ブログパーツ

Japanese Tea Ceremony in English

茶道の説明 in english
JAPANESE TEA CEREMONY: HISTORY, SCHOOLS, GREAT MASTERS AND AND PROCEDURES
茶道 表千家
Arkmary's Blog
Facts and Details  JAPANESE TEA CEREMONY:
日本茶道塾 茶の湯劇 台本 パターン1(英語版)




茶道について、英語で説明している動画を集めました

Japanese Tea Ceremony (23mins)

国際交流茶会の着付けボランティア

茶道を習って、10年
講師のお免状も頂いているのに、
活用しておらず、

茶道の師匠に、
お茶を教えられるレベルなので、教えた方がいいと助言され、

それならば・・・と
日本文化の茶道を
外国の方々に知ってもらいたいと思い、

7月頃に、
某大阪の国際交流団体に
すぐにボランティア登録をしていました
  語学ボランティアの依頼は、多いらしいのですが
   文化ボランティアは、レアで、年に数回の依頼があればいい方なのですって



ゆったり待っていたら、
着物の着付けのボランティア依頼がきました


某団体が
留学生に日本の伝統文化「茶道」を着物を着て体験してもらうという
イベントを毎年されていて、

その国際交流茶会の着付けのボランティアとして、
留学生への着付けを手伝ってきました


着付けは・・・

大学時代に、
着物が一人で着れるようになりたくて、
京都に住んでいたこともあり、

せっかくだし、一石二鳥だし・・・と
京料理のお店でお運びさんをしていました

先輩かたがたから、
着付けを教わり、

老舗の京料理店だったので、
簡易な着物ではなく、
キチンと長襦袢もきて、着物もきて、
お料理をお運びしていました

着物を着て、あっちゃこっちゃ、
時には2階の階段も上がり下がり

ぎりぎりに着いた時は、
慌てて着物をきたり、

動きすぎて、はだけてきた時は、
どこをどうしたらいいか

身体が覚えたものは、
中々忘れないですね

名古屋帯だったら、
何年たっても、
ずっときていなくても、
一人で着れます


なのですが、

人に着せたことは、
友達に、遊びで着せたくらい・・・


無謀なチャレンジでしたが、
意外とサラサラっと着せれました


s-IMG_0808.jpg

みんな楽しそうに、
一服が終わっても、
ずっと写真を撮っていました

日本文化を楽しんでくれてる光景が、
すごく嬉しかったです


熊野三山 & 熊野古道 Kumano Sanzan & Kumano Kodo

日本の古きよき文化

熊野バージョンの動画を作ってみました




熊野エリア
The Kumano area is located around the southern tip of the Kii Peninsula,
about 100 kilometers south of Osaka.
It spans Wakayama and Mie Prefectures,
though most of the attractions and religious sites are in Wakayama.

4951_map.gif


Kumano Sanzan 熊野三山
Kumano is centered around three shrines,
Hongu Taisha, Nachi Taisha and Hayatama Taisha,
collectively known as the Kumano Sanzan.  

kumano_kodo_map.gif

Kumano Hongu Taisha  熊野本宮大社
Kumano Hongu Taisha is one of the Kumano region's three famous shrines.
As well as enshrining its own deity,
Hongu Taisha also enshrines the deities of the other two Kumano shrines,
Hayatama Taisha and Nachi Taisha, and the sun goddess Amaterasu.
It serves as the head shrine of over 3000 Kumano shrines across Japan.
DSC06970.jpg DSC06981.jpg

Kumano Nachi Taisha 熊野那智大社
Kumano Nachi Taisha is one of the three Kumano shrines,
situated a few kilometers inland from the coastal hot spring resort of Katsuura.
The shrine is part of a large complex of neighboring religious sites
that exemplify the fusion of Buddhist
and Shinto influences that is particular to the Kumano region.
The site also boasts the tallest waterfall in Japan.

One of the highlights. Nachi Falls,
at 133-meters high, is the biggest waterfall in Japan.
It steals some spotlight from the last grand shrine, Kumano Nachi Taishai.
DSC07065.jpg DSC07109.jpg


Hayatama Taisha 熊野速玉大社
Hayatama Taisha is one of Kumano's three important shrines.
It is located in Shingu City on the southeast coast of the Kii Peninsula.
Together with the other two shrines, Hongu Taisha and Nachi Taisha,
Hayatama Taisha holds an important place in Japanese mythology.

While the buildings were rebuilt recently,
Hayatama Taisha has occupied the same spot on the Kumano Riverbank
since at least the 12th century.
In addition, religious artifacts that date back to the 3rd century
are evidence that the area has been a site of worship for much longer.
In fact, a Shinto creation myth claims that
three kami (Shinto deities) descended to earth
on a rock not far from the shrine.

As a result of its divine contact,
the rock has been worshiped as a sacred object.
An ancient tree (estimated to be over 800 years old) is located
inside the shrine compound and is also considered sacred.
These two kami highlight the importance of nature
worship to the area's beginnings.

Kamikura-jinja 神倉神社
DSC06940.jpg

Hananoiwaya-jinja  花の窟神社
DSC06908.jpg DSC06910.jpg



Kumano Kodo 熊野古道 Pilgrimage Routes

Pilgrims have traveled to the Kumano Sanzan via walking trails, called Kumano Kodo,
for over 1000 years.
The shrines are even older, with mention in Japan's founding mythology.
The region is infused with religious
and historical value that emanates from the three shrines.

The Shinto sun goddess' great grandson, Jimmu, came to Kumano
to unify the country as Japan's first Emperor.

To further add to the area's sanctity,
Kumano is often called "The Land of the Dead",
in reference to the belief that Shinto spirits
and family ancestors dwell here after they die.

In 2004, Kumano's religious treasures and pilgrimage routes
were designated a UNESCO World Heritage Site.
Named "The Sacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Mountain Range",
the designation also includes neighboring Koyasan, Yoshino and Ominesan.


kumanokodou.jpg

Kohechi 小辺路 The Mountainous Route to Kumano (高野山-熊野三山、約70km)
Kohechi connects Kumano with Koyasan.
This mountaintop route is long and challenging,
and consequently should not be undertaken without careful preparation.
Inns are rarely found without zigzagging up
and down the mountainsides into valley towns, greatly increasing the distance traveled.
Kohechi was used mainly by Buddhist monks from the temple complex of Mount Koya.

Kiiji 紀伊路(渡辺津-田辺)

Omine Okugake 大峰 奥駈 修験の道
Omine Okugake connects Kumano with Yoshino via Mount Omine.  
Like Kohechi, Omine Okugake is a long, difficult and dangerous route
that follows high mountain ridges and barely passes any towns
for much of its duration.
This route was used primarily
by followers of the Shugendo mountain worship sect.

Nakahechi 中辺路 The Imperial Route to Kumano(田辺-熊野三山)
Nakahechi is well preserved and relatively easy to walk,
leading through hilly, forested landscapes and occasional villages.
The section between Takijiri Oji (outside central Tanabe)
and Hongu is about 30 kilometers,
and can be done in a comfortable two days' walk
with an overnight stop in Chikatsuya Oji, where there are a few minshuku.
The trail ends with a decent into Hongu Taisha,
offering a spectacular view of the shrine's massive torii gate.

Daimon-zaka
DSC07125.jpg DSC07126.jpg

Ohechi 大辺路 The Coastal Route to Kumano(田辺-串本-熊野三山、約120km)
Ohechi follows the coast from Tanabe to Nachi Taisha.
This trail has virtually disappeared due to development
and the construction of modern roads.
At the height of its use between the 10th and 15th centuries,
Ohechi, along with Nakahechi and Kohechi,
is estimated to have seen the passage of over 30,000 people each year.

Iseji 伊勢路 The Eastern Route to Kumano(伊勢神宮-熊野三山、約160km)
Iseji connects Kumano with Ise Shrine in Mie Prefecture.
Like Ohechi, much of Iseji's coastal trail has been covered
by paved roads and towns.
Only short, isolated sections remain as stoned
or earthen trails today.
Among them, the Magose Pass in Owase City
and Matsumoto Pass in Kumano City are some of the most picturesque.



onsen (hot springs)  温泉
There are three onsen (hot springs) near Hongu:
Yunomine, Kawayu and Wataze.
The first two are small onsen towns,
while Wataze Onsen consists of only a single hotel complex,
Watarase Onsen, which is known
for having the largest outdoor bath in western Japan.
The bath is also open to non staying guests.

Kawayu Onsen 川湯温泉
Kawayu Onsen is a unique hot spring town located along a river.
To use the onsen, bathers dig a hole in the gravel riverbank
into which hot spring water then flows.
Cool river water is mixed with the hot onsen water
to bring the water to a temperature particular to the bather's desire.
In the winter, a giant rotenburo called the Sennin Bath is dug
in the same manner, and is available for free public use.

Kawayu Winter Rotenburo (Sennin Bath)
Hours: 6:30 to 22:00
Closed: Not available from March to November
Admission: Free

Yunomine Onsen 湯の峰温泉
Yunomine Onsen has such a long history that one of its baths,
Tsuboyu, is designated as a UNESCO World Heritage Site.
Pilgrims would perform purification rituals
in the hot spring water as part of the religious process of their pilgrimage.
Tsuboyu is one of two public bathhouses in Yunomine.
The other is the nearby Yunomine Public Bathhouse,
in which there are two separate bath areas.

Tsuboyu
Hours: 6:00 to 21:30
Admission: 750 yen
DSC07053.jpg
DSC07032.jpg DSC07024.jpg


Yunomine Public Bathhouse
Hours: 6:00 to 22:00
Admission: 250 yen (regular bath) 380 yen (Kusuri bath)



http://www.tb-kumano.jp/en/kumano-kodo/
By http://www.japan-guide.com/e/e4953.html

籠神社(Kono Shrine in Kyouto)と奈良熊野の神社(Srines in Nara~Kumano)

春頃につくってほったらかしていた
「瀬織津姫」のyoutube動画に
久々にアクセスしたら、
意外と多くの方にアクセス頂いていました
  全く宣伝していなかったのですが、職場で宣伝強化したものと同じアクセス数



瀬織津姫の歌


写真は、
★籠神社(このじんじゃ 丹後一宮 元伊勢)
★真名井神社(籠神社奥宮)
★元伊勢三社
  皇大神社(こうたいじんじゃ)(元伊勢・内宮)天照大神を祭る内宮、
  豊受大神社(元伊勢外宮)豊受大神を祭る外宮、
  天の岩戸神社
★日室ヶ嶽(ひむろがたけ)(岩戸山・城山)
 ・元伊勢内宮皇大神社・天岩戸神社の御神体山。
 ・最初に天照大神が神霊降臨された山とも言われているそうです。
 ・日本のピラミッドと称される。

一、
 いにしえの垂水(たるみ)の音が  今、甦る
 瀬織津姫の涙が私を浄(きよ)めたり
二、
 エミシの国の女神が  今、立ち上がる
 瀬織津姫の御霊が   大和を治めたり
三、
 早池峰(はやちね)の山の想い 海原(うなばら)超えて
 瀬織津姫の言の葉   五色人(いろびと)集めたり
四、
 日出ずる国の真実(まこと)が  今、明らかに
 瀬織津姫の眼差し    天地(あめつち)治めたり



瀬織津姫の歌2


写真は、
 ★丹生川上神社 (Nyu-kawakami)
 ★天河大弁財天社・天河神社 (Tenkawa in Nara)
 ★玉置神社(Tamaka)
 ★熊野那智大社(Kumano-Nachi)
 ★那智山青岸渡寺
 ★熊野速玉大社 (Kumano-Hayatama)
 ★神倉神社 (Kamikura)
 ★熊野本宮大社 (Kumano-honngu)
 ★大斎原 

歴代天皇と南北朝

鎌倉時代に、
皇統は
亀山系統の大覚寺統(南朝)
後深草系統の持明院統(北朝)
ふたつに分裂する両統迭立が起こる。


従来の天皇の南朝(吉野御所)に対し、
将軍足利尊氏がたてた新天皇の北朝(京都御所)

以降57年この状態が続き、
1392年に合一がなされました。



南北朝の戦いは、
北朝が勝ち、
現在は北朝の光厳天皇の子孫が皇位を継いでいる


足利義満の代に北朝と統一された。
そのとき三種の神器も北朝に渡され、
以後は交互に皇位に着くはずだったが
北朝のままきている。


現在皇統は南朝が正当ですが、
今の皇室は北朝の皇統。



南朝(なんちょう)
   ・吉野朝廷(よしのちょうてい)とも称され、
   ・南北朝時代に
      京都以南の大和国の吉野(奈良県吉野郡吉野町)、
      賀名生(同県五條市西吉野町)、
      摂津国の住吉(大阪府大阪市住吉区)を本拠とした
      亀山系
      大覚寺統の後醍醐天皇に属する朝廷
   ・後醍醐天皇の孫にあたる大室虎之祐を、
      伊藤博文や桂小五郎らが本来の天皇の血脈に帰る計略をしました。
      それまで南朝の末裔の虎之祐は、
      南朝に仕えていた毛利家長州藩の武士たちにかくまわれて
      ぼそぼそと生き延びていました。



北朝(ほくちょう)
   ・日本の南北朝時代に、足利氏を頂点に、
      全国の多くの武士、及び大多数の公家が支持した
      後深草系統持明院統の朝廷
   ・足利義満以来、天皇の血脈が流れていない為、
      明治維新の時に
      北朝の睦仁親王を殺めて、
      南朝の虎之助と入れ替えて即位させました(明治天皇)
   ・明治天皇は、
      北朝の末裔、孝明天皇の皇子ではなく、
      南朝の末裔、大室寅之祐だった
      そのため現在の天皇家は
      天照大神から受け継いだ血脈が正統に流れている。
      (CPA東郷の「ヨハネの黙示録」概説、「日ユ同祖論」)




歴代天皇
01:神武天皇
02:綏靖天皇
03:安寧天皇
04:懿徳天皇
05:孝昭天皇
06:孝安天皇
07:孝霊天皇
08:孝元天皇
09:開化天皇
10:崇神天皇
11:垂仁天皇
12:景行天皇
13:成務天皇
14:仲哀天皇
15:応神天皇
16:仁徳天皇
17:履中天皇
18:反正天皇
19:允恭天皇
20:安康天皇
21:雄略天皇
22:清寧天皇
23:顕宗天皇
24:仁賢天皇
25:武烈天皇
26:継体天皇
27:安閑天皇
28:宣化天皇
29:欽明天皇
30:敏達天皇
31:用明天皇
32:崇峻天皇
33:推古天皇 女帝
34:舒明天皇
35:皇極天皇 女帝
36:孝徳天皇
37:斉明天皇 女帝
38:天智天皇
39:弘文天皇
40:天武天皇
41:持統天皇 女帝
42:文武天皇
43:元明天皇 女帝
44:元正天皇 女帝
45:聖武天皇
46:孝謙天皇 女帝
47:淳仁天皇
48:称徳天皇 女帝
49:光仁天皇
50:桓武天皇
51:平城天皇
52:嵯峨天皇
53:淳和天皇
54:仁明天皇
55:文徳天皇
56:清和天皇
57:陽成天皇
58:光孝天皇
59:宇多天皇
60:醍醐天皇
61:朱雀天皇
62:村上天皇
63:冷泉天皇
64:円融天皇
65:花山天皇
66:一条天皇
67:三条天皇
68:後一条天皇
69:後朱雀天皇
70:後冷泉天皇
71:後三条天皇
72:白河天皇
73:堀河天皇
74:鳥羽天皇
75:崇徳天皇
76:近衛天皇
77:後白河天皇
78:二条天皇
79:六条天皇
80:高倉天皇
81:安徳天皇
82:後鳥羽天皇
83:土御門天皇
84:順徳天皇
85:仲恭天皇
86:後堀河天皇
87:四条天皇
88:後嵯峨天皇
89:後深草天皇
90:亀山天皇
91:後宇多天皇
92:伏見天皇
93:後伏見天皇
94:後二条天皇
95:花園天皇
96:後醍醐天皇

南朝
97:後村上天皇
98:長慶天皇
99:後亀山天皇


北朝
(1):光厳天皇
(2):光明天皇
(3):崇光天皇
(4):後光厳天皇
(5):後円融天皇

(6)/100:後小松天皇
101:称光天皇
102:後花園天皇
103:後土御門天皇
104:後柏原天皇
105:後奈良天皇
106:正親町天皇
107:後陽成天皇
108:後水尾天皇
109:明正天皇  女帝
110:後光明天皇
111:後西天皇
112:霊元天皇
113:東山天皇
114:中御門天皇
115:桜町天皇
116:桃園天皇
117:後桜町天皇  女帝
118:後桃園天皇
119:光格天皇
120:仁孝天皇
121:孝明天皇
122:明治天皇
123:大正天皇
124:昭和天皇
125:今上天皇


数字は歴代、( ) 内の数字は北朝の歴代。
現行の歴代は南朝の天皇を正統として数え、北朝の天皇を除外している

公家・士農工商

朝廷
    ・天皇を中心に公家の社会。
    ・律令体制(憲法)の中で定められた天皇を中心にした政治機構
幕府
    ・朝廷に任命された征夷大将軍が開き政治を行う武家の社会

大政奉還
    ・政権というのは元々朝廷にあるもので、
       幕府は征夷大将軍(将軍)という位を頂いて
       代わりに政権を執行している。
    ・しかし、幕末の朝廷は幕府の政治のやり方に疑問を持ち
       勅旨を出し幕府を倒して政権を取り戻そうとした。
       ところが幕府が自ら大政奉還したため
       倒幕する大義名分がなくなってしまった。



公家
     ・朝廷に仕える位階所有者や役職者、貴族・上級官人の総称。
     ・天皇に近侍し、または御所に出仕し、
        主に三位以上の位階を世襲する家。

家格
  五摂家、清華家(9家)・大臣家(3家)・羽林家(67家)・名家(27家)・半家(26家)

摂関家(五摂家)
    ・一条、九条、近衛、鷹司、二条
清華家
    ・大炊御門、花山院、菊亭(今出川)久我、西園寺、三条醍醐
     徳大寺広幡、大臣家、嵯峨(正親町三条)三条、西中院
羽林家
    ・飛鳥井姉小路、阿野
油小路
    ・綾小路、石山、今城、入江、岩倉、石野、
     植松、梅園、梅渓、裏辻正親町、大原、大宮、小倉、押小路
     愛宕、風早河鰭櫛笥、久世
     桜井、滋野井、四条、七条、清水谷持明院
     園池、高丘、高倉(藪)、高野、高松千種、中園
     中山、難波、西大路、西四辻庭田、野宮、橋本、八条、花園
     東久世、東園、樋口、藤谷、堀河町尻松木、水無瀬、
     壬生(葉川)武者小路室町(四辻)山科
     山井、山本、冷泉、六条、六角、鷲尾
名家
    ・池尻、梅小路、裏松、岡崎、交野、勘解由小路、勧修寺
     烏丸、甘露寺、北小路(藤原氏)芝山
     清閑寺、竹屋堤(中川)、外山、豊岡、中御門、長谷、葉室
     日野、日野西、平松、広橋坊城穂波(海住山)
     万里、小路三室戸、柳原
半家
    ・五辻、石井、唐橋、北小路(大江氏)、清岡、倉橋、桑原、
     五条沢、慈光寺、白川、高倉、高辻、竹内、土御門、富小路錦小路、
     西洞院、錦織、萩原、東坊城藤井(猪熊)藤波、伏原、舟橋、吉田



武士 
     ・戦士集団の構成員で、
         治安維持などに携わる事を公的に認められた存在


士・農・工・商、穢多(えた)、非人 
     ・士農工商の序列ではありましたが、
         実際としては、士・工・商・農、という序列。
     ・年貢(税金、または、武士の給与)確保のため、
         武士の次に農民が位置しましたが、
         士農工商で一番苦労したのは、農民

非人 
     ・元々は「人非人」あるいは「僧侶」の意味でした。
         つまり、人間界を捨てた「世捨て人」のことを指しました。
         やがて、賎民(せんみん=貧しい人)を指すようになりました。
     ・穢多と違っているところは、
          「皮細工等の生産に従わず」卑属な遊芸や物貰いの独占権を持ち、
         「穢多」よりも上位に位置していました。
     ・「非人」には2種類。
         「抱非人(かかえひにん)」と「野非人(のひにん)」
        野非人
          今日で言われる「路上生活者」
          ホームレスで、主に、農村部で飢饉や病気などにより
          年貢が納められなくなった者が「人別帳」を離れて
          江戸へ流入した者たちでした。
        抱非人
          1)姉妹伯母姪と密通した者。
          2)男女の心中(相対死)で女が生き残った場合。
             もしくは、両人とも生き残った場合。
          3)主人と下女の心中で主人が生き残った場合の主人。
          4)15歳未満で無宿の子どもが盗みをした時。


     ・「非人」は、罪で非人になっても、
         家族や親類縁者が、多少の「銭」を支払うことで、平民に戻れた。
      「穢多」は、「非人」よりも、さらに下位に置かれ、
         町民の住居からは、かけ離れた場所に
         一箇所に集めて住まわされました。
         「非人」の中でも、さらに「素行」が悪く、
         「非人の秩序」を乱す者などが対象でした。
         彼らは、例えば、死んだ牛馬を百姓から貰い受け、
         その肉を食い、皮は皮製品などにしました。
         斃牛馬(へいぎゅうば=死んだ牛馬)の取得権は
         「穢多」の何よりの独占権でした。
         その他、藁(わら)細工、燈心細工、破魔弓矢(はまゆみや)細工等
         簡単な手工業的生産に携わりました。
         江戸時代に入ると、「穢多」は、
         「士農工商・非人・穢多」と「非人」より下位に位置づけられ
         一生涯「平人(ひらびと)=庶民」に
         戻ることはできませんでした。

     ・非人や穢多は、収入があってないようなものでしたので、
         租税を課せられることもなかったので、
         やがて、その租税免除により、幾らかでも貯えをし、
         土手などから、平地に土地を持つ者も出始め、
         大きな意味で「部落」ができました。

         明治4(1871)年に制定され、明治5年に編成された、
         壬申戸籍(じんしんこせき)には、
         「皇族・華族・士族・卒・地士・僧・旧神官・尼
         「平民・新平民・非人・穢多」などという「階級」が書かれており、
         当時は、身分制度が色濃く残っており、
         誰でもがこの戸籍を閲覧することができました。

         昭和43(1968)年に、差別部落の人を探し出す事件が発覚し、
         大企業での採用取り消し、部落民との結婚禁止などという事件が発生し、
         同年、「閲覧」および「公開」を禁止し「永久封印」とされました。
     ・差別部落民
         苗字には星・人体の名称(手・足・耳・頭・目など)
         東西南北・大小・動物の呼び名・松竹梅・神・仏

縄文と弥生

縄文 / 弥生

縄文文化         / 弥生文化
狩猟生活の縄文時代  / 稲作がもたらされた弥生時代
複雑な文様が描かれた縄文式土器 / 機能重視の弥生式土器
日本土着の縄文人  / 渡来人(大陸から渡って来た外来人)の弥生人


縄文時代
    ・基本的に食物採集の文化であった
    ・採集した食物を食べ、
       余ったものは穴や屋根裏に貯蔵して、
       必要に応じて取り出した。
    ・主食は堅果類であった
       クルミ、クリ、トチ、ドングリなどの堅果類が中心
 


縄文時代末期から弥生時代にかけて、
水稲の栽培が日本に伝わり、
それ以降今日に至るまで、米が日本人の主食となる。

弥生時代
    ・米の生産性は低く、米だけで主食をまかなうには不十分であった。
        米で足りない部分を縄文時代以来の主食ドングリ類で補っていた 
    ・畑作も発達した
        稲の栽培技術をもとに、畑での植物栽培も始まり、
        日本人は本格的な農耕時代に入った。
    ・畑作物の代表は麦類
        大麦と小麦が大部分を占め、
        ヒエやアワ、豆類なども多く栽培された。
    ・ウリ科の植物や果実類の栽培も始まり、
        食生活は飛躍的に豊かなものとなった。 
    ・中国では米の普及に伴い、
        すでに新石器時代において、
        牛、豚、アヒルなどを食肉用に飼う習慣が広まっていた。
        日本ではこれらの獣肉が食卓の主役になることはなく、
        豊かな漁業資源が、
        米と魚を中心にした日本の食文化を形作った
    ・現代の日本は、弥生スタイルの発展
    ・縄文スタイルで人類が発展したら
        自然を壊すことなく、
        必要なものをみんなで分け合って、
        過去や未来に生きるのでなく、
        「いまここ」に生きることができる時代に



    ・美人の定義
        細面でのっぺりした
        弥生人の特徴がよく現れているのが美人の定義だった
        渡来人(外国人)であり支配者階級であった人々への憧れ
    ・日本人は比較的のっぺりした顔だちで、
       一重まぶたで目が小さい人が多い
       寒さに対して進化した証し
         平面的な顔だち
         一重まぶた(目のあたりに皮下脂肪が集まる)
       寒さに対しての究極の進化形が、北方のアジア人
         我々の同胞であるモンゴロイド


顔の形が四角いのが縄文顔     / 長細い丸が縄文顔
眉間が盛り上がっているのが縄文顔 / 平べったいのが弥生顔
鼻が高いのが縄文顔        / 平べったいのが弥生顔
まゆ毛・まつ毛が濃いのが縄文顔  / 薄いのが弥生顔
目が大きいのが縄文顔       / 小さいのが弥生顔
まぶたが二重なのが縄文顔     / 一重なのが弥生顔
耳たぶが大きいのが縄文顔     / 小さいのが弥生顔
歯の大きさが小さいのが縄文顔   / 大きいのが弥生顔
唇が大きく厚いのが縄文顔     / 小さく薄いのが弥生顔



スピリット(精神) 
  ・荒ぶる神々 (スピリット) というものが存在し、
      人間がコントロールできない自然や、死、病に対する恐れをあらわす。
縄文人のスピリット 
    = スサノオのスピリットの一面に、荒ぶる魂、闘う魂という一面
        スーパーナチュラルな能力として、
        潜在意識から顕在意識に
    = 動物や自然との深いつながり 
        山の神とのつながり、いのししとのつながり。
         (「もののけ姫」 に表現されている)
        蛇神、龍神、海神、海人とのつながりも回復されていく
        蛇、ドラゴン、うずまくもの (霊) = Serpent Energy 
          = 水の能力・エネルギー 
          = サイキック能力、クリエイティブ・エネルギー、再生能力 の象徴 

弥生人のスピリット
    = 和魂 (にぎたま)
        弥生人のスピリットが昇華されると和魂になる
        弥生人の和魂は、農耕文化で、
        自然や動物との共生、共存による繁栄が元々の意図だった
        日本人 (人類全体) はどこかで間違えて、
        自然破壊のほうに行ってしまった
    = 和の精神 (調和、ハーモニー、バランス) 
    = 埴輪 (はにわ) 
        スマイルの霊体の穏やかさ、たおやかさ、大らかさ、
        気品、自然そのもの
        ユニバーサル・ラブ、人類愛、博愛、Compassion, 慈愛 の顕現
        弥生人のスピリットそのものの顕現、ひとつの表れ



レキシ 狩りから稲作へ
feat. 足軽先生・東インド貿易会社マン

縄文土器 弥生土器 どっちが好き?
縄文土器 弥生土器 どっちが好き? どっちもドキ。
縄文土器 弥生土器 どっちが好き?
縄文土器 弥生土器 どっちが好き? どっちもドキ。

どんぐりひろって食べてた あの頃の夕陽赤かった
貝は食べすて貝塚 海沿い移動するいつしか
見つけたら逃さぬナウマン象 どこまでも追ってく皆そう
俺縄文人 騒ぎの張本人 燃えさかる炎の 前でスウィンギン
毛皮まとう 矢尻磨く 場所にあきたらすぐに立ち去る
君も連れてく はずで鹿肉 干してたやつもって LOVEのテクニック

縄文土器 弥生土器 どっちが好き?
縄文土器 弥生土器 どっちが好き? どっちもドキ。

貴方と此処にいたいから 私の想いはもう 揺れない
どこへもいかないで ずっとここにいて
私の願いは 今日から稲作中心
稲作中心 稲作中心
日本の歴史
さかのぼろう
歌おう 日本の歴史

どんぐり拾ってつぶした 鉄より断然石でした
年下の君と寝過ごした シダの葉しげる 星の下
仮のねぐらで狩りする 係はかがり火燃してる
光り輝く 恋の盛り 気がかりは君のことばかり
イエー 口笛 丘の上 道なき荒野 フリーウェイ
そう 行く末 承知の上 忍び寄る恐怖 冷えと飢え

稲穂の実る時 あなたが好き
稲穂の実る時 あたしが好き?どっちもドキ。

狩り終えてひとり帰る道の上 月の明かりも揺れてる
涙ぬぐって 狩りから稲作へ
君の未来へつながる稲作中心
ともに暮らそう
屋根の下 稲作定住
ともに暮らそう
屋根の下 稲作定住
タカユカシキ ネズミガエシ
タカユカシキ ネズミガエシ
タカユカシキ ネズミガエシ
タカユカシキ ネズミガエシ
タカユカシキ ネズミガエシ
タカユカシキ ネズミガエシ
タカユカシキ ネズミガエシ
タカユカシキ ネズミガエシ

縄文土器 弥生土器 どっちが好き?
縄文土器 弥生土器 どっちが好き?
縄文土器 弥生土器 どっちが好き?
縄文土器 弥生土器 どっちが好き?
縄文土器 弥生土器 どっちが好き?
縄文土器 弥生土器 どっちが好き?


耳あかがネバネバの「湿型」は
綿棒
耳あかがカサカサの「乾型」が
耳かき
ところが、
外国はほとんどが「湿型」なので
耳かきというものがありません!
逆に日本人は「乾型」が多く、
耳かき文化を生んだようです!
この違いは遺伝子の違いですが、
この遺伝子がもっとも多く分布するのが
中国北部で、「乾型」のルーツが
そこにあるようです・・・
国内の「湿型」と「乾型」の分布をみますと・・・
「湿型」が多いのは・・・
岩手、沖縄、広島、宮城、山梨の順
「乾型」が多いのは・・・
京都、岐阜、大分、愛媛、福井の順
これらのことから、
「湿型」は縄文人!
「乾型」は弥生人!

をルーツにもつということです!


記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種