ブログパーツ

チャクラについて

ストールハナマル
スペインマドリッドで購入したもの
フランスパリで購入したもの
そして、大阪本町わらで購入したもの

一列に並べてみましたクレープ
じゃ、
何か、チャクラに対応してるっぽくないですかぷっくりハート


bDSCF19412.jpg




ストールは、オーラソーマに直接関係はないでど、
チャクラ繋がりで桜



【チャクラとはハナマル
脊椎にそって、尾てい骨から頭頂までの間に7つの基本のチャクラがあります。
チャクラというのはヒンズー語で「エネルギーの輪」という意味です。
その場所で、対応する色が、回転していると考えられていて、
魂と肉体を繋ぐ伝達機関及びコントロール室と言われています。
全てのチャクラを活性化し、バランス良くする事で、私達の体は、健康な状態でいられます。


【それぞれのチャクラの特徴や対応場所】
チャクラ 対応場所  特徴

第8 マジェンタ 身体の外、頭の上、身体の外側
日常的な小さな子とに向けられる愛。人に奉仕する愛。暖かさとつながった


第7  クラウンチャクラ・王冠のチャクラ。
大多数が不活性
松果腺に対応。脳の上半分と右目を支配。頭頂
宇宙のエネルギーとつながる場所。
つながることによって、怒りは理解へ、憎しみは愛へ、所有欲は自由へと変換する。


第6  ロイヤルブルー 第三の目・額のチャクラ。
知性で得た洞察と直感で得た洞察を融合
脳下垂体に対応。
脳の下半分、神経組織、耳、鼻、人格の目である左目を支配。
額アイデアと想像力の中心。
自己表現を支配している。
心配、不安があって、しかめ面をしている時に癒すと自分の内部の肯定的な部分と共鳴できるようになる。


第5  喉のチャクラ。
コミュニケーション。
言葉で自分の考えを洞察。フィーリングの表現
甲状腺に対応。
肺、声帯、気管支、新陳代謝を支配。喉。
表現と伝達のセンターで判断を下す場。
自分を正直に表現するのが恐かったり、理解されないと思っているとつまってしまう。
ここで怒りを解放し自分にも他人にも持っているよくない感情を解き放つと、自由に表現でき、肯定的に意見を聞けるようになる。



第4.5 ターコイズ アナンダカンダセンター。胸の上部。胸腺
マスコミュニケーションの分野。
人は情報を世界にすばやく伝えることが出来ます(世界とひとつ)



第4  ハートのチャクラ。
「愛」。暖かさと共感
胸腺に対応。
心臓、血液、循環器、免疫、内分泌組織を支配。胸。
ここで恋をするハートを癒すことによって、自分に自信がつき自分を愛することが出来るようになり、自分にも他人にも平安を与える。


第3  太陽神経叢。
パワーのチャクラ。すでに習得した知識
膵臓、胃、胆嚢、脾臓、神経組織の一部の働きを支配。みぞおち。
感情と個人の権力問題のはけ口。物や人、自分の一部を失うんではないかという恐怖などでつまってしまう。ここを癒すと、自分が好きになり、自信が持て、自由になれる。



第2 オレンジ  性のチャクラ・創造性のチャクラ。
クリエイティビティ
生殖器に位置。創造力と性に関する体と心の問題を支配。卵巣/睾丸
非創造的で、非生産的なのではないかという恐れ、罪悪感、対立、混乱、心配などの人間関係によって、つまってしまう。


第1  ベースチャクラ・根のチャクラ。
人を物質的な世界につなぎとめます。
「生き残ること」生命力、保護、植物、お金
副腎に対応。
腎臓、脊椎の機能の支配。(別名生き残りのチャクラ) 尾てい骨
地に足をつけるためのチャクラ。
危険からの恐怖、怒りを感じ、不安、生存の欲求、所有欲、物質主義が巣くう場所。
自分のことを恥じていたり、価値がないと思っていると、つまってしまう。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

記事リスト
カレンダー
カテゴリー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
プロフィール

 美心

Author: 美心
宇 宙 ・ 自 然 ・ 地 球
霊 性 ・ 精神性 ・ 人間性

☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

・役割を超えて自分でいること
・どこにいても自由でいること
・ハートをオープンに感謝の心で
  心穏やに、心豊かに
   
・誕生数『44』、黄色い月の種、
太陽『乙女26度』,月『牡牛1度』

 カウンター
ビジター数
月齢