ブログパーツ

お酒・製造方法と種類

製造方法 ウィスキーとブランデーの違い
お酒の種類 ブランデー / ウィスキー / 焼酎 / ビール


お酒好きな私
基本飲むのが好きですが
背景にあるものや雑学もお勉強してみました

お酒の製造方法
お酒は、醸造酒(発酵方法さらに3つ)、蒸留酒、混成酒に大別

醸造酒(じょうぞうしゅ) ワイン、ビール、日本酒
 米、麦、ぶどうなどの原料を発酵させてつくる。
 糖分が酵母によってアルコールと炭酸ガスに分解されることを「発酵」と言う。
 酵母による発酵のあと処理をしないので含まれるアルコールの種類が1種類でなく数十種
 1.単発酵酒(ワイン)
   原料そのものに糖分が合まれているので、酵母を加えるだけで発酵させる。
 2.単行複発酵酒(ビール)
   原料が麦・デンプンなので、
   ①麦芽の酵素の働きにより糖分に変えてから、②酵母によって発酵させる。
   ①デンプンを糖分に変える工程 ②その糖分を発酵させる工程 を別々に行う。
 3.並行複発酵酒(日本酒)
   原料が米・デンプンなので、
   ①麹(こうじ)の酵素の働きにより糖分に変えてから、②酵母によって発酵させる。
   ①デンプンを糖分に変える工程と、②その糖分を発酵させる工程を同時に行う。

蒸留酒 焼酎、ウィスキー、ブランデー、ウォッカ、ラム、ジンなど
 米、麦、ぶどうなどの原料を発酵させた後、蒸留してつくる。
 いったん造った醸造酒を火にかけて造る。
 発酵酒に比べて不純物が少ない。(ワイン等は色素があり、焼酎等は透明)
 不純物と色素を分解する手間が省けるので肝臓の負担も減る。
  ⇒肝臓でアルコールを分解しやすいので次の日に残りずらい。
 アルコールはほぼ1種類

混成酒 梅酒、リキュール、べルモット、ペパーミントなど
 醸造酒や蒸留酒に香料や糖を加えてつくるのが混成酒。
 
  今、気付きました
  私、混成酒が全くダメであります
  混成のお酒を飲んだ翌日の体調がよろしくなくなるのです
  その時はいいんですよ。翌日が・・・なので、
  カクテル系(何故かラム&コークはOK)が怖くて飲めなかったのです  
  梅酒も翌日ムリでした
  でも、もしかして、リキュールの入っていない蒸留酒ラムウォッカジンならOKかも
  いつか再チャレしてみようかしら・・・



製造方法の違い
ウイスキーとブランデー
 ・どちらも蒸留酒で製造方法はほとんど同じ
 ・ウイスキーは穀物を原料。ブランデーはブドウ(現在では果実すべて)を原料

ビールとワイン
 ・どちらも発酵で製造方法はほとんど同じ
 ・ビールは穀物を原料。ワインはブドウ(現在では果実すべて)を原料。

原料の違い
ビールとウィスキー
 ・どちらも原料は穀物(大麦)
 ・発酵させたもの→ビール。さらに蒸留&熟成させたもの→ウィスキー。
  焼酎も穀物からの蒸留なので、ウイスキーと似てるのですね

ワインとブランデー
 ・どちらも原料はブドウ
 ・発酵させたもの→ワイン。さらに蒸留&熟成させたもの→ブランデー。


日本酒:約20%、
焼酎(イモ類、黒糖):約14%、
ワイン:約11%、
ウイスキー: 約5~8%、
ビール:約5%
ブランデー
ブランデーについて
製造方法:蒸留酒 焼酎、ウィスキー、ウォッカ、ラム、ジンなどと同じ
  米、麦、ぶどうなどの原料を発酵させた後、蒸留してつくる。
  いったん造った醸造酒を火にかけて造る。
  発酵酒に比べて不純物が少ない。(ワイン等は色素があり、焼酎等は透明)
  不純物と色素を分解する手間が省けるので肝臓の負担も減る。
   ⇒肝臓でアルコールを分解しやすいので次の日に残りずらい。
  アルコールはほぼ1種類
原料:米、麦、ぶどうなど
基本的に冷暗所で保存し未開封の場合、劣化はほとんどありません。
コニャックは、フランスのコニャック地方で作られるグレープブランデー
高級ブランデーナポレオンは、銘柄ではなく、等級の一つで、熟成年数を表すもの
熟成の若い順に、
  一ツ星 → 三ツ星 → VO(very old)→ VSO(very superior old)
   → VSOP(very superior old pale) ナポレオン、XO、エクストラ


リシャール・ヘネシー、ラーセン、ブック、ランディー、ジュビリー、ルイ13世、
トラディッション、ミッシェル・ロイヤル、リシャール、ブラック・パール、
ブラック・パール・マグナム、エリプス、ペルフェクション、



ウィスキー
お酒は、カクテル、梅酒以外なら殆ど飲めます

今をときめくウイスキーですが、
ブランデーと何が違うのか疑問でした
どちらも同じ茶色のお酒に見えて・・・

製造方法は同じですが、原料が違うのですね

ウイスキーについて
製造方法:蒸留酒  焼酎、ブランデー、ウォッカ、ラム、ジンなどと同じ
  米、麦、ぶどうなどの原料を発酵させた後、蒸留してつくる。
  いったん造った醸造酒を火にかけて造る。
  発酵酒に比べて不純物が少ない。(ワイン等は色素があり、焼酎等は透明)
  不純物と色素を分解する手間が省けるので肝臓の負担も減る。
   ⇒肝臓でアルコールを分解しやすいので次の日に残りずらい。
  アルコールはほぼ1種類
原料は穀物(大麦) ビールと同じ
アルコール度数が高いので、そのままストレートで飲む場合は、水も一緒に用意。
  この水はチェイサーと呼ばれ、ウイスキーと水を交互に飲むのが飲み方。
アルコール度数40%前後で雑味成分も殆ど残っておらず、冷暗所で保存未開封の場合、劣化は殆どない。
  オールドモルトといって瓶詰め後10年以上経ったスコッチもある。
開封後は、1週間から1ヶ月以内で飲みきってしまうのがよい

ウィスキーの種類
スコッチ :スコッチ(スコットランド)のウイスキー
アイリッシュ:
バーボン:アメリカのケンタッキー州バーボン郡でトウモロコシを原料に作られたもの
テネシー:
カナディアン:
ジャパニーズ:



焼酎
お酒は、カクテル、梅酒以外なら殆ど飲めます
もちろん焼酎も好きです
でも、チュウハイは飲めません

芋焼酎が好きです
夏は、たっぷりのお水で(氷は入れない主義)
冬は、あったかいお湯で

お酒だけが飲みたいとき、
健康的?で、普段のみに最適なお酒です

焼酎について
乙類を本格的焼酎という
製造方法:蒸留酒 ウィスキー、ブランデー、ウォッカ、ラム、ジンなどと同じ
  麦などの原料を発酵させた後、蒸留してつくる。
  発酵酒に比べて不純物が少ない。(ワイン等は色素があり、焼酎等は透明)
  アルコールはほぼ1種類
  不純物と色素を分解する手間が省けるので肝臓の負担も減る。
   ⇒肝臓でアルコールを分解しやすいので次の日に残りずらい。
原料:芋、麦、米、黒糖など

甲類と乙類
焼酎には甲類と乙類があります。
甲類
 連続式の蒸留器を使った無味無臭のアルコールに近いタイプの「ホワイトリカー」。
 酎ハイや料理酒に用います。
乙類
 単式蒸留器を使って造る、別名「本格焼酎」。
 蒸留する発酵液の原料の名前をとり、芋焼酎、麦焼酎、黒糖焼酎・・・と表示。


ビール
スーパーで外国のビールが安かったら、
ついつい、晩酌をしないのに買ってしまいます

ベルギービールのすっぱいビールがすきですが、
少し高い

2014020419531090e.jpg
左から、
◆ヒューガルデンホワイト ¥398 原産国:ベルギー
◆クローネンブルグ ¥380 原産国:フランス
◆レンブロイ ¥  原産国:ドイツ
◆モレッティ ¥298  原産国:イタリア
◆トレハー ¥310 \223  原産国:イタリア アルコール度数:4~5%


日本のビールは、あまり飲まないですが、
◆ヱビスビール (サッポロビール)
◆ザ・プレミアムモルツ(サントリー)
◆ザ・マスター (アサヒビール)¥208
このあたりが好きですね


アサヒ ザ・マスター
ビールのお手頃価格で、
期待せずに飲んだら、
んんっは-と
美味しいじゃないですかは-と
すっきりしているのに、
ASAHIのイメージするビールよりコクがあり、
飲みがごたえありますは-と
スーパードライは、あまり好きではないので、
このくらいの飲みごたえ感が好きですは-と
20090618204822.jpg

サッポロ エビス超長期熟成2009
これも見たことないてれ
んんってれ
お値段は、プレミアムビール並みに高めですがてれ
好みの味ではなかったですてれ
何か・・・キレが全くないてれ
コクより・・・、苦い・・・てれ
『熟成期間に「ヱビスビール」の約2倍の時をかけ、
一層の深みとコクのあるまろやかな味わいを実現』
とうたわれてますてれ
20090618204834.jpg


キリン 一番搾り
感想:軽いですね絵文字(汗)
それだけ絵文字(汗)
アサヒのザ・マスターより美味しいと聞いたので絵文字(汗)
飲んでみましたが・・・絵文字(汗)
期待しすぎ?????
好みの味ではありませんでした絵文字(汗)

20090621203019.jpg




製造方法:醸造酒(じょうぞうしゅ) ワイン、日本酒と同じ
   米、麦、ぶどうなどの原料を発酵させてつくる。
   糖分が酵母によってアルコールと炭酸ガスに分解されることを「発酵」と言う。
   酵母による発酵のあと処理をしないので含まれるアルコールの種類が1種類でなく数十種
   単行複発酵酒
   ①麦芽の酵素の働きにより糖分に変えてから、②酵母によって発酵させる。
   ①デンプンを糖分に変える工程 ②その糖分を発酵させる工程 を別々に行う。
原料は穀物(大麦)ウィスキーと同じ

ビールの種類 ラガーとドライだけではないのですよ。
醸造方法の違いによって、
上面発酵ビール、下面発酵ビール、自然発酵ビールの3つに分類


上面発酵ビール エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェンなど
比較的高温(20度前後)で発酵させたビール(発酵中に酵母が浮き上がることからこう呼ばれる。)
発酵温度の20度程度で飲むのが最適だが、冷やしても美味しい。
エール かつてはホップを添加していない麦芽飲料を指したが、現在は上面発酵ビールの総称的に使用されている。アメリカでは州によってはアルコール5%を超えるものはラガーという呼称が使用できないために下面発酵でもエールと呼んでいる場合がある。
ライトエール 英国で、マイルドエールより淡色のもの又はペールエールよりもアルコールの低いものをいう。
ペールエール 琥珀色または銅色のエールで、ホップが多く、苦味強く、少し酸味があるタイプ。 スタウトに比べてペール(=淡色)であることからこう呼ばれたが、ピルスナーよりは濃色。イングランドのバートン・アポン・トレントで発祥したので、バートンエールとも呼ばれる。硬度の高い硬水と淡色麦芽で醸造される。
トラピスト ベルギーとオランダの修道院で醸造されている濃色な上面発酵ビールで、ベルギーでは1962年2月28日より法律で特に定められた。現在ベルギーに6箇所、オランダに1箇所だけある。ビン内熟成され、ダークな色合いで、アルコ-ル度数は強め。フルーティーで甘味があるものが多い。
スタウト ローストされたモルトで醸造された黒色に近い色のビールで、ローストによる香ばしさと深い苦味が特徴。アルコール度数4~7度。適温10~20度。1770年代にアイルランド生まれたエ-ル。ギネス社がポ-タ-をアルコ-ル強化して、”スタウト(強い)・ポ-タ-”といって売り出したのが始まり。
アルト 濃色大麦麦芽だけで醸造したドイツのデュッセルドルフの上面発酵ビール。「アルト」は古いを意味し、新たに普及した下面発酵に対する古い上面発酵を意味している。アルコール度数4~7度。適温7~12度。上面発酵特有の複雑な香味は感じられるものの、ダ-クモルトとホップの苦味が調和した、スッキリ味が特徴。


下面発酵ビール ピルスナー、黒ビールなど
低温(5度)で発酵させたビール(発酵の終わり頃に酵母が下に沈む製造方法で醸造する)
冷やして飲むと美味しい。
ラガー 下面発酵ビールの一般名称。15世紀にバイエルンで初めて造られた。アルコールはエールよりも低め。ドイツ語で「貯蔵する」という意味の「lagern」から転じてこう呼ばれた。
ラガーヴァイス 下面発酵のラガーの小麦ビールのこと。
デュンケル 黒ビールのドイツでの呼称。ローストされた大麦の香りとややドライな風味が特徴。
ミュンヒナー 19世紀中頃にミュンヘンで生まれたデュンケルタイプの濃色ビール。やや濃い麦汁と重みのあるホップでバランスよく仕上げたビール。アルコール度数4~6度。適温3~7度。ホップが少なく麦芽の香りが強い。色はほとんど黒に近いもの多いが現在ミュンヘンでは淡色のものが一般的。
シュバルツ 黒ビール(「シュバルツ」は「黒」の意)。ミュンヘンが発祥。デュンケルより色が濃い。甘味は控えめ。
ウィンナー ウィーン麦芽で醸造されたオーストリアの琥珀色のビール。
ピルスナー 下面発酵ビールの代表で、軟水で醸造され、淡い黄金色をしている。きめ細かな泡、ホップの苦味とシャープな喉越しが特徴。チェコのピルゼンが発祥地。ミュンヒナーもこのタイプ。アルコール度数3~5度。適温3~7度。

自然発酵ビール ベルギーのランビック
20度くらいの高温で、酵母を接種することなく、空気中の微生物を利用して自然発酵 させるビール。
10~15度程度に冷やして飲むと美味しい。
ランビック 野生酵母を使用した自然発酵ビールの総称。ベルギーのランビックビールが有名で、モルト化していない小麦を最低30%以上使用し、自然発酵法で醸造する。アルコール度数4~6度で、特有の香りと強い酸味が特徴的な深い味わいのあるビール。中には樫の樽などで長期熟成されるものもある。適温7~12度。

その他
淡色ビール 非焙煎麦芽を使用した黄金色のビール。かつてのビールは暗褐色であったため、それとの対比でこう呼ばれた。
濃色ビール カラメルまたは焙煎麦芽を使用した暗褐色なビール。旧来ビールはこれが通常の色合いだった。
黒ビール 非常に濃色のビールをいう。アルコール度数は余り高くなく、甘味が強い、麦の香りがしっかりしたビール。
ホワイトビール 小麦を使用して醸造されたビールのヨーロッパでの総称。
アイスビール ビールを凍結し、氷をシャーベット状にして除去し、ビールを濃縮したもの。喉越しがスムーズで、アルコールはやや高めで淡色。
ダイエットビール 糖分や炭水化物の低いビール。カロリーの低いビール。
ドラフトビール 生ビールの意味。栄枯気宇では樽詰めのビールをいい、米国や日本では熱殺菌していないビールをいう。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種