ブログパーツ
次NEXT≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次NEXT≫

きれい・希望・勇気ことば・格言

格言

心のエネルギーレベルを高めるには?
自分の好きなことをする。反発ではなく、心から好きなこと
他人を褒める。 相手の喜ぶ顔を見るためにほめて、見返りは期待しない。ont-size:x-small;"> →次第に出会う人が、エネルギーレベルの高い人になっていきます。
エネルギーレベルの高い人と触れ合う。
  人生が変わるときは、付き合う人が変わります。
  意識的にエネルギーレベルの高い人の中に入っていくことで、よい影響を無意識的に受け取ることができます。
  付き合う人を慎重に選んで、エネルギーを汚染されないようにしなければならない。
植物が最適な養分と日光と水を与えられたときに一番丈夫に育つのと同じで
平穏な環境にいると成長がいっそう早くなる。

ミネラルウォーターを一日に8から10杯飲む
    身体のエネルギーバランスを失わせる多くの毒素が洗い流される。
綺麗なことばの周波数を声に出す



心に響いた言葉
頑固にならないで、素直になること
自己主張よりも、自分の視点を変えてみること
人の話しを聴こう例え、知っていることでもね

素質と努力
人生は、年齢が上がるほど、持って生まれた素質より、本人の努力が反映されていきます

「EARTH」を書きかえると「HEART」に、なるようにハートの鼓動です
ハートは、「喜び」を動力源として振動しています
人生全てをハートの鼓動に満たして生きて行く

人間関係のまずさの原因は、ほとんどの場合
相手にあるのではなく自分の内部にあります。
まず自分の心を点検してみなさい。

人に聞くのではなく、自分で経験して学んでゆきなさい。
自分で経験して苦難を乗り越えて行きなさい。

過去に辛い経験をしてきたけど、頑張った人は自信でオーラが輝いています。
悲しいことを経験した人は、人に優しくできるので、オーラが輝いています。
人間味が深く広いから。

自由度が拡大すると受け入れる容量が大きくなる

現実に違いを作るのは
思考は、思考を呼ぶだけ
現実に違いを作るのは、  行動です

自分への愛(自信)を
怒りには許しを1
悲しみには温もりを1
孤独には自分と向き合う強さを1
不安・心配・偽りには、信頼を1
傲慢には意志力・素直さを1
羞恥心・嫉妬には、自分への愛(自信)を1

どこで読んだか忘れましたが、気になってずっととっていた言葉です。
陰陽があるように。プラスがあれば、マイナスがある。ポジティブがあれば、ネガティブがあるハート
スポンサーサイト
次NEXT≫

徳を積む『無財七施』

運のいい方って、
自然と徳を積まれている方が多いですよね


徳の種類
  大きく分けて2つ。「 陰徳 」と「 陽徳 」。
陰徳 
  ・人に知れず行われた、陰にかくれた徳
    =誰にも知られず、感謝されたり、ほめられたりしない徳。
陽徳 
  ・行いが人々に知られて、
    『ありがとう』と感謝されたり、褒められたりするような徳。
  ・陽徳は、人から感謝されたりほめられる事で消えてなくなります。


隠徳を積むって、例えば、ゴミ拾い・トイレ掃除・机拭きとかですって薔薇


徳の積み方
例えば・・・
  ・人を愛する。
  ・人を救う。人を助ける。
  ・相手を思いやる。
    心配り、気配りをする。
  ・学ぶ。
  ・礼儀正しくする。
  ・環境に配慮する。勇気を持って行動する。
  ・笑顔でいる、笑顔で人を幸せにする。
  ・言葉で人を幸せにする。
    勇気づける。褒める。励ます。挨拶をする。、
  ・町を掃除する。重い荷物を持っている人を手伝う。
  ・寄付など、お金や物を施す。援助する。
  ・神仏の道や真理を伝えたり、教え導く。


『無財七施』
仏教には、
  財施(ざいせ) 法施(ほうせ)  無畏施(むいせ)
  という3つの 布施の行があるといわれています
施すべき財、説くべき教え、恐れを取り除く力がなければ
布施の行ができなわけでございません
地位や財産がなくても、誰もがいつでも容易にできる布施の行
それが「無財の七施」です

1.眼施(がんせ) 慈眼施
   優しいまなざしで、なごやかにさせる  
   慈しみに満ちた優しいまなざしで、すべてに接する。
   温かい心は、自らの目を通して相手に伝わるのです。

2.和顔施(わげんせ・わがんせ) 和顔悦色施
   笑顔をたやさない   
   いつもなごやかで穏やかな顔つきで人や物に接する行為。
   喜びを素直に顔の表情にあらわしましょう。

3.言辞施(げんじせ・ごんじせ) 愛語施(あいごせ)
   あたたかい言葉をかける
   文字通り優しい言葉、思いやりのある態度で言葉を交わす行ない。
 
4.身施(しんせ) 捨身施
   肉体による奉仕  
   自分の身体で奉仕をすること。
   身体で示すことをさし自ら進んで他のために尽くす気持ちが大切です。

5.心施(しんせ) 心慮施
   おもいやりの心  
   他のために心をくばり、心底から共に喜び共に悲しむことができ、
   他の痛みや苦しみを自らのものとして感じ取れる心持ち。

6.床座施(しょうざせ) 
   自分の席をゆずる
   たとえば自分が疲れていても電車の中で喜んで席を譲る行為。
   また競争相手にさえも自分の地位を譲って悔いなく過ごせること。

7.房舎施(ぼうしゃせ) 
   我が家を一夜の宿に貸す 
   風や雨露をしのぐ所を与えること。
   自分が半身濡れながらも、相手に雨がかからないように
   傘を差し掛ける思いやりの行為など。



もちろん!「徳が積めるから」とか、「自分のために」という心でしても、
   徳にはなりません。 見返りは期待せずに、
   「喜んで頂こう。役立たせて頂こう」という無私のお気持ちで




徳を失う行為
  愚痴ったり、人の悪口を言ったり、
  人を責める、人を非難する
  腹を立てる、嘘をつく、
  人を嫌う、怠ける、ムッとする
  自慢する、相手を思いやらない、配慮を怠る・・・


隠徳を積むことが必要なのは、どんな人?
普通の人より欲が強い人です。
どこかでバランスを取らないと、我欲だけで突き進むことになり、
限界を迎えた瞬間に、一気に揺り戻しが来るのだと思います。

何かに向かっていく時には、欲を中心にして突き進んでもよい。
それが推進力になる。
もっとよい生活がしたい。 もっと幸せになっていきたい。
それを望むときに、自分が受け取ることをせず、
ただただ、他人のためだけに尽くすというのは、
正直な行動とは言えません。

ほしいものを素直に「欲しい」と言うことだって大事なんです。
それを、心の底では欲しがっていて、
表面的にはいい人を演じるという不正直な態度でとりつくろうのは
いいやり方ではありません。
一緒にいる人に気を遣わせてしまいますから。

☆欲も大事。
欲と徳の両方を持ち、バランスがとれていることが大事です。

全ての行動を意識的にコントロールできる人はいませんから、
他人の利益にも目を向ける【習慣をつける】ことが大事です。
次NEXT≫

八徳★仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌

精神的支柱を見失ってしまっている日本人
周りのその他はどうれあれ
人をひっぱる組織のトップの方々、
国をひっぱる政治家様方は、
精神性の高い人間であってほしいと思います

五常・五徳 『仁・義・礼・智・信』
  古来より日本人の伝統的精神を支えているものの一つに「儒教」の思想があります。
  五常=四徳(仁・義・礼・智)+信
 ・・・愛。人を思いやる心。慈しみ。最高の徳
 ・・・正義を貫く心。善悪、正邪、真偽。人道に従うこと、道理にかなうこと。
 ・・・敬意を表す心。社会秩序を保つための生活規範、儀式、礼儀、作法、礼節。
 ・・・正しい判断を下せる能力。正しく豊富な知識と経験、洞察力が加わったものが智慧。
 ・・・信頼する心。言葉で嘘を言わないこと、相手の言葉をまことと受けて疑わないこと。


八徳 『仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌』 じん・ぎ・れい・ち・ちゅう・しん・こう・てい
  南総里見八犬伝でおなじみ。
  滝沢馬琴の南総里見八犬伝に出てくる八犬士は、
  仁義礼智、忠信孝悌の8つの徳目を持った人物が活躍します。
 ・・・愛。人を思いやる心。慈しみ。最高の徳
      身ぢかな家族→親戚→社会 と、近くから遠くへと秩序だてて広める。
 ・・・正義を貫く心。善悪、正邪、真偽。人道に従うこと、道理にかなうこと。
      仁を広める形。親への孝、兄や年長者への悌、君主への忠、社会には礼。これが道義・正義。
 ・・・敬意を表す心。社会秩序を保つための生活規範、儀式、礼儀、作法、礼節。
      礼を学ぶことが、学。礼儀を身につけた人を、学のある人という。
      仁を実行して社会から信頼される人、そんな人が、学のある人
 ・・・正しい判断を下せる能力。正しく豊富な知識と経験、洞察力が加わったものが智慧。
 ・・・心の中に偽りがないこと、主君に専心尽くそうとする真心。
 ・・・信頼する心。言葉で嘘を言わないこと、相手の言葉をまことと受けて疑わないこと。
 ・・・親や先祖を大切にする心。おもいはかること、工夫をめぐらすこと。親孝行すること。
 ・・・兄弟仲がいいこと。

宗派によって違うこんなバージョンも
十徳 『仁・義・礼・智・信・忠・孝・悌・忍・畏』 +忍・畏
十徳 『仁・知・義・礼・信・楽・忠・天・地・徳』 +楽・天・地・徳 & -孝・悌



八徳占い
計算の方法
1.(生年西暦+660)+(生月-2)+(生日-11)を計算する。
2.1で出した数を8で割る
3.その余りを下の表に当てはめる。

余り数 0 1 2 3 4 5 6 7
八徳  仁 義 礼 智 忠 信 孝 悌

仁:情に厚く、誰からも慕われる。 情に流され易く損得にうとい
義:相手を好きか嫌いかはっきりしている。 両極端な資質。
礼:社交性に富み、明るい性格。 精神的にもろい一面も。
智:探求心がおおせいで、努力家。 人付き合いは不得手。
忠:目的に向かって推進する性格。 人に対しては冷徹。
信:いやと言うことのできない性格。 悪く言えばお人好し。
孝:仲間への面倒見がよい。親分肌。 赤の他人には冷たい。
悌:目上に対して従順。 目下にたいしては横柄。
次NEXT≫

星の王子さま★サン・テ・グジュペリ

星の王子さま サン・テ・グジュペリ

「星の王子さま」は大人の童話です。
物語は易しい言葉で語られていますが、
内容はとても深く、一読では到底理解することはできません。


クライマックスのシーン
「さよなら」と、キツネがいいました。
「さっきの秘密をいおうかね。
 なに、なんでもないことだよ。
 心で見なくてちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
 かんじんなことは、目に見えないんだよ

It is only with the heart that one can see rightly what is essential is invisible to the eye.
 心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
 かんじんなことは、目にみえないんだよ。


こちら、10代の時から、ずっと心にある一節です
そうなんです
本当に思います
大切なものは、目にみえないですよね
次NEXT≫

子どもが育つ魔法の言葉 ~ドロシーおばさん

子ども / 子は親の鏡 / ドロシーおばさんの大事なことに気づく / 思春期の子供をもつ親たちに

かな~りっ昔、2005年2月、皇太子殿下が誕生日の記者会見にて朗読し、話題になった詩ハート
当たり前の方々には、当たり前の世界なのですpopo
この世界を知らずに、自分の感情・概念を子供に押し付ける親もたくさんいます絵文字名を入力してください
頭で理解した事でも、実践となると、一筋縄ではいきませんが、
知っているのと、知らないのとでは違う世界だと思いますハート
たくさんの愛溢れる子供たちがハート地球でのびのびと育ちますように・・・ハート


子ども


批判ばかりされた子どもは    非難することをおぼえる  
殴られて大きくなった子どもは  力にたよることをおぼえる  
笑いものにされた子どもは    ものを言わずにいることをおぼえる  
皮肉にさらされた子どもは    鈍い良心のもちぬしとなる

しかし、激励をうけた子どもは  自信をおぼえる  
寛容にであった子どもは     忍耐をおぼえる  
賞賛をうけた子どもは       評価することをおぼえる  
フェアプレーを経験した子どもは  公正をおぼえる  
友情を知る子どもは        親切をおぼえる  
安心を経験した子どもは     信頼をおぼえる  
可愛がられ抱きしめられた子どもは  世界中の愛情を 感じ取ることをおぼえる  



オリジナル版『子は親の鏡
書籍:子どもが育つ魔法の言葉  ドロシー・ロー・ノルト著 石井千春翻訳ver.
次NEXT≫

犬の十戒と猫の十八戒

犬の十戒  (犬の飼い主のための十戒)  作者不詳

1.私の一生は10~15年くらいしかありません。
   ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。
   私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。

 2.私が「あなたが私に望んでいること」を
   理解できるようになるまで時間が必要です。
 
 3.私を信頼して下さい......それだけで私は幸せです。

 4.私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
   あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
   でも……私にはあなただけしかいないのです。

 5.時には私に話しかけて下さい。
   たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、
   私に話しかけているあなたの声で理解しています。

 6.あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。
   私はそのことを決して忘れません。

 7.私を叩く前に思い出して下さい。
   私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、
   私はあなたを噛まないようにしているということを。

 8.私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に
   私がそうなる原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。
   適切な食餌をあげなかったのでは?
   日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
   心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?などと 。

 9.私が年をとってもどうか世話をして下さい。
   あなたも同じように年をとるのです。

10.最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。
   「見ているのがつらいから」とか
   「私のいないところで逝かせてあげて」なんて
   言わないでほしいのです。
   あなたがそばにいてくれるだけで、
   私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
   そして・・・どうか忘れないで下さい。私があなたを愛していることを。



心温まる詩です絵文字名を入力してください
昔飼っていた愛犬、なな・ミルキー・ペパ・りんだを思い出しましたアイコン名を入力してください
みんな元気でいるかな蓮
学生の時に、愛犬を亡くして、彼女は、初めて「死」について、考えさせてくれた存在です。
何をどうしても死んでから後悔しても遅く、
生きている間にしてあげないといけないんだって
時と共に忘れてしまう事もあるけど
悲しみを乗越えた後に、この経験が、すごく活きているんです
彼女らと過ごした貴重な経験・・・そして思い出は、今もここ(ハート)にありますハート




猫の十八戒   作者不詳 訳:yorisun.


 1.汝、人間がモデムを使っているときは、キーボードに飛び乗ることなかれ。
 2.汝、モデムの後にある電話線を抜くことなかれ。
 3.汝、トイレットペーパーをロールから全部引っ張り出すことなかれ。
 4.汝、透明ではないのでテレビやモニターの前に座ることなかれ。
 5.汝、冷蔵庫の上から勢いよく吐き戻すことなかれ。
 6.汝、ディナーパーティーのときにやってきて、尻を舐め始めることなかれ。
 7.汝、人間の顔の上に尻を向けて横たわることなかれ。
 8.汝、高いところから人間の股間に飛びかかることなかれ。
 9.汝、どんなに速く走ろうとも、閉まったドアを通り抜けることはできない。
10.汝、目覚まし時計の上を歩いてタイマーをリセットすることなかれ。
11.汝、蝶番付きのフタが開くごみ箱に乗って、落っこちる罠にはまることなかれ。
12.汝、人間が腰掛ようとした瞬間にトイレの便座に飛び乗ることなかれ。
13.汝、午前4時に眠っている人間の膀胱の上にジャンプすることなかれ。
14.汝、家とは機会があれば逃げ出せる刑務所ではないことを悟るべし。
15.汝、人間の歩みがいかに遅くとも、つまずかせることなかれ。
16.汝、家にゲストがいるときはトイレのドアを押し開ける事なかれ。
17.汝、汝は肉食動物であり、観葉植物は肉でないことを思い出すべし。
18.汝、叱られたときには後悔してみせるべし。




犬バージョンと違い、笑えますぷ
そうそう、と共感ですし笑顔

飼っている猫・シィーナに
トイレットペーパーを全て引っ張り出されていた時は
叱った後に、ペーパーが散らかったありえない風景に大爆笑でしたha-ri...
叱っても逃げるだけで、反省しませんから・・・アイコン名を入力してください
ホント意味ないんですアイコン名を入力してください絵文字名を入力してください

モニターの前に座るのは、日常茶飯事・・・そして今もです

次NEXT≫

「サトラレナイ」話

「サトラレナイ」話

悟られない人がいる。
いつも穏やかに微笑んで、
その陰にある気の遠くなるような忍耐を誰にも悟らせない人がいる。

悲しいことも、苦しいことも、痛いことも、
自分の胸に収めて、笑顔を絶やさず、泣き言を言わず、頑張っている人がいる。

そんな人を見ると、後ろ姿にお辞儀をしたくなる。


友達の見舞いで通った病院に、そんな人がいた。
顔を合わせるといつも、
花のつぼみがほころぶようなのんびりした笑顔で会釈してくださった。

話したことは結局一度もなかったけれど、友達から後で聞いた。
そのひと言を聞いて、たったそのひと言だけで、わかる訳でもないけれど。

元気に働いていたのに、ある日突然倒れたらしい。
原因不明の高熱が続いて、ようやく熱が下がった頃には言葉も満足にしゃべれず、
身体の自由もきかなくなっていた。

少しずつ、本当に少しずつ、
それは進歩しているのかどうかわからないぐらいの、
まるで風に雲が流れてゆくぐらいの、ゆっくり、ゆっくりしたスピードで、
もう何年もリハビリを続けているそうだ。

リハビリをやめると、筋力が徐々に失われてゆき、やがては動けなくなってしまう。
友達も、ほとんど言葉を交わしたことはなかったらしい。

肺に穴が開く病気で入院した友達は、
スポーツ選手を続けることを断念せざるを得なかった。
その激しい苛立ちから、家族にも当たり散らしていたようだ。
人のことを気にかける気持ちには、とてもなれなかっただろう。

ある日、いつものようにリハビリをしているその人に
「何でそんなに頑張れるんですか?」と聞いたそうだ。

「生きたいんです。すこしでもながく。」
当たり前のことだなんて言うなよ。
回復していく見込みだってほんの数%しかないらしいんだぞ。

俺、それ聞いて、それ以上そこにいられんかった。
トイレかけこんで泣いたわ。めっちゃ泣いた。
なんかな、俺、自分がアホみたいに情けなぁなってな・・・そう言いながら、泣き出した。

悟られない人がいる。
言葉にしないからじゃなく、誰かの、何かのせいじゃなく、
まぎれもない自分の強い意思の力で、人に悟らせない生き方を選んでいる人がいる。
強い。そういう人を、強い人というんだろう。

「俺も、あんな風になれるやろか?まだ、なれるやろか?」
泣きながら、彼はそう言った。

悟られない人に、なりたいと思う。

悲しいことも、苦しいことも、痛いことも、
自分の胸に収めて笑顔を絶やさず、泣き言を言わず。

もしそれでも悟ってくれる人がいたとしたら、
その人はきっと、自分にとってかけがえのない大切な人だろう。

「生きたいんです。すこしでもながく。」
そう言ったあの人は、大切な人を守るために、今日も歩いているだろう。
NEXT≫
記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。