ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロビ★玄米

マクロビの超基本
玄米の炊き方をご紹介します
基本は、圧力鍋を使います

玄米・圧力鍋バージョン
材料
玄米・・・・2.5c
水 ・・・・3.5c(1割~3割増し,大体プラス1カップ)
塩 ・・・・小さじ1(玄米の1%)

作り方  
1)玄米をもみ洗い、ザルに上げ、30分以上水を切る。
     精米していないので糠(ぬか)がでませんので、白米のように研ぐ必要はありません。
     ボールに米を入れて良い水を流し込み、くるくる回すとゴミやほこりが上がってくるので、それらを取り除きます。
     この作業を2~3回繰り返します。
     両手で米をすくい上げて拝むようにもみ洗いをして米の表面に傷をつけると、水を良く吸い柔らかく炊き上がります。

2)圧力鍋に玄米、水、塩を入れ火にかける。 酵素破壊の為に必ず。
3)圧力鍋で強火にして、沸騰したら(上の錘がガチャガチャ動く)1分程強火。
4)弱火にして30分。
5)0~15分程、蒸らす。
   ※おもりをかたむけると、シュワーシューシュと蒸気がでる。
   ※蓋の水が入らないように。
   ※天地返しし、サラシをかぶせるとよい。(←殆どしません。)


キッチンタイマーは、必須
慣れれば、とても簡単でふっくら美味しい玄米が出来上がります
圧力鍋、1台あればとても便利



玄米・土鍋バージョン
  土鍋でご飯を炊くと非常に美味しい
  炊飯器よりも、土鍋で炊いたほうが玄米の栄養が崩れにくい。
  面倒でも土鍋でご飯を炊くこだわり派さんに。
  
材料
玄米・・・・お好みの量(1合でお茶碗2杯ぐらいです) 
水 ・・・・玄米の1.3倍 (お米が古いほど水を多く)
塩 ・・・・小さじ1(玄米の1%)

作り方  
1)玄米をもみ洗います。
     精米していないので糠(ぬか)がでませんので、白米のように研ぐ必要はありません。
     ボールに米を入れて良い水を流し込み、くるくる回すとゴミやほこりが上がってくるので、それらを取り除きます。
     この作業を2~3回繰り返します。
     両手で米をすくい上げて拝むようにもみ洗いをして米の表面に傷をつけると、水を良く吸い柔らかく炊き上がります。

2)1.3倍程度の水と塩(ひとつまみ)に1~5時間漬けておく。
3)ふたをして火にかけます。
  最初の5分程度は強火
  沸騰してきたら、中火で15分程。
4)水分が無くなってきたら弱火で15分程度。
  炊き上がってくるとご飯の香りがしてきます。
5)火を止めて、
  10~15分程度蒸らし、
6)蓋を開けて全体をふっくらと混ぜます。



玄米になぜ塩を加えるのか
塩をひとつまみ加えます。
塩は、全体にまんべんなく落とします。
玄米にはカリウムが多く含まれていて、苦味を感じることがあるため、
塩に含まれるナトリウムで中和させると、おいしく炊き上がるのです。

お水も大切
お米は乾燥した状態で置かれているので、
一番最初に出あった水を急激に吸収します。
炊く時の水にこだわるのもいいのですが、
最初に出会う水にこだわることがもっと大切です。
関連記事

この記事へのコメント

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。