ブログパーツ

川口由一さん主宰の赤目自然農塾

自給自足は、簡単なことではなく、
経済社会の一員でいる方がある意味とても楽ですが、
それでも、できる範囲で、
自然に寄り添う生き方を選んでゆきたいと思っています

先月、
奈良の赤目自然農塾の見学に行ってきました
DSC07233.jpg DSC07240.jpg

DSC07250.jpg



自然農法には、4種類があります。
1.自然農(不耕機栽培)
2.自然栽培
3.MOA自然農法
4.炭素循環農法


その中でもとりわけ興味をもったのが、
あれダメ、これダメ、こうじゃないとダメというのではなく、
自然のままに育つ
川口由一さんの自然農


その川口由一さんが主宰するのが、
赤目自然農塾

赤目自然農塾では、
法則1 耕さない →土が肥える。自然の植物は耕さなくても育っている。
法則2 肥料・農薬を使わない  →生態系が保たれる
法則3 草や虫を敵としない  →作業が楽で、命豊かな畑になる。

という考えの元、自然の流れ・循環・仕組みに沿った栽培をおこなう農法。
それを『自然農(しぜんのう)』と呼んでいる。

自然のままの命のサイクルが、最適な作物を育てる。
そのサイクルを守ることで、永続的な農法が可能になるという発想から、
作物の生命力と、その土地の気候、土質に応じて、
必要最小の手助けをする栽培法を実践している。


自然農という考え方
・命という観点

・天然自然が、
  過不足なく、誤ることなく、生きる糧を用意しています。
  それが自然です。自ら然(しから)しめるのです。

・手を貸すのもできるだけ余計なことをしないで最小限度にとどめておいて、
  あとは大自然の営みにまかせる、あるいはお米の生命にまかせる。
  自然の作物を自然に任せておくと自然に育っていく。
  私たちがするのは、あくまでも手助け。

・お金を中心にした貨幣経済の中で生活が約束されているのではなくて、
  生かされるのはこの大自然界で、
  大自然界には生きるに必要なものは全部用意されている

・他から持ち込まず、全てをその土地で循環させる。
  作物を育む大地に負担をかけない。

・その土地で取れる作物の量は自然と決まっている。それ以上求めてはいけない

・すべて自然に任せる事が、永続可能な農へと繋がる


川口由一 2004 自然農法実践家 「自然に沿って生きる」


Yoshikazu Kawaguchi's Natural Farming Method (1/2)

Yoshikazu Kawaguchi
Principles
Fukuoka distilled natural farming into five principles:[10]
1.No tillage
2.No fertilizer
3.No pesticides (or herbicides)
4.No weeding
5.No pruning

赤目自然農塾の年間の主な農事暦
1月 新年の田畑を一巡。収穫祭と新年会。
   新年度にむけての再確認と抱負。運営の話し合い(全体で、スタッフで)。
2月 お米づくりのスタート。田んぼの案内と場所の決定。整地と畝作りなど。
3月 整地と畝作り、畦の補修、ジャガイモの植付けなど。
4月 水稲、陸稲の種おろし、サトイモの植付け、夏野菜の種おろしなど。
5月 陸稲の種おろし、夏野菜の種おろしと手入れ、畦の補修、畦草刈りなど。新年度の名簿を配布。
6月 麦刈り、田植え、除草、サツマイモの植付け、ダイズの種おろしなど。
7月 麦の脱穀、水管理、畦の補修、除草など。
8月 水管理、畦の補修、畦草刈り、秋野菜の種おろしなど。
9月 水管理、秋冬野菜の種おろしなど。基金の会計報告。
10月 稲木の立て方、稲刈り、冬春野菜の種おろしなど。
11月 麦まき、お米の脱穀、籾摺り、エンドウ、ソラマメの種おろしなど。
12月 お米の脱穀、籾摺り、稲藁ふり、タマネギの植付けなど。
   大掃除、地主さん、区長さんへの挨拶。次年度に向けて継続、卒塾、希望、要望などの受付け。
関連記事

国際交流茶会の着付けボランティア

茶道を習って、10年
講師のお免状も頂いているのに、
活用しておらず、

茶道の師匠に、
お茶を教えられるレベルなので、教えた方がいいと助言され、

それならば・・・と
日本文化の茶道を
外国の方々に知ってもらいたいと思い、

7月頃に、
某大阪の国際交流団体に
すぐにボランティア登録をしていました
  語学ボランティアの依頼は、多いらしいのですが
   文化ボランティアは、レアで、年に数回の依頼があればいい方なのですって



ゆったり待っていたら、
着物の着付けのボランティア依頼がきました


某団体が
留学生に日本の伝統文化「茶道」を着物を着て体験してもらうという
イベントを毎年されていて、

その国際交流茶会の着付けのボランティアとして、
留学生への着付けを手伝ってきました


着付けは・・・

大学時代に、
着物が一人で着れるようになりたくて、
京都に住んでいたこともあり、

せっかくだし、一石二鳥だし・・・と
京料理のお店でお運びさんをしていました

先輩かたがたから、
着付けを教わり、

老舗の京料理店だったので、
簡易な着物ではなく、
キチンと長襦袢もきて、着物もきて、
お料理をお運びしていました

着物を着て、あっちゃこっちゃ、
時には2階の階段も上がり下がり

ぎりぎりに着いた時は、
慌てて着物をきたり、

動きすぎて、はだけてきた時は、
どこをどうしたらいいか

身体が覚えたものは、
中々忘れないですね

名古屋帯だったら、
何年たっても、
ずっときていなくても、
一人で着れます


なのですが、

人に着せたことは、
友達に、遊びで着せたくらい・・・


無謀なチャレンジでしたが、
意外とサラサラっと着せれました


s-IMG_0808.jpg

みんな楽しそうに、
一服が終わっても、
ずっと写真を撮っていました

日本文化を楽しんでくれてる光景が、
すごく嬉しかったです


関連記事

味噌づくり

毎年、
お茶の師匠が、手作りで味噌を作っていて、
一緒に味噌作りをしたかったのですが、
平日ということもあり、
毎年断念し、
作ったお味噌をいただくだけでした。

が、
10年近くの念願かなって、
お味噌作りを体験してきました


探せばあったのです

大阪市の市民講座で、
お仕事していても大丈夫な日時で、
手作り味噌の講座の開催があったので、
応募し、行ってきました


白味噌と普通(赤)味噌が選べ、
ビジネス目的ではないので、
とてもく良心的なお値段です

   普通(赤)味噌4kg =2300円
   白味噌3.7kg =2300円 


初心者なのに。。。

何も考えず、
赤味噌と白味噌のどちらもほしく、
どちらも作ることに
 ほとんど皆さん、どちらか一つでした


白味噌と普通味噌の材料です。
DSC07418.jpg

材料は、
いたってシンプルですね

大豆                     こうじ                    塩
DSC07423.jpg DSC07421.jpg DSC07422.jpg


作り方もいたって、シンプルです

大豆をこねて

麹をまぜて
ひたすら、こねます
DSC07424.jpg

結構、力がいります
翌日筋肉痛に!?
DSC07425.jpg

白味噌にかぎり、水300ccを2回に分けていれます
DSC07428.jpg

手のひらに収まる程度に、丸めます。
空気が入って、かびないように、しっかりと丸めます。
結構、力がいりますよ。手が痛くなります
DSC07429.jpg

容器に入れます。
DSC07430.jpg

普通(赤)味噌にかぎり、真ん中にくぼみを作ります。
ここに、にたまり醤油ができるようです(必ずしもできるわけではなく、できればラッキー)
DSC07433.jpg

白味噌と普通(赤)味噌、
各4kgが出来上がりました
s-DSC07435.jpg


発酵させる必要があるので、
普通味噌は、半年 ((11月→5月)

白味噌は、1ヶ月 (11月→12月)
お正月のお雑煮に間に合います。


冷蔵庫にいれなくても、2年も、もつってすごい
普通味噌は、 
1.5年あたりが一番ベストらしいです。

今回は、
お安くて、かさばらないので、
100円ショップのプラ容器にしましたが、

来年からは、
毎年作るから、
カメにしよ~。
カメが味噌作りには、一番最適らしいです。

4kgの味噌を作るなら、3号(5.4L )のカメがよく
コーナンで1980円くらいで売っているようです。




手づくり味噌(赤味噌) 

材料 赤味噌

カメ    ・・・・・4kgをつくるなら、3号(5.4L)
蒸した大豆 ・・・・・4kg
塩     ・・・・・1kg
こうじ   ・・・・・3kg
 

作り方
1)蒸した大豆をつぶします(粒の形がなくなるまで)
2)ビニール袋の中で、塩と麹をしっかりと混ぜます。
3)①と②をビニール袋の中でまんべんなく混ぜます。
4)③野球のボールくらいの大きさに丸め、
  中の空気を抜くように固めます
5)みそ玉をカメの底にたたきつけます。
  空気を抜くために、上から押さえます。
  最後に、真ん中にくぼみを作ります。
6)つめ終わったら、容器の内側を乾いたふきんで拭き、
  味噌の表面にラップをかけて、空気にふれないようにします。
7)冷暗所で6ヶ月保存し、出来上がり。


ポイント
・塩をまんべんなく、混ぜ合わせること
・空気をしっかりと抜くこと
・扱いを清潔にすること
・発酵させるときは、小分けにせず、大きな容器を使い、
  発酵が終わったら、小分けにして、冷蔵庫。


手づくり味噌(白味噌) 

材料 白味噌

カメ    ・・・・・3.75kgをつくるなら、3号(5.4L)
蒸した大豆 ・・・・・1.63kg
塩     ・・・・・1.87kg
こうじ   ・・・・・0.25kg
水     ・・・・・600CC

作り方
1)蒸した大豆をつぶします。(粒の形がなくなるまで)
2)ビニール袋の中で、塩と麹をしっかりと混ぜます。
3)①と②をビニール袋の中でまんべんなく混ぜます。
4)まんべんなく混ざったら、たね湯(熱湯)300CCをいれてしっかりと混ぜます。
   (熱いので、真ん中にくぼみをつくりそこにお湯をいれてます。)
5)混ざったら、さらにたね湯(熱湯)300CCをいれてしっかりと混ぜます。
6)③野球のボールくらいの大きさに丸め、
  中の空気を抜くように固めます
7)みそ玉をカメの底にたたきつけます。
  空気を抜くために、上から押さえます。
8)つめ終わったら、容器の内側を乾いたふきんで拭き、
  味噌の表面にラップをかけて、空気にふれないようにします。
9)冷暗所で1ヶ月保存し、出来上がり。
関連記事

熊野三山 & 熊野古道 Kumano Sanzan & Kumano Kodo

日本の古きよき文化

熊野バージョンの動画を作ってみました




熊野エリア
The Kumano area is located around the southern tip of the Kii Peninsula,
about 100 kilometers south of Osaka.
It spans Wakayama and Mie Prefectures,
though most of the attractions and religious sites are in Wakayama.

4951_map.gif


Kumano Sanzan 熊野三山
Kumano is centered around three shrines,
Hongu Taisha, Nachi Taisha and Hayatama Taisha,
collectively known as the Kumano Sanzan.  

kumano_kodo_map.gif

Kumano Hongu Taisha  熊野本宮大社
Kumano Hongu Taisha is one of the Kumano region's three famous shrines.
As well as enshrining its own deity,
Hongu Taisha also enshrines the deities of the other two Kumano shrines,
Hayatama Taisha and Nachi Taisha, and the sun goddess Amaterasu.
It serves as the head shrine of over 3000 Kumano shrines across Japan.
DSC06970.jpg DSC06981.jpg

Kumano Nachi Taisha 熊野那智大社
Kumano Nachi Taisha is one of the three Kumano shrines,
situated a few kilometers inland from the coastal hot spring resort of Katsuura.
The shrine is part of a large complex of neighboring religious sites
that exemplify the fusion of Buddhist
and Shinto influences that is particular to the Kumano region.
The site also boasts the tallest waterfall in Japan.

One of the highlights. Nachi Falls,
at 133-meters high, is the biggest waterfall in Japan.
It steals some spotlight from the last grand shrine, Kumano Nachi Taishai.
DSC07065.jpg DSC07109.jpg


Hayatama Taisha 熊野速玉大社
Hayatama Taisha is one of Kumano's three important shrines.
It is located in Shingu City on the southeast coast of the Kii Peninsula.
Together with the other two shrines, Hongu Taisha and Nachi Taisha,
Hayatama Taisha holds an important place in Japanese mythology.

While the buildings were rebuilt recently,
Hayatama Taisha has occupied the same spot on the Kumano Riverbank
since at least the 12th century.
In addition, religious artifacts that date back to the 3rd century
are evidence that the area has been a site of worship for much longer.
In fact, a Shinto creation myth claims that
three kami (Shinto deities) descended to earth
on a rock not far from the shrine.

As a result of its divine contact,
the rock has been worshiped as a sacred object.
An ancient tree (estimated to be over 800 years old) is located
inside the shrine compound and is also considered sacred.
These two kami highlight the importance of nature
worship to the area's beginnings.

Kamikura-jinja 神倉神社
DSC06940.jpg

Hananoiwaya-jinja  花の窟神社
DSC06908.jpg DSC06910.jpg



Kumano Kodo 熊野古道 Pilgrimage Routes

Pilgrims have traveled to the Kumano Sanzan via walking trails, called Kumano Kodo,
for over 1000 years.
The shrines are even older, with mention in Japan's founding mythology.
The region is infused with religious
and historical value that emanates from the three shrines.

The Shinto sun goddess' great grandson, Jimmu, came to Kumano
to unify the country as Japan's first Emperor.

To further add to the area's sanctity,
Kumano is often called "The Land of the Dead",
in reference to the belief that Shinto spirits
and family ancestors dwell here after they die.

In 2004, Kumano's religious treasures and pilgrimage routes
were designated a UNESCO World Heritage Site.
Named "The Sacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Mountain Range",
the designation also includes neighboring Koyasan, Yoshino and Ominesan.


kumanokodou.jpg

Kohechi 小辺路 The Mountainous Route to Kumano (高野山-熊野三山、約70km)
Kohechi connects Kumano with Koyasan.
This mountaintop route is long and challenging,
and consequently should not be undertaken without careful preparation.
Inns are rarely found without zigzagging up
and down the mountainsides into valley towns, greatly increasing the distance traveled.
Kohechi was used mainly by Buddhist monks from the temple complex of Mount Koya.

Kiiji 紀伊路(渡辺津-田辺)

Omine Okugake 大峰 奥駈 修験の道
Omine Okugake connects Kumano with Yoshino via Mount Omine.  
Like Kohechi, Omine Okugake is a long, difficult and dangerous route
that follows high mountain ridges and barely passes any towns
for much of its duration.
This route was used primarily
by followers of the Shugendo mountain worship sect.

Nakahechi 中辺路 The Imperial Route to Kumano(田辺-熊野三山)
Nakahechi is well preserved and relatively easy to walk,
leading through hilly, forested landscapes and occasional villages.
The section between Takijiri Oji (outside central Tanabe)
and Hongu is about 30 kilometers,
and can be done in a comfortable two days' walk
with an overnight stop in Chikatsuya Oji, where there are a few minshuku.
The trail ends with a decent into Hongu Taisha,
offering a spectacular view of the shrine's massive torii gate.

Daimon-zaka
DSC07125.jpg DSC07126.jpg

Ohechi 大辺路 The Coastal Route to Kumano(田辺-串本-熊野三山、約120km)
Ohechi follows the coast from Tanabe to Nachi Taisha.
This trail has virtually disappeared due to development
and the construction of modern roads.
At the height of its use between the 10th and 15th centuries,
Ohechi, along with Nakahechi and Kohechi,
is estimated to have seen the passage of over 30,000 people each year.

Iseji 伊勢路 The Eastern Route to Kumano(伊勢神宮-熊野三山、約160km)
Iseji connects Kumano with Ise Shrine in Mie Prefecture.
Like Ohechi, much of Iseji's coastal trail has been covered
by paved roads and towns.
Only short, isolated sections remain as stoned
or earthen trails today.
Among them, the Magose Pass in Owase City
and Matsumoto Pass in Kumano City are some of the most picturesque.



onsen (hot springs)  温泉
There are three onsen (hot springs) near Hongu:
Yunomine, Kawayu and Wataze.
The first two are small onsen towns,
while Wataze Onsen consists of only a single hotel complex,
Watarase Onsen, which is known
for having the largest outdoor bath in western Japan.
The bath is also open to non staying guests.

Kawayu Onsen 川湯温泉
Kawayu Onsen is a unique hot spring town located along a river.
To use the onsen, bathers dig a hole in the gravel riverbank
into which hot spring water then flows.
Cool river water is mixed with the hot onsen water
to bring the water to a temperature particular to the bather's desire.
In the winter, a giant rotenburo called the Sennin Bath is dug
in the same manner, and is available for free public use.

Kawayu Winter Rotenburo (Sennin Bath)
Hours: 6:30 to 22:00
Closed: Not available from March to November
Admission: Free

Yunomine Onsen 湯の峰温泉
Yunomine Onsen has such a long history that one of its baths,
Tsuboyu, is designated as a UNESCO World Heritage Site.
Pilgrims would perform purification rituals
in the hot spring water as part of the religious process of their pilgrimage.
Tsuboyu is one of two public bathhouses in Yunomine.
The other is the nearby Yunomine Public Bathhouse,
in which there are two separate bath areas.

Tsuboyu
Hours: 6:00 to 21:30
Admission: 750 yen
DSC07053.jpg
DSC07032.jpg DSC07024.jpg


Yunomine Public Bathhouse
Hours: 6:00 to 22:00
Admission: 250 yen (regular bath) 380 yen (Kusuri bath)



http://www.tb-kumano.jp/en/kumano-kodo/
By http://www.japan-guide.com/e/e4953.html
関連記事
記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種