     優良ブランドとしての地位を失った。
  ・収量は多いが、イモチ病 にかかりやすく、
     気象変動にも弱い育てにくいと言われています。
  ・味はあっさりめで、
     福島の会津 や宮城県、岩手県で栽培されたものはとてもおいしい。
  ・平成7年、イモチ病にかかりにくいように改良された
     ササニシキBL(愛称ササロマン) がデビュー。

玄米と白米の栄養価(150g(茶碗約1杯)あたり )
         玄米ご飯 白米ご飯
食物繊維(g)   5.30   0.60
たんぱく質(g)  5.00   3.90
脂質(g)     2.00   0.80
糖質(g)     47.10  47.60
カルシウム(mg) 6.00   3.00
リン(mg)    195.00  45.00
鉄(mg)     0.80   0.20
カリウム(mg)  165.00  41.00
ビタミンB1(mg) 0.24   0.05
ビタミンB2(mg) 0.03   0.02
ビタミンE(mg) 1.10   0.30
マグネシウム(mg)72.00   6.00
亜鉛 (mg)   1,140.00 810.00


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。