ブログパーツ

避妊・去勢手術

避妊・去勢手術についてじっくり考える
ソマリ
犬や猫が好きな人は、
お金を出して、ブリーダーが作ってる犬猫を飼わなくっても、
引き取り手がなくて、殺されていく犬猫達がいて、
そんな犬猫を飼ってあげたらいいのになぁって・・・
なくなる命を助けてあげれるし、猫の肉球黒


我が家の猫シィーナもソマリ
公園で子供にジッポライターをかけられて、
捨てられているのを
誰かが見つけて、
中々、貰い手がなくて・・・(既に飼ってる犬と折り合いが合わなかったり)

誰か飼える人はいないかと探していた時に
ちょうど、私に話が・・・ねこ♀
当時の私は、別に猫好きじゃなく、(完全なる犬派でした)
今でも相変わらずですけど・・・アップロードファイル

もし、拾われてなかったら、
自然死していたかもしれない・・・
し、自由に生きていたかもしれないソマリ

縁て不思議ですソマリ


自然のままにさせてあげたいけど、
我が家のシィーナの妊娠疑惑中に、
情報収集してたら、
猫は、一度妊娠したら、最低3匹は生まれるらしく絵文字(汗)
それは飼ってあげられない・・・
ということで、避妊手術の情報収集中オレンジハート


にくきゅう去勢・避妊手術の費用
●メス:2~5万円程度(避妊手術は切開を行うため)
避妊手術は、一般的に2通りの方法jumee☆paw6
・メスの左右の卵巣と子宮を摘出するもの
・卵巣だけを摘出する手術
全身麻酔で行うので痛みはまったくなく、
入院期間も、1~2日。
1週間程度経過すれば糸抜きの為に再度来院が必要


●オス:8千~3万円程度
睾丸(玉)をとるだけの簡単な手術ですので日帰りが基本。
全身麻酔で行うので痛みはなく、傷口も小さくてすむ。


にくきゅう去勢・避妊手術のタイミング
6ヶ月頃に去勢・避妊をすると、小さい頃のままの性格で飼いやすくなる。

●メス:一般的には最初の発情がくる前の生後4~6カ月くらいが適当
    もちろん、それ以降でも手術は可能。
    若い頃に手術をしたほうが、子宮や乳腺の病気にかかる率が低くなる。

●オス:生後6ヶ月~10ヶ月
    去勢をしていない雄猫はスプレー行為「おしっこによる臭い付け」を行いますが、
    この行為を一度覚えると、術後も行為が残る可能性があります。


にくきゅう避妊手術のメリット・デメリット
『避妊手術のメリット』
子宮蓄膿症や卵巣腫瘍、乳腺腫瘍など、
性ホルモンの働きによって起こる病気の発症率が低くなる。
また、オスを求めて大声で鳴いたり、外に出たがったりすることも少なくなり、
精神的にも落ち着きがみられます。

『避妊手術のデメリット』
肥満になりやすい。
しかし、これは発情や性的なストレスから解放され、
異性を求めるために費やすエネルギーが不要となるため、
消費カロリーが少なくなっているにもかかわらず、
以前と同じ食事内容を与えるためにカロリーオーバーになることが最大の原因。
食事と運動の量を正しくコントロールすることで、肥満は避けられます。


にくきゅう去勢手術のメリット・デメリット
『去勢手術のメリット』
雄性ホルモンがなくなるため、
生殖器に関わる病気の発症が少なくなることや、
メスを奪い合うためのケンカ、メスを求めての放浪がなくなり、
精神的にも落ち着くことなどがあります。
また、強烈なニオイで多くのオスの飼い主を悩ます、
室内でのスプレー行為(尿マーキング)など、抑えることにも効果がある。

『去勢手術のデメリット』
肥満になりやすい。
避妊手術の場合と同様、食事と運動でコントロールすることが可能です。




にくきゅう助成金
全国の各自治体市町村で犬猫助成金が出るところもありますGOOD

堺市のホームページで助成金を調べたらありました影ネコ
シィーナ猫メスが避妊手術をするなら、4000円ですソマリ
和泉市はない・・
寝屋川は10,000円・・。


1申請者あたり2頭まで、助成頭数は300頭
申請期間:H21年8月10日~10月31日
助成頭数に達し次第終了。

助成金は指定獣医師での不妊手術終了後、
指定獣医師からの請求額から助成額を差し引いて支払う。
助成額は1頭あたり4,000円※
その際堺市獣医師会からも1,000円の助成が受けられる

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種