ブログパーツ

厄払い

●厄年のルーツ
厄年というのは、
  平安時代、陰陽道で説かれた考え方で、
  一生のうちで特定の年に
  災難がふりかかることが多いとされた年令です。
厄年は十二支占いを参考に算出され、
  12年に一度(ex.13、25、37、49、61、73、85、91歳)となっていました。

しかし時代と共に年齢も変わっていき、
  江戸時代に入ってからは今で言う、
男性は数え年で、25歳・42歳・61歳
女性は数え年で、19歳・33歳・37歳
  が本厄年とされています。
本厄年の前後を、前厄、後厄といいます。


こうなった根拠はいろいろな説が考えられます。
  42歳は四二(死に)、
  33歳は三三(散々)、
  19歳は十九(重苦)といった語呂合わせ説。

若者組みの脱退(25歳)や
神事を司る資格年齢(42歳)と江戸時代の農村社会の背景説。

人間の長い人生には要所要所で節目があり、
だいたいこの年齢(厄年)になると、
肉体的や生活環境がいろいろ変わってきます。
その節目を充分に注意して、
すごすようにと昔の人は「厄年」に重ね合わせたのです。



前厄、本厄、後厄のうち、いつ厄除け祈願をするとしたら、
前厄の段階が理想的です。
また厄落としも神社仏閣でご祈祷を受けるのがいちばんポピュラー。
大晦日や年の初め節分の日やお誕生日などの参拝するといいですね。
有名な神社仏閣でなくても、
地域の氏神さまの神社でのお参りでじゅうぶんだそうです。


●正しいお祓いのマナー
お祓いを受ける時は、指示をよく聞き、おしゃべりしない。
祓い棒でお祓いをしてもらうときは、低く頭を下げるようにします。
お祓いを受ける時の服装は、普段着よりも男性はスーツにネクタイ、
女性はスーツ、ワンピースなど、
きっちりとした服装をオススメします。

●神社・お寺で祈祷をうける場合
「御祈祷料」「御初穂料」と表書きした祝儀袋(水引は紅白結び切り)
または、白封筒を用意します。
相場は様々です。
料金が明記されているところもありますし、
「お気持ち」としか言ってくれないところもあります。
料金が明記されていて、良く見るパターンが、
3000円、5000円、10000円、というところと
5000円、7(8)000円、10000円というところです。


●厄除けで有名な神社仏閣
厄除けや厄払いのお参りの発祥の神社というと、京都の吉田神社です。
厄除け・厄払いの発祥の神社ですから参拝者も多いようです。

京都府などでは各地の八幡さまへお参りして厄落としをすることが一般的だそうです。
とくに,八幡市の岩清水八幡が有名です。
ここでは,毎年1月15日から19日まで,「厄除け大祭」が行われています。

大阪府でも同じく,各地の八幡さまで行われる
「厄除け大祭」へ行くことが多いようです。
お祭りあとに宴会をしたり,
ぜんざいをつくって
近所や親類,道行く人たちに食べてもらうことがあります。


兵庫県宝塚市の清澄寺(清荒神)では,前厄のときに本人が火箸をもらって帰り,厄年のあいだ自宅に祀ったあと,後厄が過ぎてからお寺に奉納します。




● 近畿
石清水八幡宮 @京都
清荒神清澄寺(通称:清荒神)@宝塚
門戸厄神東光寺(通称:門戸厄神)
大聖観音寺(通称:我孫子観音) @大阪
多井畑厄除八幡宮(通称:多井畑厄神)
立木山寺(通称:立木観音)


●関東
関東の三大師
佐野厄除大師
西新井大師
川崎大師
妙法寺
千葉厄除け不動尊
拝島大師本覚院
観福寺 (香取市牧野)


●東海
法多山尊永寺
国府宮神社
三嶋大社


● 中国
由加山

●四国
薬王寺(四国第23番霊場、徳島)
遍照院(愛媛県今治市菊間町)


●役立つ厄落としの行事
・本厄の年に神社でお祓いをしてもらい、
    その途中で新しい手ぬぐいを落として、厄落としをする。
・1月14日に本厄の男性が、
    42個の10円玉を境内に落として厄落としする。
・小正月の火祭りに厄年の人がみかんを投げ、
    拾った人に厄を一緒に払ってもらう。
・女性はうろこ模様のものを厄年が終わるまで、身につけると良い。
・2月1日に「年重ねの祝い」といって
     正月の次にくるこの日を正月と見立てて厄年が過ぎ去ったとする。
     (早く厄を終わらせるための苦肉の策?)
・親しい人たちを招き、酒肴でもてなして、自分の厄を持ち帰ってもらう。
・草履を履いて神社やお寺へ厄落としに行き、
    帰りに鼻緒を切って、振り返らないで帰る。
・25歳の厄年男性が褌姿でお祓いを受けて、
    町に繰り出し水を掛けてもらう。
・神社に参った時に、
    厄年の人がお供えした鏡餅とお神酒を持ち帰り、
    近所や親類に配って厄を一緒に祓ってもらう。
・前厄の本人が火箸をもらって帰り、
    自宅に祀ったあと、後厄が過ぎてからお寺に奉納する。
・古来より厄年の時には
   「長いものに巻かれるとよい」
   「七色の物を身につけるとよい」などと言われています。
    自分で購入するのではなく人から貰うのが良いそうです
・七つの石を一度に持つと 
    七つの災いから身を守り 七つの幸運を招くといわれています
    長いものとは、蛇を象徴としており、
       蛇には魔除けの霊力がある
    七色とは虹を指しており、
       荒天から晴天へ移り変わる際に現れるため、
       好転への期待にあやかろうとするもの。
・人から贈られた七色のものを身につけると
   災いを遠ざけるとも言われている


厄落としの習慣やしきたりは地方によって違い、
    さまざまな形が各地域に残っています。
人とかかわる交流を深めるひとつの手段として、
    この厄落としの行事を利用するのもよいのかもしれませんね。

関連記事

この記事へのコメント

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種