ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侘び・寂び

『侘び寂び』
茶道のお稽古の時によく聞く言葉です
日本を選んで生まれきた人生、
侘び寂びが分かる感性を身に付けたいと思っております

茶の湯独特の雰囲気や境地を、
「わび・さびの世界」などと呼ぶことがあります。

意味するところ
閑寂(かんじゃく)・清澄(せいちょう)な世界、枯淡の境地をあらわしています。
日本の美意識の1つ
簡素の中に見いだされる清澄・閑寂な趣。閑寂な生活を楽しむこと。

本来、侘(わび)と寂(さび)は別の概念。現代では、ひとまとめにされることが多い。
わび
 動詞の「わぶ」(「気落ちする・つらいと思う・落ちぶれる」)から出た言葉。
 転じては「粗末な様子」、あるいは「簡素な様子」。
 言葉の根元には「思い通りにならないつらさ」がある。
さび
 動詞「さぶ」(「古くなる・色あせる」)から生まれた言葉。
 「生命力の衰えていくさま」という意味があります。


こうした否定的な感情をあらわす言葉が逆に評価され、
「美を表す用語」として茶の湯などの文芸の世界で通用するところに、
日本人独自の美意識や文化のとらえ方があるといえるでしょう。

「わび」「さび」という言葉が、
美を感じさせる言葉に変化していくのには、
その背景として和歌文学の伝統があり、
平安時代から鎌倉時代に至る和歌的世界で、
閑寂・簡素・枯淡の境地が生み出されたのです。

茶の湯では、「侘」の中に、単に粗末であるというだけでなく
質的に(美的に)優れたものであることを求めるようになった。
古びた様子に美を見出すため、イギリスなどの骨董(アンティーク)と、共通する面も。
寂は、より自然そのものの作用に重点
西洋の骨董では、歴史面に重点がある。


佗びーwabi
the beauty to be found in poverty and simplicity
【文例】
茶の湯や俳諧をたしなむには佗びの心を理解することが大切である.
You should be able to appreciate the beauty of simplicity in order to understand haiku and the tea ceremony.
寂-sabi
古色: an antique look; 《 fml》 (a) patina;
閑寂: 《 fml》 elegant [quiet] simplicity
¶寂がつく get [《 fml》 acquire,take on] an antique look [(a) patina]
寂のある声 a deep,well-trained voice. 
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。