ブログパーツ

マントラ Deva Premalデヴァ・プレマール

⑥OM NAMO BHAGAVATE / ①Om Namah Shivaya / ②Homage to Krishna / ③Aad Guray Nameh / ⑧Om Tare Tuttare / ⑨Yemaya Assessu / ⑦Gayatri Mantra / ⑤Jai Radha Madhav / ⑫OM RAM RAMAYAa / ⑬Radhe Govinda  ラーデ ゴヴィンダ / ⑰LOKAH SAMASTAH  ロカァ サマスタ / Gate Gate Paragate mantra

OM NAMO BHAGAVATE- Deva Premal

 OM   NAMO   BHAGAVATE    VASUDEVAYA
 オーム ナモー  バガヴァーティ  ヴァスディ ヴァーヤ
意味
  ・神聖なるクリシュナ神に帰命したてまつる
  ・至高神であられるヴァースデーヴァ(クリシュナ)に帰依いたします。
ヴァースデーヴァは、
「ヴァスデーヴァの子」を意味するクリシュナの別名であり、
「ヴァスデーヴァ」はクリシュナの父の名です。
このマントラは、クリシュナを讃えるマントラとして、
さまざまなメロディーがつけられたバジャン(宗教讃歌)として、頻繁に歌われます。


Om Namah Shivaya オンナマシバヤ - Deva Premal

 Om Namah Shivaya
 オンナマシバヤ
意味
 ・シヴァ神に敬意を表します。シヴァ神を拝み奉ります
 ・om  :聖なる呼びかけの言葉。
  namah :敬意の表明、ご挨拶。南無阿弥陀仏(アミダ仏に敬意を表します」の「南無 namo」と同じ。
  Shivaya:Shivah 「シヴァ神」ヒンドゥー教3大神の1人。
 ・シヴァ神はひとりの神ではなく、気づきという聖なる力のことを示す。
   気づきとは、私たちにとってすべての存在における根本であり、本質である。
   気づきとは私たちの真実の姿であるがゆえに、
   シヴァ神は心の深奥にある真我と同等とみなされる。



Homage to Krishna - Deva Premal

 Hare krishna     Krishna krishna    Jai jai
 ハーレ クリシュナ  クリシュナ クリシュナ  ジェイ ジェイ
 Hare rama       rama rama   Jai jai
 ハーレ ラーマ    ラーマ ラーマ  ジェイ ジェイ
 Jai jai      ram om     krishna hare 
 ジェイ ジェイ ラム オム   クリシュナ ハレ
意味
 ・ハレ エネルギーを意味する
 ・クリシュナ最高主の名前
クリシュナに御栄えあれ、クリシュナ、クリシュナ、栄光あれ、栄光あれ
ラーマに御栄あれ、ラーマ、ラーマ、栄光あれ、栄光あれ
栄光あれ、栄光あれ ラーマ オーム  クリシュナに御栄えあれ
栄光あれ、栄光あれ ラーマ オーム  クリシュナに御栄えあれ


Aad Guray Nameh  - Deva Premal


Aad Guray Nameh   - Snatam Kaur

 Aad Guray Nameh   Jugad Guray Nameh
 アッド グレイ ナメェ  ジュガドード グレイ ナメェ
 Sat Guray Nameh   Siri Guru Dev Nameh
 サット グレイ ナメェ  シリ グル デヴェイ ナメェ
意味
根源的な知恵を敬います。時代を越えた知恵を敬います
真実の知恵を敬います。偉大なる見えざる神の知恵を敬います


Om Tare Tuttare- Deva Premal
ターラー菩薩を呼びだすマントラ

 OM  TARE  TUTTARE  TURE SWAHA
 オン タァレ トゥタァレ トゥレ ソワハ(ソーハー)
意味
 ・Swaha・・・成就する。ソワカ
 ・「空、母、恐怖からの解放、受容し与える」
 ・私を取り巻くさまざまな苦しみから解放してください。
 ・すばやく私を助けてくれるターラよ。私を縛り付けるすべてのものから解放してください。
   そして 私の魂が安らかでいられるように助けてください。
 ・Taraさま あなたの愛と光で今ここにあるすべての苦しみを、洗い流してください
   そしてこれから起こるすべての苦しみから、お守りください
 ・この世の苦しみ、無知から解放され、慈悲に導かれる時、我々はTara(慈悲の菩薩)となる
マントラを唱えた後、ゆっくりと呼吸を繰り返しながら、
吐く息とともにからだの外にそれらを出していくと、外に存在していた苦しみが姿を消す。
苦しみがあった場所には、Taraさまの愛情が注がれて
からっぽのこころとからだが、やさしい光で満たされる。
TUTTAREは、ふたりのTaraさまがそれぞれに、
わたしたちを愛情で包み込んで、内外に存在する8つの恐怖からの解放してくれる。

8つの恐怖とは、
1)慢心 ライオンと高慢 
2)邪見 野生の象と妄想
3)怒り 山火事と憎悪
4)嫉妬 蛇と嫉妬
5)貪欲 泥棒と狂信的な考え
6)執着 監獄と強欲
7)無知 洪水と肉欲
8)疑念 悪魔と疑念 主な危険は内的恐怖から来る。

ターラー菩薩とは
世界中で一番高い山の頂(チベット)に、観音菩薩が住んでいました。
観音菩薩は地上を見下ろしては、苦しむ存在を助けようとしていたのですが
すべてのものを救うことができずに、その目は涙で溢れてしまいました。
その慈愛の涙がこぼれ落ちた場所には蓮の花が咲き
右目の涙からは白いターラー菩薩が、
左目の涙からは緑ターラー菩薩が生まれました。
観音菩薩は、あらゆる方角を見渡して助けの必要な存在を見つけるとターラーに知らせました。
急いで助けが必要な人には、緑のターラーが風のように素早く駆けつけ、
優しさや慈愛が必要な人のところへは、白いターラが近づき
恐怖を超えられるよう力を与えてくれるのです。



Yemaya Assessu- Deva Premal

 Yemaya Assessu   Assessu Yemaya
 ヤマヤ アッセス   アッセス  ヤマヤ
 Yemaya Olodo   Olodo Yemaya 
 ヤマヤ  オロド   オロド ヤマヤ
意味
  ・魚の子供たちの母(川)が海に出会うという意味
  ・すべての生命の母とされる YEMAYA はアフリカのヨルバの海の神。
  ・Yemaya(イェマヤ:もしくはYemojaイェモハ)は、
    すべての生命とすべてのOrishaの母親です(オバタラの妻ともされている)
    彼女は海および湖を支配する神さま。
    海は地球のあらゆる生命の出生地、いまある世界が生まれ出てきた“子宮”を象徴するものであり、
    Yemayaはその「すべての母」たるシンボルとなっている。


Gayatri Mantra Meditation ガヤトリマントラ- Deva Premal

 Om bhoor-bhuvah svah tat-savitur-varennyam
 オーム ブァ ブバー スワハ タット サビトゥル ヴァレヤム
 bhargo devasya dheemahi dhiyo yo nah pracho-dayaat
 バルゴ デバシャ ディマヒ ディヨ ヨナハ プラティオダヤ
意味
生命の経験において存在を照らす本質こそ崇拝すべき一体感
微細な瞑想的知性により、悟り意識の輝きを全ての存在が知覚できますよう



Jai Radha Madhav ジェイ ラーダ マタヴァ- Deva Premal 

 Jai radha madhav     Jai kunja vihari
 ジェイ ラーダ マーダヴァ  ジェイ クンジャ ヴィハリ
意味
クリシュナに献げられた唄




OM RAM RAMAYA オン ラム ラマヤ- Deva Premal

 Om Ram Ramaya   Swaha      Om Ram Ramaya  Swaha     Om
 オン ラム ラマヤ  スヴァーハー  オンラム ラマヤ アースヴァーハー オム
意味
ラマ=気持ち、喜び
Om ram ramaya- 神聖なる光につながっているという喜びの感覚を味わいましょう




RADHE GOVINDA -Deva Premal

 Radhe  Radhe  Radhe  govinda    Radhe  Radhe  Radhe  Gopala
 ラーデ ラーデ ラーデ   ゴヴィンダ  ラーデ ラーデ  ラーデ   ゴーパル
意味
Radhe :ラーダー(クリシュナの恋人)
Govinda:クリシュナには別名ゴパーラ(Gopala、牛飼い)、ゴーヴィンダ(Govinda、牛と喜びの保護者)、
     ハリ(Hari、奪う者)、ジャガンナータ(Jagannatha、宇宙の支配者)など。


LOKAH SAMASTAH ロカ サマスタァ -Deva Premal

 Lokah Samastah Sukhino  bhavantu
 ロカァ サマスタ  スキノ  バヴァントゥ
 Om   shanti   shanty   shanthi・・・
 オーム シャンティ シャンティ シャンティヒ・・・
意味
Lokah: 場所、領域、現在存在している宇宙すべて
samastah: 同じ場所を共有しているすべての存在(いきとし生きるもの)
あまねく世界が幸せになりますように、平和、平和、平和・・・



Gate Gate mantra - Deva Premal

Gate Gate Paragate mantra

 Gate  Gate  Paragate    Parasamgate   Bodhi  Svaha
 ガテー ガテー パーラガテー  パーラサンガテー ボーディスヴァーハー
意味
 往けり、往けり、越えて往けり、全てを越えて往けり。なんという目覚めよ、鳴乎!
 サンスクリット語のマントラ。
 日本でも有名な般若心経の最後の一説。
 般若心経のメインのオチの部分でもあり、最もパワフルな部分でもあります。
 Gate(ガーテー)とは、英語で言うとGoneになります。
 日本語だと、「行った」という解釈になりますが、ParagateのParaはBeyond。
 つまりは、「あちら側へ行った」「今の領域を越えて行った」というような意味合いになります。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種