ブログパーツ

アブラムシ駆除

2010.6

職場のランチタイムに、トマトを植えた話しをしましたら、
トマトはアブラムシがつくよ~と教えてもらいました 職場のランチタイムは、生活情報の宝庫

なので、毎朝、アブラムシチェックをしていました
そろそろついてきました
早く対策をしなきゃ~
・・・って、チェックしてる間に、対策実行しましょう・・・ですね

アブラムシ、油虫、あぶら虫、アブラ虫の駆除方法
市販の駆除剤
    ポピュラーな「オルトラン水和剤」「オルトラン粒剤」
      半月から1ヶ月効果が持続。食べるものにも適用可。ホームセンターで買える。
      水和剤は水に溶かしてスプレー、粒剤は根元にばらまく。
木さく酢
   家庭菜園でおなじみ木酢液を500倍に薄めて散布。即効性は無い。
洗剤(食器洗い用)・石鹸液を吹きかける
   枯れたりするので注意。
牛乳・砂糖水・片栗粉をとかした水などを吹きかける
   乾く時に牛乳のタンパク質が固まって、虫の気道を塞ぎ窒息して死ぬ。
   牛乳はきちんと乾く気候の時でないと、かびることもあるようなので注意。
米酢やビールを薄めた水を吹きかける
   アブラムシは死にませんが、葉から落ちていく。
アルミホイル等の光もので駆除。
   アルミホイルを植物の根元や鉢の周りに張る。(キラキラした反射を嫌うため)
ビニール袋
   ビニール袋で覆い、口を鉢底で包む。
   苦しくて袋を上がってきたアブラムシが上部に→袋をはずす。植物も酸素不足になる。
ミントをまわりに植える
テントウムシを捕まえてきて、はなす
   テントウムシは幼虫、成虫ともアブラムシを食べる。
クラフトテープでとる (ガムテープじゃなくて紙で出来ているテープ)
枝や葉を切り落とす
楊枝・ティッシュ・筆などで払う。手でつぶす
   病気による二次感染を予防するために、軍手などでつぶすか、はけなどで除去した方がいい。


手っ取り早いので、葉を切ってましたが、
そろそろオルトラン粒剤を買いに行こう


2013.5
自然農という観点で、
アブラムシ対策を考えました。

アブラムシ・カメムシなどの害虫の発生は、
なにか野菜が不健康に育っているシグナルで、

窒素系の肥料過多や
未熟堆肥の使用、連作障害など原因です。

まずは、
原因を見直すことが根本治療です。

黄色のシートに両面テープを張っておくとくっついてくる。
   アブラムシは、黄色が大好きで、逆に銀色や赤色は苦手です。

100円均一の黄色バケツに水を張る
   勝手にアブラムシが入っておぼれる。

ナナホシテントウ七星天道を放つ
   アブラムシを補食してくれる天敵の「ナナホシテントウ七星天道」
   野菜の株元に放つとアブラムシを食べてくれる。
   (ただし、アリがいるとナナホシテントウは撃退されるので注意)
   テントウムシは、今の時期、原っぱの草、空き地、
    そして畑のわきに生えている雑草にたくさんいます。

徹底した少肥主義
   
畑がやせているなーと思ったときは、
  1)痩せ地に向いたエダマメ・サツマイモを無肥料で育てる。
  2)秋に米糠を撒いて、冬の間藁・草でマルチしておく。(苗床・玉葱予定地)
  3)夏野菜を育てながら肥やす。夏野菜の株下に刈った草をどんどんマルチして、
     時々米糠(ナスはボカシも)をパラパラ草の上に補ってあげる。
     夏野菜終了は、地力があるので、葉もの野菜を育てる。
  4)キャベツ・白菜は、本葉3~5枚の定植までストチュウをあげる。
     (ストチュウは、苗など初期の段階で使用すると効果的)




自然農法を実践している畑ではいろいろな虫が共棲し、
それらの虫の間で食物連鎖が成立しているので、
特定の虫が大発生することがありません。

アブラムシにだって生きる権利はあるのでね。
虫を敵にしない。


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種