ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜鳴き・避妊手術

半端でなくうるさい!夜鳴き!かお
我が家のシィーナの発情期です
昔は、うるさ~いと何度も大声連発
何度目かでやっと、なれました

猫の夜鳴きの原因
①寂しさ②トイレ③空腹④寒さ⑤発情期、等

解決策
発情の鳴き声は不妊手術で解消 
普段はおとなしい猫も、発情期は人間の赤ちゃんの泣き声のような大きな声で一晩中鳴き続けます。
この声は交尾を行って妊娠が成立するか、発情期がすぎれば治まります。
発情の鳴き声は、不妊・去勢手術をすれば治まります。

不安やストレスが原因のことも ストレスや不安が原因となって、繰り返し鳴くこともあります。
突然よく鳴くようになった場合は、環境の変化がなかったかどうか、考えてみてください。

猫の発情・妊娠のメカニズム 
発情・交尾・妊娠・出産は、猫や人などのほ乳類が子孫を残すための「生命のシステム」です。
メスが性的に成熟して繁殖能力をもち、交尾を容認するようになる状態を発情といいます。
・メス猫の最初の発情は生後6~12カ月の間に訪れ、
・1年に3~4回。期間は通常1~2週間
・犬のように出血はない。
・くねくねしたり、腰を上げるようなポーズをしたり、大きな鳴き声をあげる。
・メスは、発情期間に交尾をし受精が成立すると妊娠。65日程度の妊娠期間。
・メス猫の発情期は、3月頃~10月頃まで(妊娠をしなければ)断続的に起こる。
・オス猫の発情期は1月前後から始まり、9月いっぱいまで断続的に続く。

避妊手術の費用
メス:2~5万円程度(避妊手術は切開を行うため)
避妊手術は、一般的に2通りの方法
・メスの左右の卵巣と子宮を摘出するもの
・卵巣だけを摘出する手術
全身麻酔で行うので痛みはまったくなく、入院期間も、1~2日。
1週間程度経過すれば糸抜きの為に再度来院が必要

犬猫助成金
市によっては、
助成金なしや雌猫のみや野良猫のみ等助成対象が違います。
大阪府の犬猫助成金制度

私の在住する堺市は、雌猫のみOKです(飼い猫でもOK)
4000円+1000円です。
かなりラッキーな待遇ですわよ!
吹田市、高槻市も5000円で、素晴らしい財政状況ですわね

(堺市のねこ不妊手術助成金)
1申請者あたり2頭まで、助成頭数は300頭
申請期間:H21年8月10日~10月31日助成頭数に達し次第終了。
助成金は指定獣医師での不妊手術終了後、再度請求するのではなく、
指定獣医師からの請求額から助成額を差し引いて支払う。
その際堺市獣医師会からも1,000円の助成が受けられる
術前申請・詳細HPまで 堺市のメスねこ助成金
部署名 : 動物指導センター
電話番号 :072-228-0168
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。