ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口角炎・口内炎とは

口内炎は、出来たことありますけど,(昨日から、今度は口内炎に悩まされてます。。。)
昨年末に、口角炎というものが初めてでき困り顔
お歳もお歳だったのか、、、免疫力が落ちてたのか、
1ヶ月以上治らなかったのです

その時に丁度、風邪にかかっていて、
職場の診療所でみてもらった時に、
口内炎ができてて、ビタミン不足もあるからと、
ビタミン剤をもらい栄養補給に専念うわぁ・・・

1ヶ月経っても治らないので、ビタミン剤をもらおうと、
また職場の診療所に行き、

 「口の端が切れて、ずっと痛いんです」と訴えた困り顔

なんとまぁ、
 「抗生剤を出しておくわね」って言うじゃないですかえっ

大の抗生物質嫌いの私は、飲まないので要りませんと断り、
お医者さんを何人、苛立たせてきた事か汗汗

いつもの通り、
 「抗生物質はちょっと・・・」と言った汗汗

(風邪の時も抗生物質を断ったので、はいはい・・またね。。みたいな反応)
 「塗り薬だから。」と若い女医さんは言う汗汗
 「そうですか」と私汗汗
 「あの、でもビタミン剤も出しておいてください」と付け足すねこ
サプリのビタミン剤よりもよく、お値段もお手頃の病院のビタミン剤

私、抗生物質の飲み薬はダメだけど、塗り薬は許容範囲なのかしら?

口角炎に塗ったら、2日で治りましたアップロードファイル
1ヶ月以上、ビタミンを飲んだり、
ハウツーを調べたりするも虚しく、
抗生物質の圧勝アップロードファイル

抗生剤物質って、即効性ありですねアップロードファイル

でも、やっぱり、その即効性は何かがあるからなんだ!
と、やっぱり極力、手術の時とか以外には、使いたくない
風邪ごときで使用するのは、有り得ない
お医者さんは、まず抗生剤をお薬に出されますよね汗汗
もっと、自然治癒力を高めようとする努力をしようと私は思う汗汗
(そんな事言ってるから、治りが遅いんだよと周りのみんなは思う)


口角炎・口内炎とは
口角炎→口の両端が切れて口を開けると痛い。
口内炎→唇の内側や舌、歯ぐきなどに水疱ができたり、赤くはれたりする症状。

口の中の病気は、
体調のよしあしが、微妙に反映してくるため、
過労や精神的ストレス、ビタミン不足などがあると、かかりやすくなります。
ウィルスの感染や、口の中の不潔、歯槽膿漏なども関連してきます。

口角炎は、ビタミンB群欠乏症で、
感染に対する抵抗力が低下しているときに細菌が感染しておこります。

治療の方法
 ・ビタミン補給。効果的なのは、ビタミンA、B群、C。
 ・できはじめの頃は、炎症を抑えて粘膜を守る働きのあるビタミンB2をとるように。
  炎症がひどくなって痛むときは、傷を治す作用のあるビタミンCが重要。
 ・ビタミンB2は水に溶ける性質があるため、体内に蓄積することができず、毎日とる必要がある。
  不足するとまず口角炎・口内炎として症状が出てくるので注意。
 ・繰り返さないためには、抵抗力をつけるのに役立つビタミンAやミネラルを多く含む海草類を積極的に。
 ・サプリを賢く活用するのもよい方法。

ビタミンB2・・・レバー、納豆、牛乳、ナッツ類、トマト、トウモロコシ、キノコ類、ウナギ、チーズ、卵
ビタミンB6・・・レバー・マグロ・さんま・カツオ
ビタミンC・・・・柑橘類などの果物、ブロッコリー・ピーマンなどの緑黄色野菜
ビタミンA・・・・カボチャ、ホウレン草、ニンジンなど
ミネラル・・・・・ワカメ・ヒジキなど海草類  
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
最新の記事
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。