ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敬語

言葉の力って、大切ですね。綺麗な言葉で表現できるって素敵です


敬語の種類は、3種類 尊敬語、謙譲語、丁寧語

尊敬語
その人自身や、その人の行動所有物やおかれている環境などを
高めて表現することにより、その人に対する敬意を表わす。

「いらっしゃる・おっしゃる」型
    その動作をする人が、語り手(書き手)よりも上の場合に用いる
動詞
  ・「お○○になる」「お○○だ」の形 
      飛行機にお乗りになる。飛行機にお乗りだ。
  ・「~れる」 「~られる」「~なさる」 の形
      飛行機に乗られる。花束を持たれる。乗馬をなさる。
  ・言葉自体を言い換える
      言う→おっしゃる。 見る→ご覧になる。  知っている→ご存じである。ご存じだ。
形容動詞・形容詞
  ・「お」「ご」をつける
      美しい→お美しい。 優しい→お優しい
      所望→ご所望。多忙→ご多忙
名詞
  ・「お」「ご」をつける。
      先生のお車。先生のご実家。
  ・「貴」「御」「高」などをつける。
    

謙譲語
自分や、自分の行動・所有物・おかれている環境などを
へりくだって表現することにより、相手に対する敬意を表わす。

謙譲語I 「伺う・申し上げる」型
    その動作をする人よりも、その動作を受ける相手が上の場合に用いる
謙譲語 II (丁重語) 「参る・申す」型
    その話の聞き手(読み手)が、語り手(書き手)よりも上の場合に用いる

動詞
  ・「お○○する」「ご○○する」の形
      社長をお送りする。社長を車にお乗せする。
      社長をお招きする。社長をご案内する。
      先生にお知らせする。先生にお知らせする。
      先生にご報告する。先生にご挨拶する。
  ・「お○○いただく」「ご○○いただく」の形
      先生にお読み頂く。先生にご来館いただく。
  ・「お○○申し上げる」「ご○○申し上げる」の形
      社長をお待ち申し上げる。先生をご案内申し上げる。
      授受をご遠慮申し上げる。
  ・言葉自体を言い換える
      言う→申し上げる。 見る→拝見する。  知る→存じ上げる。
  名詞
  ・「粗」「拙」「弊」「愚」などをつける。
      粗品、粗茶、拙宅、拙著、弊社、愚妻ほか。


丁寧語
「お」「ご」などの接頭語をつけたり、
「です」「ます」をつけたりすることで、
丁寧な表現をすることで相手への敬意を表わす。

丁寧語 「です・ます」型
その話の聞き手(読み手)が、語り手(書き手)よりも上の場合に用いる語尾。

美化語 「お酒・お料理」型 
上品で丁寧になるとされる言葉遣い

動詞、形容詞、形容動詞など
  ・ 「~です」「~ます」
      これは制服です。
  ・「~でした」「~ました」
      これは制服でした。
      乗りました。乗りません。など。
  ・「~でございます」
      これは制服でございます。
  ・「~うございます」
      恐ろしゅうございます。
  ・「~でしょう」「~ません」
      恐ろしいでしょう。


敬語の使い方・一覧
普段   丁寧語    尊敬語       謙譲語
する   します    される、なさる   いたします
くれる  くれます   くださる        ―
思う   思います   お思いになる   存じます
いる   います    いらっしゃる    おる
言う   言います   おっしゃる    申し上げる
聞く   聞きます   聞かれる     拝聴する
見る   見ます    ご覧になる    拝見する
行く   行きます   行かれる     うかがう
来る   行きます   いらっしゃる   参る
会う   会います   会われる     お目にかかる
帰る   帰ります   帰られる      帰らせていただく
待つ   待ちます   お待ちになる   待たせていただく
知る   知っています ご存知になる   存じる
読む   読みます   読まれる      拝読する
書く   書きます   書かれる      書かせていただく
送る   送ります   お送りくださる   送らせていただく
食べる  食べます   召し上がる    いただく


      尊敬語   ふつうの表現   謙譲語          ふつうの表現
会社  貴社、御社  あなたの会社  弊社、小社        私の会社、当社
家   貴邸、尊邸  あなたの家   小宅、拙宅、弊家、弊屋  私の家、自宅



丁寧な前置き・クッション言葉
・少々お伺いしますが
・ご存知かと思いますが
・よろしければ
・おかげさまで

尋ねる。依頼する
・失礼ですが
・恐れ入りますが
・~(して)いただけますか?
・~(して)いただけませんか?
・お手数をおかけしますが
・お忙しいところ、申訳ございません
・申し上げにくいことなのですが
・お手間をとらせますが
・お差支えなければ
・ご迷惑かとは存じますが
・勝手を申しまして恐縮ですが
・お使い立てして申し訳ございませんが
   (伝言を頼むなど、人に頼んで自分の用事をしてもらうこと)

断る 
・申し訳ございませんが
・せっかくですが
・あいにくですが
・(まことに)残念ですが
・~いたしかねます、~できかねます
・ご容赦ください
・お役に立てなくて申し訳ございません

注意する 
・ご遠慮ください
・ご容赦ください
・お許しください
  「お手数ですが」や「恐れ入りますが」などのクッションことばを一緒に使う場合が多い。

援助を申し出る 
・よろしければ
・~しましょうか?
・私にできることがございましたら
・何か、お力になれることがございましたら


綺麗な表現
・はい、わかりました →かしこまりました。承知致しました。
・できません     →いたしかねます。
・わかりません    →わかりかねます。
・ありがとうございました →恐縮です。恐れ入ります。 
・どうも      →恐れ入ります
・すいません(問いかけ)→恐れ入ります
・私もそう思います  →おっしゃる通りでございます
・いやもう、結構  →まことに結構でございます
・うれしいです    →うれしゅうございます
・あぶないです    →あぶのうございます


間違った表現
・いかれます×  →いきます。いかれる
・お力になる×  →お力添えをいただけますか お力を貸してくださいますか
・教えてあげて  →教えてやってください
・いってきます× →行ってまいります。

単語・とっさの表現
・おみ足
・ご馳走様 →お粗末様でした。
・お帰りなさいませ。
・お先に休ませいただきます
・何時ごろお帰りになりますか
・お召しになりますか
・お召し上がりください
・おやめになってください
・おいでください
・よろしくと申しておりました
・●●がおっしゃった
・お電話さしあげるようお伝えします
・お疲れでございました

★手紙★
・拝啓 敬具
・一筆申し上げます かしこ



ビジネスマナー
担当者がすでに家に帰ってしまっている場合、なんて答えますか?

①「○○はすでに帰社しております」
②「○○はすでに退社しております」
③「○○はすでに帰宅しております。帰宅いたしました」
④「○○はすでに退勤しております」
「申し訳ございません。本日○○は失礼させていただきました」

①×
帰社⇒ (営業先など)外出先から会社に戻ってくること
主に会社の社内の人が、社内の人に使う言葉ですね。
たとえば、営業の人が商談が伸び、それを伝えるために会社に報告するときに、
「少し商談が伸びました。16時ごろの帰社予定です」

②○
退社には2つの意味があります。
退社⇒ 1.その日の勤務を終えて会社から退出すること。=退勤 ⇔出社
退社⇒ 2.勤務している会社を辞めること。 ⇔入社  =退職
2の意味ととられないように、「本日」を付け加えるといい。
    「○○は本日、すでに退社させていただきました」

③○ 
帰宅⇒ 家に帰りました。
ビジネスのシーンでは、ストレートすぎることもあります。

④○
退勤⇒ 事を進めている状態なのかどうかを指す ⇔出勤
退社とにていますが、会社へ出向いて働くかどうかは関係ありません。



出社・退社
「社」という文字が使われている事からも想像しやすいように、会社に滞在している状態を指す言葉
出勤・退勤
会社という場所や自分が所属する会社かどうかは関係なく、仕事に従事している状態を指す言葉になります。
そのため、自分が雇用されている会社以外で仕事をしている時間や、
仕事に関する所用で外出した時間も「出勤」の状態としてみなされます。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。