ブログパーツ

寝苦しい夜を乗り切る知恵

熱帯夜、
寝苦しい夜、
昔の人はどんな知恵で乗り切っていたんだろ~

エアコンという便利な道具を使えばいいのですが・・・
そうじゃない選択をする人の一人です

エアコンは、
9月の残暑あたりまで使いません。
   でも、今年はどうだろ~



忘れられてしまった
日本で古くから行われてきた風習を
活用していたいものですね


いろいろと熱中夜対策を始めました

風鈴でα派
風鈴の音には
「1/fゆらぎ」という音が含まれていて、
脳内にα波が発生してリラックス効果があります。

風鈴を買ってきて
つるしましたが、風がないので、
オブジェになってますが・・


凍らせたもので体感温度を下げる
夜寝るときに、
氷枕や保冷剤(アイスノン)、
ペットボトルに水を入れて凍らせたものを使用します。
 ・タオルに巻いておでこにはちまきをするように巻いたり、
 ・ペットボトルは、タオルに巻いて、首すじにいれると、
  ちょうどフィット感があって、いい感じです
 ・布団の中、足元にいれる
これだけで、体感温度は下がります。

凍らせたペットボトルの活用
扇風機の前に凍らせたペットボトルを置くと、
冷たい風が吹きます。


寝る前に氷を口に入れて、
かまずに自然に溶かすと、
口の中に冷たい空気が流れます。


すだれと風
すだれをつるし、
各部屋の窓を全開にして
風の通り道をつくります。

素材
  寝巻きや就寝具などの素材にも気をつかいましょう。
  通気性の良い麻などの生地は、
  体感温度を下げることができます。
  甚平(じんべい)もおすすめ。

マット・シーツ
枕・布団といった寝具を、整える。

①通気性にすぐれ、吸水性のある素材を使用すると
  体感温度を下げることができます。

②ゴザのマット
  い草の香り 落ち着きます
  汗の乾きも良くて、べたつき感がないようです


③竹シーツ
  ひんやりして暑さ対策にグッド!
  隙間が多く設計されているので、熱がこもりにくい
  汗やベタ付きがまったくなく、サラリとした感触。
  竹チップが小さくて細かいヤツの方が寝心地が良い

④冷感ジェルマット
  水分をたっぷり含んだジェルを内蔵しており、体の熱をゆっくりと吸収するという。
  使い始めの一時間ほどで温ってしまう



ござか、竹シーツ、迷ったあげく、
竹シーツにしました。
DSC06597.jpg


あけてびっくり
ニオイがすごすぎ、
竹の香りではなく、強烈な化学薬品のニオイで、
3日ほしても、ほんのり残ってます
竹シーツ、意外と重いので、干すのが大変でした


最初は、
喜んで使っていました。

数日して、
体、特に首に痛みを感じるようになり・・・

1週間くらい、不眠が続いていたのですが、
暑いからと思っていたら、

もしかして、竹シーツ?

竹シーツをはずして寝たら、
ぐっすり眠れました

ひんやり感は気に入っていたのですが、
寝るときは、柔らかい素材のほうが・・・

また、新たなる知恵を求め
今年も熱帯夜をのりきります
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
最新の記事
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種