ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス④  ウーフフランス~'17

今回のフランス旅行は、

大西洋側に行くので


折角なので

大好きな赤ワインの聖地
ボルドー地方のワイン畑で
Woof体験が出来るところを探しました。



WWOOFの説明は、こちらの記事で↓
WWOOF(ウーフ)



ボルドーだし、

ワイン農家がた〜くさんあるのかと思いきや、


意外と少なく

ここぞ!と思う農家さんを探すのは、

簡単ではなかったです。



今回は、

ワイン農家をメインに、

20軒ほどの農家さんに連絡をとり、

やっと2軒からOKをもらえましたウインク


めげずに何度も何度も連絡を取りました。



そして、

みつけました。



ペリゴール地方

アキテーヌ地方  Aquitaine

ドルドーニュ県 Dordogne   Read more

Saint-Aulaye  ル・サントーレ



最寄り駅は、

COUTRAS駅
CHALAIS駅
SAINT-AIGULIN-LA-ROCHE-CHALAIS駅 です。



Saint-Aigulin ou Chalais  サン=テギュラン

最寄駅からもかなり遠く、
バスもないので、
ウーフホストが最寄駅までわざわざ車で迎えにきてくれました。



農を生業としているホストではなかったのですが、

ワインが好きで趣味で自家用ワイナリーもあり、

そのワイン畑や、

家の枝や木を切ったり運んだり、
31.jpg 32.jpg

34.jpg





プールのタイルや部屋の壁を剥がしたりと

1週間、お手伝いをしてきました。
20.jpg
21.jpg 22.jpg

24.jpg



関連記事
スポンサーサイト

フランス③  ボルドーBordeax~'17

ワインが好きで、

中でも大好きな赤ワインの聖地ボルドーへ

いつか行ってみたいっと思っていたら、

縁が繋がりました。




アキテーヌ方 Aquitaine

フランスで三番目に大きな地方

ボルドー要する赤ワインの産地です



PARIS MONTPARNASSE(パリ・モンパルナス)駅から

BORDEAUX ST JEAN(ボルドー)駅まで、

TGVにて約3時間30分。




アキテーヌ地方 ジロンド県 Saint=Émillion(サン=テミリオン)
サン・テミリオンはボルドーから東に約40キロほど行った町

Read more at: http://jp.france.fr/ja/news/42405


ワイン好きな方なら、誰もがご存知ですよね。

というくらい有名なワイン好きの聖地


でも、私は
今回の旅をするまでこの地を知りませんでした。

旅にでると、
こういった知らない世界をしる機会があるのが醍醐味ですね。



<アクセス方法>
*電車の場合

Bordeauxから、
サンテミリオン行の電車(SNCF)が出ています。(約40分)

*バスの場合
Bordeauxのオフィス・ドゥ・ツーリズムに行くと、
たくさんのツアーやバスが紹介されています。
(シャトー巡りもできます)


また、Bordeaux (ボルドー)のオフィス・ドゥ・ツーリズム)前のバスターミナルから、
サンテミリオン行のバスが出ています。(302番)



アキテーヌ地方 ジロンド県

ソーテルヌ 村

(Le département de la Gironde) Sauternes

にあるリュル=サリュース家所有の シャトー ( ワイン 生産者)で、

ソーテルヌ・ワイン に

Château d'Yquemがあります。


昔に飲んだことがあり、

(ワイン好きの方と食を共にした時にご馳走になりました)

一飲惚れしたワインですが、

そんな飲める代物ではありません。





今回は行けませんでしたが、
機会があればいってみたい地域
・アキテーヌ地方 ドルドーニュ県
・ビアリッツ
  chanel大西洋側で、気候が年中穏やかです。
  ボルドー、スペイン国境まですぐの美食の村々近くです。
・Cambo-les-Bains 
・アルカション,ランド

大好きなガレット
IMG_0524.jpg
IMG_0710.jpg
IMG_0867.jpg
関連記事

フランス②  オレロン島~'17

フランスに行った時は、
パリやパリ周辺を巡っていましたが、


今回は、足を伸ばして、大西洋側の地方へ。
ボルドーやオレロン島。



ポワトゥー地方 Poitou-Charente
oreronregionals_201207_03.jpg


フランス中西部

日本でいう、

端の九州地方みたいな感じでしょうか。


パリよりTGV(フランスの新幹線)で

1時間20分新幹線



ポワトゥー=シャラント地方は、

海にも小さな島が点在しています。

その小さな島にいってきました。
oreronMap-Region-Poitou-Charentes.jpg

 


ポワトゥー=シャラント地方は、
歴史的には、
何度も歴史の表舞台となったポワティエやラ・ロッシェル
軍事的に重要な役割を演じた場所が
数多くあります。



古くから
パリとボルドーを結ぶ都市として栄えた地域で、

街中には現在もロマネスク建築が
たくさん残っています。





大西洋の恵みを受ける
ポワトゥー・シャラント地方は、

貝やエビなどシーフードが自慢



マレンヌ・オレロンの牡蠣、

ムール・ド・ブッショ(ブッショ=杭を使って養殖したムール)


仔羊、

ファルシ・ポワトゥヴァン(キャベツの肉詰め)、

オー・ポワトゥー地方のメロン、

モジェツト(白インゲン豆)、

レ島のジャガイモ、

ポワトゥー・シャラント地方のバター


など、グルメをうならせるお料理がもりだくさん。





チーズには山羊のチーズ
「シャビシュー・デュ・ポワトゥー」



デザートとしては、

トゥルトゥー・フロマジェ
(山羊のチーズが入ったケーキ)、


ブロワイエ・デュ・ポワトゥー
(大型のガレット)、

などがあります。




これらの料理をよりいっそう美味しく引き立たせる

地元の銘酒
ピノー・デ・シャラント
(ブドウ果汁にコニャックを加えたヴァン・ド・リキュール)、

コニャック Pineau des Charentes, Cogna
赤ワイン白ワインシャンパン白ワインロゼワイン赤ワイン




この地方のオレロン島に滞在しました。

フランス人の避暑地です。

アジア人は全く見つかりません。

o0480064113997632892.jpg o0480064113997633015.jpg


o0480064113997632944.jpg o0480036013997632983.jpg

o0480036013997633061.jpg 

o0480010613997633099.jpg o0480012413997633135.jpg

o0480036013997633174.jpg






Air BNBのお宿はとっても新設で、
フランス的なお家でした。



食いしん坊の私が興味があるのは、

こちら💁
IMG_0601.jpg

IMG_0600.jpg

このお店の牡蠣は最高でした!


横並びでオイスターバーがあります。
牡蠣6個とワインで7€
IMG_0685.jpg







その他にも美味しいお料理
IMG_0584.jpg


o0480064013997633406.jpg




今回は行けませんでしたが、
気になったお店です。

モンモリオンのマカロン
螺旋状にしぼった生地がばらの花のようなマカロン、モンモリオンのマカロン。
全体的にしっとりしてアーモンドをしっかり感じるマカロンです。
住所 34 Boulevard de Strasbourg 86500 Montmorillon
電話 05 49 83 03 38

ポワトゥー・シャラント地方Read more
関連記事

フランス①  ~'17

大好きな国、

フランス



'08.'09'10'14 に渡仏して、
今回が5度目です。



旅をするのは、

自由を謳歌する感覚を得られるし

日本の価値観とは違う世界で生きている人の生き方にふれて、

新しい視点を見出させてくれるからです





35カ国程を旅してきましたが、


2回以上訪れた国は、

ニュージーランド、

スペイン3回、

中国3回、

韓国2回


そして、フランス🇫🇷5回です。




好きなワイン
IMG_0515.jpg

好きなガレット
IMG_0710.jpg

好きなフレンチ
IMG_0536.jpg IMG_0584.jpg

関連記事
記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。