ブログパーツ

慶弔・慶事と祝儀

冠婚葬祭とは、元服、婚礼、葬儀、祖先の祭礼という日本古来の四つの儀式のことをさしますキラキラ

花目的に合ったのし袋祝儀袋
結婚には、結びきりの水引
出産には、蝶結び。何度でもお祝したい慶事なので、紅白の蝶結びの水引き

蝶結び(花結び):解けて結びなおせるということから、何度繰り返してもよいおめでたい事やお礼などに。
oiwai-c_20091122182541.gif
結びきり(真結び・あわび結び):一度結ぶと簡単に解けないことから、二度と繰り返したくないという意味で、結婚・弔事・全快祝などに。
kotobuki-m.gif


花表書きの書き方
濃い黒の筆か筆ペンで

花内袋の書き方
表面に金額、裏面の左下に、少し小さく住所・氏名を書きます。郵便番号も。
sample-noshi_nakatsutsumi.gif

花金額の書き方
「金○○円也」という書き方は、10万円以上などの高額な場合

 1 = 壱    2 = 弐   3 = 参    10= 拾
略式    正式
金五千円   金伍阡円
金一万円   金壱蔓円
金二万円   金弐萬円
金三万円   金参萬円
金五万円   金伍萬円
金十万円   金拾萬円

花ご祝儀の金額の目安
1万円、3万円、5万円というように奇数の金額を包んであげるのが、一般的なご祝儀のマナー。
・2や4など偶数は、「割れる」という意味からお祝い事では出来るだけ避けます。
 最近では2万円は「ペア」や喜びが重なるという意味もあるので、失礼にはならない。
 1万円札1枚、5千円札2枚の計3枚を包み奇数にする心遣いがあるといい。
・4や9は「死ぬ」「苦しむ」のように縁起が悪い言葉を連想させてしまうので控える。

 関係            20代     30代      40代
 友人・知人・・・・・・・・・2~3万円  3~5万円   3~5万円
 いとこ・・・・・・・・・・・・ 2~3万    3~5万    5~10万
 甥・姪・・・・・・・・・・・・     3~5万        5~10万
 兄弟・姉妹・・・・・・・・ 5万      3~5万     5~10万
 会社の上司 ・・・・・・・3~5万    3~5万    5万~
 会社の同僚 ・・・・・・・2~3万    3万      3万
 会社の部下 ・・・・・・・2~3万    2~3万    3万
 取引先関係 ・・・・・・・3万      3万      3~5万

花お金の包み方
市販の祝儀に中包みが入っていない場合は、奉書紙でお金を包みます。
半紙でもOKですが、お金が透けないような少し厚手のもの。
お札は新札で。お札の表側肖像のあるほうを表に、肖像を上にして入れます。

中包み:正面から見て三角が左上
putin-pic02.jpg  putin-pic03.jpg
naka02.gif
naka01.gif 

上包み:したの折り返しが上にくるように。幸せがたくさん入るように
keigi.gif


花ふくさの作法
きちんとふくさに包んで持参するのがマナーです。
明るくておめでたい色のふくさで、渡す際にはふくさから取り出し、表書きを先方に向けて差し出します。
斜めにした左中央に表向きで袋を置きます。
左側→上側→下側の順に包みます。
最後に右側をかぶせて裏にまわします。
package-pig01.jpg package-pig02.jpg package-pig03.jpg package-pig04.jpg



慶事・祝事
花表書きの書き方
「祝還暦」「祝喜寿」など(年令に応じた名称に「祝」をつける)
「長寿御祝」 「寿福」「賀華甲(かこうをがす)」
※華と言う字には十が六つ入っており甲は物の始まり、つまり「一」と言う意味から六十一歳のこと。または単に「御祝」

花ご祝儀の品・金額の目安  
両親     2万~5万円
祖父母   1万~2万円
親戚     5千~1万円


慶弔★賀寿・長寿祝
還暦のお祝いは、迎える方の誕生日や敬老の日にします祝
必ず数え年61歳、満60歳でお祝いをします。
還暦祝い以外の長寿のお祝いは、昔から数え年での誕生日に祝うものでしたが、
最近では満年齢で祝う人も増えているようです祝



花長寿祝いの名称とその由来
歳     名称        意味/数え年
60歳 還暦カンレキ 干支が一回りして生まれ年に還るという意味 /61才  赤いちゃんちゃんこを送る。
70歳 古稀コキ 中国の詩人杜甫の詩 「人生七十古来稀也」にちなんだ /70才
77歳 喜寿キジュ 喜の字のくずし字が七七に通じるところから /77才
80歳 傘寿サンジュ 傘の字を崩すと八十と読めるから/ 80才
88歳 米寿ベイジュ 米の字をくずすと八十八になる /88才
90歳 卒寿ソツジュ 卒の字の略字が卆とかけ、九十と読める /90才
99歳 白寿ハクジュ 百の字から一をとると白になる /99才
100歳 百賀ヒャクガ /100歳を百賀のお祝い
101歳を百一賀のお祝いとする /100才

※数え年とは生まれた時点を一歳と数え、その後正月を迎えるたびに一つ歳を加える数え方。
仏教ではおなかの中での一年を「いのち」として数えますので、数え年を用います。
数え方は、満年齢に誕生日前なら2才、後なら1才を足します。



慶弔★結婚記念日・Anniversary
・結婚記念日は西欧社会から入ってきた習慣ですハート
・欧米では最後の75年目まで毎年それぞれ名前がついていますハート
・代表的なもの
 1年目の紙婚式、3年目の革婚式、5年目の木婚式、7年目の銅婚式、
 10年目の錫婚式、15年目の水晶婚式、20年目の磁器婚式、
 大きな節目は25年目や50年目ハート
・正式には夫から妻にプレゼントするのがならわしハート
 特別にお金をかけなくても、例えば毎年小さな花束をプレゼントされるだけでも女性なら嬉しいものハート
 銀婚式、金婚式などは、ぜひ子供たちからもお祝いのプレゼントをしましょうハート


花年数・名称・意味・贈り物
年数  名称     意味/贈り物
 1年 紙婚式・・・・・・白紙からスタート ★アルバム・紙製品
 2年 藁わら婚式・・質素倹約を意味し、贅沢を戒める ★ハンカチ等の布製品  綿婚式
 3年 革婚式・・・・・・そろそろ倦怠期、革のように粘り強く ★バック・ベルト・革製品
 4年 花婚式・・・・・・花が咲き、実がなるように ★花束・詩集  絹婚式、書籍婚式
 5年 木婚式・・・・・・夫婦がやっと1本の木のように一体になる ★木製製品・観葉植物
 6年 鉄婚式・・・・・・鉄のように強い人生を ★ペンダント・カフス
 7年 銅婚式・・・・・・家族、財産の安定を銅に例えて ★銅製品・毛織物
 8年 ゴム婚式・・・・弾力性のある2人の生活を ★ゴム製品   青銅婚式、電気器具婚式
 9年 陶器婚式・・・・陶器を大事に扱ってヒビが入らなかった ★カップ・食器
10年 錫婚式・・・・・・錫のように美しさと柔らかさを兼ね備えて ★錫製品・装飾品
11年 鋼鉄婚式・・・・網のように強い愛の力で結ばれて ★鋼鉄製品・鍋
12年 絹婚式・・・・・・絹のようなきめ細やかな2人の愛情 ★スカーフ・パジャマ
13年 レース婚式・・さらに深く綾なす愛の証 ★手袋・ショール
14年 象牙婚・・・・・・象牙のように年齢を重ねて輝く ★価値 象牙製品・夫婦箸
15年 水晶婚式・・・・透明で曇りのない水晶のような信頼 ★指輪・水晶製品
20年 磁器婚式・・・・年代と共に値打ちが増す磁器のような夫婦 ★食器・置物
25年 銀婚式・・・・・・結婚生活の一区切り、いぶし銀の美しさ ★スプーン・銀製品
30年 真珠婚式・・・・富と健康をあらわす海の宝石に例えて ★装飾品・真珠製品
35年 珊瑚婚式・・・・永い年月を経て成長する珊瑚に例えて ★珊瑚製品
40年 ルビー婚式・・深赤色のような2人の深い信頼と誠意 ★ルビー製品
45年 サファイア婚式・・・・誠実と徳望で結ばれた結婚生活 ★サファイア製品
50年 金婚式・・・・・・金色の輝きを得たという豊かさで大きな記念日 ★金製品
55年 エメラルド婚式・・・深く静かで尊い夫婦の生活 ★エメラルド製品
60/75年 ダイアモンド婚式・長寿と一族の繁栄を意味する最高の記念日 ★ダイアモンド製品




花一般贈答年中行事
名称      贈る時期                     表書       お返しの時期
・年賀      1/1~7まで                       御年賀・御年始・御年玉   不要
・寒中見舞   小寒1/5~大寒~立春2/4の前日まで      寒中御見舞          不要
・暑中見舞(夏) 小暑7/7~大暑~立秋8/8の前日まで      暑中御見舞          不要
・残暑見舞(夏) 立秋8/8~処暑~白露9/8の前日まで      残暑御見舞          不要
・中元(夏)    関東7/1~7月中旬  関西7/15~8月中旬   御中元             礼状
・歳暮      本来事始め(12/13)~12月末まで        御歳暮             礼状

・母の日     5月の第2日曜日  
・父の日     6月の第3日曜日  
・敬老の日
・クリスマス   12月中旬~25日まで
・誕生日     誕生日当日まで
・結婚記念日  記念日当日まで


花慶事
名称      贈る時期                     表書       お返しの時期 
・結婚      挙式1週間前まで                   御祝・寿      式後1か月以内
・出産      出産後1週間~1か月以内             御祝     出産1か月後(内祝)
・長寿、賀寿   前もって訪ね                     御祝   

花幼少・青年期の祝
名称      贈る時期                     表書       お返しの時期
・宮参り     生後、男30日目、女31日目            御祝・寿宮参り 
・食初め     生後100日目または120日目           御祝・寿食初め
・初正月     生後初めての正月                  御祝 
・初節句     生後初めての節句の1週間前~当日       御祝     当日か1~2週間後
・七五三     3、5、7歳時の11/15までに              御祝・七五三御祝      当日
・十三参り    数え年13歳の4/13                  御祝・十三参り御祝
・入園入学   決定後、早い時期。4月上旬まで          御祝・御入学(園)祝     礼状
・卒業      卒業後1~2週間まで                 御祝・御卒業祝        礼状
・進学      進学前まで                        御祝・御進学祝        礼状
・就職      就職が確定したらすぐ                 御祝・御就職祝        礼状
・成人式     1週間前か当日まで                  御祝・成人式之御祝     礼状

①初宮参り・・・・・生後初めての氏神参り。この日をもって産のつつしみが終わる。
  ・日取りは生後30日を過ぎた頃
  (女の子は男の子より、1~2日遅せる。早くお参りをすれば早く結婚できるという地方も。)
②お食い初め (おくいぞめ)・・・・・子供が一生食べものに困らないようにと願いを込めて、赤ちゃんに食べ物を食べさせる。
  ・日取りは生後100日を過ぎた頃(乳歯が生え始める頃)
  ・一汁三菜の祝い膳(鯛などの尾頭付きの焼き魚、すまし汁、煮物、香のもの、赤飯・白飯) 
  ・歯固め石は、地元の神社の境内で見つける小石で、儀式が終われば境内へ納める。
    いわれは小石のように硬いものも食せる程、丈夫な歯を赤ちゃんが授かるように祈る。
  ・食器は、漆器。男児は内外ともに赤色。女児は黒色で内側が赤色。
③初節句
 桃の節句★雛祭り→女の子が優しく美しく、幸せになれるようにとの願いを込め、雛人形を飾る。
  ・身に降りかかる災難を免れて、女の子が良縁に恵まれますようにという意味もある。
 端午の節句 ★鯉のぼり→男の子が元気に逞しく育つようにとの願いを込め、鯉のぼりと武者人形を飾る。
④七五三・・・・・成長を祝って神社・寺などに詣でる。
  ・男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に
  ・七つ前は神の子といわれ七歳は、幼年期最後の儀礼とし、重要視されていた。

花その他の祝
名称      贈る時期                     表書       お返しの時期 
・栄転      前もって訪ねて                    御餞別・御栄転祝       栄転先に落ち着いた時点で礼状
・賀寿      前もって訪ねて                    御祝                礼状
・新築      披露当日か落成直後新築後半月位まで     御祝・御新築御祝       新築祝いに招く、当日記念品
・開店開業   開店前日か当日まで                 御祝・御開店(開業)御祝   披露当日に記念品  
・受賞入選   決定後、できるだけ早く               御受賞御祝・叙勲之御祝   授賞式後2週間以内
・発表会     当日                           発表会之御祝・御祝
・祝賀会     当日                           祝賀会之御祝・御祝
・勤続祝     当日以降、できるだけ早い時期          勤続之御祝・御祝
・創立祝     当日または、それ以前の近い時期        創立之御祝・御祝
・襲名披露祝  当日または、それ以前の近い時期        贈・御祝
・上棟式     当日または、それ以前の近い時期        上棟式御祝・御祝
・竣工式     当日または、それ以前の近い時期        竣工式御祝・御祝
・落成式     当日または、それ以前の近い時期        落成式御祝・御祝             
・お礼       状況に合わせて                   御礼・薄謝・寸志・御車料   不要

名称      贈る時期                     表書       お返しの時期
・病気見舞い  症状に合わせて                   御見舞・快気祝・全快祝  退院後
・病気回復   病気見舞いを受けた先に全快後直ちに。    本復之内祝・内祝・快気之内祝・全快之内祝  ※快気祝いは、もらった額の半分~1/3。
・災害見舞い  すぐに                         御見舞              礼状
・お悔やみ   通夜、告別式 忌明けの法要後   御霊前・御香典・御玉串料・御神撰料・御花料
・法要      当日                           御仏前・御香料         当日に引出物

花目的に合ったのし袋
●蝶結び:解けて結びなおせるということから、何度繰り返してもよいおめでたい事やお礼などに。
  花結びともいいます。
oiwai-c_20091122182541.gif
●結びきり・真結び 結びきり・あわび結び:一度結ぶと簡単に解けないことから、二度と繰り返したくないという意味です。
 結婚・弔事・全快祝などに使用します。
kotobuki-m.gif

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
最新の記事
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種