ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージ・仲間へ

この惑星の住人へ 2013.02.26
この惑星の住人へ目を覚ましましょうUFO

宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ #1~23

●この惑星では、常にスピードが求められる
  何をそんなに急ぐ必要が あるんだろうか

●この惑星の住人は、働くという行為に とり憑かれているようだ
  しかも疲れることが 嬉しいらしい

●この惑星の住人は、物欲に支配されている
生きるために必要なものなどそんなにあるはずがないのに
  この惑星の住人はイチキュッパが 大好きだ

●この惑星の住人は、絶えず競い合い
無意味な順位をつけて喜んでいる

●この惑星の馬と呼ばれる生物は、人々の夢や希望を背負わされている
  この惑星では退職してからも きつい

●この惑星の住人は、川をみれば橋をかけ 山をみればトンネルを掘る
  みずから壁をみつけては それを乗り越えようとしている
  いったいどこへ 向かおうとしているのだろうか
  ただこの惑星の達成感は癖になる

●この惑星のお父さんという職業は、とにかく大変だ
  しかもなぜか 賃金がもらえない
  ただこの惑星でお父さんと呼ばれるのは ムズムズする

●この惑星の住人は、何万年ものあいだ 働き続けてきた
  猿のまま のんびり暮らしていたほうが 楽だったと思うのだが
  ただこの惑星の住人は これからも 働き続ける



目覚めていない仲間へ2013.02.16

東京の空を見上げていたら、幸せすぎて、涙あふれる
歩み出したら、同じ方向を向いた仲間に出逢える!
エゴより愛を選べる仲間、本当にいるっ
目覚めていない仲間へ
現実社会にがっかりしないで、共にたちあがろう!



1人じゃない。仲間がいるってこと。2011.11.12
3次元の現実社会では、理解してもらえないことでも、諦めないでね
忘れないでね
それぞれに向かっていっている仲間がいるってこと

進化の次の段階へいくために、集合意識を変えてゆく時期 
一人ひとりが本当の自分を思い出さなくてはなりません 
魂が共鳴した素敵なメッセージの共有

2012年『本当の自分に返る年』

本当の自分を思い出さなくてはなりません
一つひとつの魂は、今までにあり得なかったほど貴重なものとなり
あなたの意識は時空間の制限を超越して拡大し
あなたの魂は、肉体に宿ったまま
自分がやってきたふるさとに帰ることを切望することでしょう
それは可能なのです
2012年とはその絶頂期を意味しているのです
闇の勢力は、この世の終焉的なシナリオによって恐れを創りだそうとしています
でも彼らにも、この集合的な人々の目覚めを
予期することはできなかったのです
彼らの権力と支配は、日々崩壊に向かっているのです
この宇宙で最も力があるのは「愛」です

そして、私たちのハートがここまで輝いていたことは未だかつてなかったのです
私たちは、この惑星を制覇しようとする闇の勢力に打ち勝つことでしょう
愛と思いやりだけによって!
他に何もいらないのです
マザーアースの新しい周波数と共に私たちが自分たちのヴィブレーションを上げるにつれ
私たちは今の次元の制限を越えて集合意識を拡大していくことになります
私たちはゼロポイント・・・
すべてが一つであり、永遠であるところに向かって行っているのです
もう二元性の世界、分離の世界がなくなるのです
そうです・・・私たちは聖なる源と一つになっていくのです



関連記事
スポンサーサイト

地球環境

この星を救うには2013.01.13

2000万種の生き物が暮らすこの星(地球)を
破壊している
のは、ただ1種。

『  』です。
その中の、たった1割です。
教育があり、政府があり、社会制度がありと立派な知識を持っている国の人が狂っているのです。
何度も警告があるのに、今でも分からない・・・。



地球を救うためには、どうしたらいいの?
警告にすら気付かずに、洗脳され、洗脳されていることにも気付かない私たち
  一般人は、
  3S政策(スポーツ、スクリーン、セックスの情報を大量に流し人々を無智化する政策)で無智化され、
  動物的にさせられています。


まずは、真実に気付いてゆくところから、始められます
最初の第一歩です




人間が長期的に安定して暮らせる地球環境の維持のため2013.04.04
人間が長期的に安定して暮らせる地球環境の維持のため
できることから、はじめよう
人によってできる対策は違います。

無駄な人間活動をなくし、
便利・快適が、
自然にやさしくない、エコではないことに気が付くことが大切です。
消費全般に関して リフューズ>リユース>リサイクルの順にエコです。


食編
・食物は、なるべく国産で原産地が消費地から近いものにする
   (消費地までの輸送にかかるCO2が外国産とはるかに異なり、安全性の上でもベター。)
・余計な外食も控え可能な限り弁当を持参。
・食事は残さない。
・肉の消費量を控える(1gの肉を作るのに9gの穀物が必要です。
    過剰放牧のため発展途上国の森林伐採が進みます)。
・レジ袋持参は当然。過剰包装は断る。
・ペットボトル飲料は止め、マイ魔法瓶を持参。
・生ごみは処理機を使い堆肥にする。
・味噌汁の残り、料理を食べた後の汁、コーヒーや牛乳の飲み残し等は、
   流しに流さずゴミ箱に捨てる
   (わずかな牛乳でにごった 水を、きれいな水に戻すためには、かなり多量の水が必要)

電気
・白熱灯<蛍光灯<LEDとか、省エネ家電とか、そもそも電気を食うものを省エネ型にする。
・エアコンは極力使わず、
   夏は扇風機と水浴び、森のある公園、図書館に行って乗り切る。
   冬は4,5着来て靴下を2重に履いて厚着をしてから、暖房器具を使うようにする。
・家電の待機電力はぜんぶオフ。
   電化製品のコンセントは、使わない時はなるべく抜いておく。
・テレビはほとんど見ない。パソコンも仕事以外に使わない。
・風呂の自動保温設定はやめてさっさと入る。(大量の電気とガスを食います)
・昼間は窓を開けて、明るい部屋で過ごし、電気をむやみにつけない。
・トイレに便座カバーorシートをし、24時間365日の便座暖房は止める。
・電池は充電池にする。

水道
・節水シャワーヘッドを付ける。
・流しっぱなしはもってのほか。
・夏場は風呂を止めてシャワーにする。
   お風呂の時も、水を頻繁に張り替えないか、張り替えるときは洗濯などに使い回す。
・洗濯はまとめあらいでためすすぎ。
   汚れが少ない場合、冬場は、汚れた所だけ部分的に手洗いして終わりにすることも。
    (なんでも機械的に丸洗いは、水量が増えます)
・汚れたお皿は、いらない布でふき取ってから洗う。
・バスタオルではなく、普通のハンドタオルにする
    (お風呂の中で体を拭いてから出るといいです)。
・米のとぎ汁を食器洗いや植栽の水やりに活用する。


ガス
・お湯を極力使わない。
   冬場以外、食器洗いや手洗いは、落ちにくい時以外は水や低温のお湯でやる。
・ビタクラフト、クリステル等の多層鍋を使い、火力を低くしつつ調理時間を減らす。
   (普通鍋と全く違うのが実感できます)

その他
・環境問題の記事やニュースに関心を持つ。
・環境対策に積極的な政治家を応援する。
・マイカーなし。公共機関、自転車、徒歩で。
・ダイレクトメールは「DM不要}と朱書きして返送し、元からシャットアウト。
・余計な会員になったりカードを作ったりしない。
企業のエコCMはエコとは限りませんので、惑わされないことも大事。
・CO2を低減させることばかりでなく、吸収させる活動はとても有効です。
   つまり、NPOの植林活動に寄付したりツアーに参加したり。
   国産材の活性化を支援したり。
・スプレー用品は購入しない。
・洗剤を石鹸や重曹・酢、天然ワックス等にし、無駄な化学合成品(合成洗剤、芳香剤とか)を買わない。
・着なくなった服を適当な大きさに切って、掃除、メイク落とし、ティッシュ代わりに使う。
・余計なものを購入しない。良いものをとことん長く使う
    (服一着製造するのに石油10リットル前後を使用します)
・ウェットティッシュ、キッチンペーパ、お掃除シート、ラップ、
   紙オムツ、生理ナプキン、お化粧コットン等の使い捨て用品を使用しない。
・トイレットペーパのように、どうしても使いすててしまうものは、古紙含有したものを使う。
・雑誌や本は図書館で借りる。
・購入するときは、新品より、リサイクル品をネットで探す。
・廃棄するときも、使ってくれる人がいないかネットで探す。
・持ち家の方なら、ソーラーシステムを導入するとか、
  エコ住宅にするとか、生ゴミは堆肥して家庭菜園して自給率を上げるとか。






自分のエネルギーを使って生きる 2013.02.10
意識の高い人が活き活きと生きられています
自分が家畜人間だったこと、自分省エネで生きていたことに気づきました
便利快適な生活は、不自然な生活なのです。
人は、人から発する100ワットのエネルギーで
掃除や家事、移動・・・等色々と作業ができるものなのですって
100ワットでできることを
電力などで10倍以上の1000ワットのエネルギーを使い、掃除・洗濯・家事・生活等をしています

何故?
楽したいから?忙しいから?便利だから?
生活を電力に任せ、あまった自分のエネルギーを
無駄なことに注いでいるように思います。 ・・・娯楽や3Sなどにね。
楽をしたいがために、自然や地球から必要以上にエネルギーを奪って生きています。
生きてゆくには、自分の持っているエネルギーを使うという
大切なことを忘れかけてしまった日本人。

今の社会は、自力で生活できない人を育て、
自国で循環できない日本を創りあげています


私たちの先祖代々は、知恵で生活し
生命を循環させながら、命を繋いできてくれました
私たちは、そのDNAをしっかり受け継いでいます。
思い出してください何が大切かを。

便利だから・・・・当たり前だから・・・・
そんな意識の日本人が創る日本でいいのでしょうか?
地球の現状に意識を向けて、出来ることをしてゆきたいものですね。

政治を動かそう!なんて大きなことはできなくとも、
人としての生きる力を呼び覚まし、
自分のエネルギーを使って生きる術を取り戻すことができます
生活を見直し、
  生活ラインは、自分のエネルギーを使って生活する掃除機や食器洗いや階段や。ドライヤーや車や・・・ね。
3次元レベルでできることです

一人ひとりの意識が生活・人生・国を創ってゆくのです
一人ひとりが光り輝き、日本をそして、地球を美しく光り輝かせられますように


人間は、何ワットか

●電力量⇔熱量 は
  単位が違うだけで、どちらもエネルギーの単位
  二つの単位の間には、以下のような関係があります。
  1kWh = 860kcal
      

カロリーは、
  人間が何もしなくても一日に消費する「熱量」
  人間は概算でこれと同程度の熱量を常に体外に放出しています。
  1グラムの水の温度を1℃上昇させるのに必要な熱量が1カロリー。

電力(W ワット)は、
  一定の時間に、どれだけのエネルギーを使うかを表しています。
  1Kw=1000w

電力量(kWhキロワット時)は、
  どれだけ電力を消費したかの総計を表します。
  消費される「エネルギーの単位」でもあります。

電力 × 時間 = 電力量

●1日の基礎代謝
  成人男性  1500kcal
  成人女性  1200kcal

基礎代謝とは、
何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために
生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと。


●人間が1日に生み出すエネルギー(基礎代謝)を電力量に換算すると
  成人男性 1.7kWh (1500kcal÷860=1.7kWh)
  成人女性 1.4kWh (1200kcal÷860=1.4kWh)

●人間が1日に生み出すエネルギー(基礎代謝)を電力に換算すると 
   人間は、1日の電力力を24時間で消費します。
 人間が常時放出する熱量は
  成人男性 62W (1.7kWh÷24時間=0.070kW=70W)
  成人女性 54W (1.4kWh÷24時間=0.058kW=58W) 
 



家電の消費電力
関連記事
記事リスト
2013年02月の記事
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。