ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌づくり

毎年、
お茶の師匠が、手作りで味噌を作っていて、
一緒に味噌作りをしたかったのですが、
平日ということもあり、
毎年断念し、
作ったお味噌をいただくだけでした。

が、
10年近くの念願かなって、
お味噌作りを体験してきました


探せばあったのです

大阪市の市民講座で、
お仕事していても大丈夫な日時で、
手作り味噌の講座の開催があったので、
応募し、行ってきました


白味噌と普通(赤)味噌が選べ、
ビジネス目的ではないので、
とてもく良心的なお値段です

   普通(赤)味噌4kg =2300円
   白味噌3.7kg =2300円 


初心者なのに。。。

何も考えず、
赤味噌と白味噌のどちらもほしく、
どちらも作ることに
 ほとんど皆さん、どちらか一つでした


白味噌と普通味噌の材料です。
DSC07418.jpg

材料は、
いたってシンプルですね

大豆                     こうじ                    塩
DSC07423.jpg DSC07421.jpg DSC07422.jpg


作り方もいたって、シンプルです

大豆をこねて

麹をまぜて
ひたすら、こねます
DSC07424.jpg

結構、力がいります
翌日筋肉痛に!?
DSC07425.jpg

白味噌にかぎり、水300ccを2回に分けていれます
DSC07428.jpg

手のひらに収まる程度に、丸めます。
空気が入って、かびないように、しっかりと丸めます。
結構、力がいりますよ。手が痛くなります
DSC07429.jpg

容器に入れます。
DSC07430.jpg

普通(赤)味噌にかぎり、真ん中にくぼみを作ります。
ここに、にたまり醤油ができるようです(必ずしもできるわけではなく、できればラッキー)
DSC07433.jpg

白味噌と普通(赤)味噌、
各4kgが出来上がりました
s-DSC07435.jpg


発酵させる必要があるので、
普通味噌は、半年 ((11月→5月)

白味噌は、1ヶ月 (11月→12月)
お正月のお雑煮に間に合います。


冷蔵庫にいれなくても、2年も、もつってすごい
普通味噌は、 
1.5年あたりが一番ベストらしいです。

今回は、
お安くて、かさばらないので、
100円ショップのプラ容器にしましたが、

来年からは、
毎年作るから、
カメにしよ~。
カメが味噌作りには、一番最適らしいです。

4kgの味噌を作るなら、3号(5.4L )のカメがよく
コーナンで1980円くらいで売っているようです。




手づくり味噌(赤味噌) 

材料 赤味噌

カメ    ・・・・・4kgをつくるなら、3号(5.4L)
蒸した大豆 ・・・・・4kg
塩     ・・・・・1kg
こうじ   ・・・・・3kg
 

作り方
1)蒸した大豆をつぶします(粒の形がなくなるまで)
2)ビニール袋の中で、塩と麹をしっかりと混ぜます。
3)①と②をビニール袋の中でまんべんなく混ぜます。
4)③野球のボールくらいの大きさに丸め、
  中の空気を抜くように固めます
5)みそ玉をカメの底にたたきつけます。
  空気を抜くために、上から押さえます。
  最後に、真ん中にくぼみを作ります。
6)つめ終わったら、容器の内側を乾いたふきんで拭き、
  味噌の表面にラップをかけて、空気にふれないようにします。
7)冷暗所で6ヶ月保存し、出来上がり。


ポイント
・塩をまんべんなく、混ぜ合わせること
・空気をしっかりと抜くこと
・扱いを清潔にすること
・発酵させるときは、小分けにせず、大きな容器を使い、
  発酵が終わったら、小分けにして、冷蔵庫。


手づくり味噌(白味噌) 

材料 白味噌

カメ    ・・・・・3.75kgをつくるなら、3号(5.4L)
蒸した大豆 ・・・・・1.63kg
塩     ・・・・・1.87kg
こうじ   ・・・・・0.25kg
水     ・・・・・600CC

作り方
1)蒸した大豆をつぶします。(粒の形がなくなるまで)
2)ビニール袋の中で、塩と麹をしっかりと混ぜます。
3)①と②をビニール袋の中でまんべんなく混ぜます。
4)まんべんなく混ざったら、たね湯(熱湯)300CCをいれてしっかりと混ぜます。
   (熱いので、真ん中にくぼみをつくりそこにお湯をいれてます。)
5)混ざったら、さらにたね湯(熱湯)300CCをいれてしっかりと混ぜます。
6)③野球のボールくらいの大きさに丸め、
  中の空気を抜くように固めます
7)みそ玉をカメの底にたたきつけます。
  空気を抜くために、上から押さえます。
8)つめ終わったら、容器の内側を乾いたふきんで拭き、
  味噌の表面にラップをかけて、空気にふれないようにします。
9)冷暗所で1ヶ月保存し、出来上がり。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
最新の記事
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。