ブログパーツ
次NEXT≫

川口由一さん主宰の赤目自然農塾

自給自足は、簡単なことではなく、
経済社会の一員でいる方がある意味とても楽ですが、
それでも、できる範囲で、
自然に寄り添う生き方を選んでゆきたいと思っています

先月、
奈良の赤目自然農塾の見学に行ってきました
DSC07233.jpg DSC07240.jpg

DSC07250.jpg



自然農法には、4種類があります。
1.自然農(不耕機栽培)
2.自然栽培
3.MOA自然農法
4.炭素循環農法


その中でもとりわけ興味をもったのが、
あれダメ、これダメ、こうじゃないとダメというのではなく、
自然のままに育つ
川口由一さんの自然農


その川口由一さんが主宰するのが、
赤目自然農塾

赤目自然農塾では、
法則1 耕さない →土が肥える。自然の植物は耕さなくても育っている。
法則2 肥料・農薬を使わない  →生態系が保たれる
法則3 草や虫を敵としない  →作業が楽で、命豊かな畑になる。

という考えの元、自然の流れ・循環・仕組みに沿った栽培をおこなう農法。
それを『自然農(しぜんのう)』と呼んでいる。

自然のままの命のサイクルが、最適な作物を育てる。
そのサイクルを守ることで、永続的な農法が可能になるという発想から、
作物の生命力と、その土地の気候、土質に応じて、
必要最小の手助けをする栽培法を実践している。


自然農という考え方
・命という観点

・天然自然が、
  過不足なく、誤ることなく、生きる糧を用意しています。
  それが自然です。自ら然(しから)しめるのです。

・手を貸すのもできるだけ余計なことをしないで最小限度にとどめておいて、
  あとは大自然の営みにまかせる、あるいはお米の生命にまかせる。
  自然の作物を自然に任せておくと自然に育っていく。
  私たちがするのは、あくまでも手助け。

・お金を中心にした貨幣経済の中で生活が約束されているのではなくて、
  生かされるのはこの大自然界で、
  大自然界には生きるに必要なものは全部用意されている

・他から持ち込まず、全てをその土地で循環させる。
  作物を育む大地に負担をかけない。

・その土地で取れる作物の量は自然と決まっている。それ以上求めてはいけない

・すべて自然に任せる事が、永続可能な農へと繋がる


川口由一 2004 自然農法実践家 「自然に沿って生きる」


Yoshikazu Kawaguchi's Natural Farming Method (1/2)

Yoshikazu Kawaguchi
Principles
Fukuoka distilled natural farming into five principles:[10]
1.No tillage
2.No fertilizer
3.No pesticides (or herbicides)
4.No weeding
5.No pruning

赤目自然農塾の年間の主な農事暦
1月 新年の田畑を一巡。収穫祭と新年会。
   新年度にむけての再確認と抱負。運営の話し合い(全体で、スタッフで)。
2月 お米づくりのスタート。田んぼの案内と場所の決定。整地と畝作りなど。
3月 整地と畝作り、畦の補修、ジャガイモの植付けなど。
4月 水稲、陸稲の種おろし、サトイモの植付け、夏野菜の種おろしなど。
5月 陸稲の種おろし、夏野菜の種おろしと手入れ、畦の補修、畦草刈りなど。新年度の名簿を配布。
6月 麦刈り、田植え、除草、サツマイモの植付け、ダイズの種おろしなど。
7月 麦の脱穀、水管理、畦の補修、除草など。
8月 水管理、畦の補修、畦草刈り、秋野菜の種おろしなど。
9月 水管理、秋冬野菜の種おろしなど。基金の会計報告。
10月 稲木の立て方、稲刈り、冬春野菜の種おろしなど。
11月 麦まき、お米の脱穀、籾摺り、エンドウ、ソラマメの種おろしなど。
12月 お米の脱穀、籾摺り、稲藁ふり、タマネギの植付けなど。
   大掃除、地主さん、区長さんへの挨拶。次年度に向けて継続、卒塾、希望、要望などの受付け。
次NEXT≫

天然循環資源の大麻

以前から、
麻(ヘンプ)素材の商品に興味がありました

麻製のバッグを探していたり、(シンプルで品のあるデザインをみつけられず・・・)
麻製の布ナプキンを買ったりしています


先日、
3次元社会で出会った人と麻のお話をし

その数日後、
前職場の同じグループで働いていた一人が、
大麻を摘発したので、(結構大量だったらしく・・)
当時の当時のグループメンバーが集まり「おめでとう会」がありました


麻関連のことが続くので、
麻について調べました



大麻といえば、
今現在の日本では、
「大麻取締法」があるので、
(免許がな限り)所持することも栽培することもできません

大麻は、
非常に危険な物質(植物)と
思っている方も多くいらっしゃるのでないでしょうか?

大麻が規制されているのは、
薬物として危険であるからでは無く、
資源として有用であるからなのは、ご存知ですか?


実は、大麻は、
日本において
かなり古くから人々の日常生活に密接に関わっていた
非常に重要な植物でした


それが、戦後、
GHQの圧力には逆らえず、
大麻取締法が成立しました。
 (大麻取締法は、麻薬取締法とは別の法律として位置づけられています。)


私たち日本人庶民は、
戦後からずっとマインドコントロールされています。

1900年代の初頭に
石油資源を中心に経済を発展させていこうとする資本家の考えがあって、
大麻産業のような循環産業が、
石油化学産業の推進の流れには不必要だと理解され、
大麻を始めとした多くの天然循環資源が
衰退していったという歴史的な背景があります。

そうしてきた結果、
現在の環境破壊にもつながっています。

広い業界にわたり
あまりにも有用すぎて、
経済循環に大きな影響をもたらすので、
今更、大きな声ではいえないようになっています。


ですが、
ここまで環境を破壊してきて、
心の病を抱える人を増やしてきて、
まだ利益・経済が大切でしょうか?
それで幸せになれると本気で思っていますか?

そんな考え、価値観が当たり前の中に生きて、
そんな考え、価値観を持つのが当たり前の日本人が
今の日本を創っているのです。

一人ひとりが根本の価値観を変えて、
選択する道を変えないと、

子供たちに希望を与えられない大人
お先真っ暗な社会を創る一員になってしまいます。
(表現が不適切・・・表現下手ですみません。)


日本人のDNA、
その土地にあったものと共存いていくことが大切で、
日本人の暮らしに大麻を取り戻すことが
精神的にも環境的にもいいのです
 


天然循環資源の大麻
  ・大麻は安全
  ・国内で麻を栽培してエネルギー源として利用すれば原油国に依存しなくてすむ
     そうすることで、地方農業の活性化になる
  ・麻の種子は低コストで生産でき、成長が非常に早い
     南極、北極、グリーンランドを除く世界のほとんどの地域で栽培することが可能
     雑草なので、泥団子の中に種子を入れてその辺に投げとけば誰でも栽培可能

  ・1万年以上もの歴史をもつ日本の麻文化
     縄文時代から人間は植物と共生し続けてきた。
     第二次大戦前は、栽培が国家によって奨励され、
     衣食住に関わる重要な物資として、何処の農家でも生産されていた。

  ・邪気を払い除けるおはらいの用具、聖なる植物として、神事的なものに多く利用
     神社のお祓いで、神主が振る大幣には大麻の繊維が使われている。
     お札(伊勢神宮大麻)や御幣、神社の鈴縄、狩衣、巫女の髪紐、お盆の迎え火など、
     天照皇大神さんの御神体は、鏡と「大麻」。

  ・皇室の儀式として
     日本では古来より現代に至るまで皇室の儀式として麻の義がとり行われていた


医療、食品、繊維の業界でも大活用
化学燃料・材木の代わりなる産業資源になり、温暖化防止にも環境にもよい
  ・大麻のは空気を汚さない車の燃料にもなる

  ・繊維は耐久性の高い衣類になる
  ・クリーンな建材や、土に還元するバイオプラスチックの原料にもなる

  ・木材を使わずにを作る事が出来る
     化学薬品の必要性が無い
  ・住宅:耐熱性に優れた建築用パネルが作れる
  ・地球環境に安全なペンキやニスの塗料が作れる

  ・ハーブや食品として活用できる

  ・麻酔として使われていた
  ・さまざまな病気の治療薬     
     漢方薬局では大麻草が販売、使用されていたが、
     それによる弊害の報告例は皆無であった。
     医薬業界は効果的で安全な薬効ハーブによる自然治療を妨げ、
     より副作用の強い化学薬品を処方し、利益を追求するようになった。


  ・EU(欧州連合)を始めとする諸外国では、
     ヘンプ産業は、環境産業として確立され始め、
      あらゆるものに活用されています。

  ・大麻の葉が、7つに分かれているのは、
    “プレアデス星系”、“七芒星”をあらわしている

次NEXT≫

田植え体験

田植え体験2013.06.01
つい1週間前に、
ファーストステップベランダ菜園を始め、
次に目指すは、「農業ボランティア」なんて言っていたら、
職場で、会員さまから(職場はNPO法人なので、会員さまがいらっしゃいます)
田植えのご案内メールが来ました

チャーンスっこんなに早く来るとは
ヤッケにナイロンズボンに後ろの長い帽子にと・・・なぜか持っていた農業セット
  2年前にもマイブームがあり、
    職場の友達のご実家が農家だということで、体験させてもらおうとしていましたが、結局はタイミングがあわず・・・
DSC06426.jpg
ゆくゆくは、自給自足・・・
ですけど、甘くはない現実を知りました
虫やドロが苦手だし・・4日くらい筋肉痛が治りませんでしたし・・・
一長一短ではできませんが、
着々と活動しながら、力をつけてゆく予定です

川口由一が提唱されている自然農という方法の田植えを教えてもらいました
機械ではなく、手作業です
水をはっていない乾いた農地に苗を植えてゆきます。
そうすることで、乾いている地面にしゃがんで出来るので、腰が痛くありません。
IMG_0240.jpg
まず植える苗を探します。間違えて雑草を選ばないように
IMG_0247_20130529210041.jpg

30cm感覚でおきます。こんな感じに
IMG_0251.jpg IMG_0248.jpg

全部の苗を植え終わったら、せき止めていた水路から、せきを崩し、水を流します
IMG_0252.jpg

水がはられた田んぼ
IMG_0238.jpg IMG_0242.jpg




平城宮跡で田植え体験2013.06.18
平城宮跡で田植えをしてきました。
IMG_0358.jpg

心地よい疲労感
無心になって、土や草に意識を向けていられる
IMG_0363.jpg IMG_0345.jpg

休憩タイムは、梅の木の下で・・・
あそこにある実が美味しそう!!
IMG_0352.jpg

スーパーに行けば、食品がなんでもそろっています。
炎天下でわざわざ体を使ってこんなことしなくても、
お金で何でも買えるお金主義時代です

語弊があるかもしれませんが、
マネーゲームの奴隷社会のからくりを知ると・・・生き方変わりますね
最初は、幻滅して、
経済活動の中にいる身としては、無気力になるし、どうしていいか分からなかったのですが、
資本主義社会の経済活動の中でも、十分、楽しく生きられるで

一度崩れた自然のバランスを取り戻すことは、
とても難しいので、これ以上、地球環境バランスが壊れない暮らし方を選びましょう

田植えって、言ったって、別に農家になる予定はありません。
土地や機械をかって、ウン千万。
そこから先は、そのローンのために、働かないといけないのです
そして、人生が終わります。。。
住宅ローンのからくりと一緒。お金が充分にあったら、別ですけど

次NEXT≫

ベランダ菜園

トマトの実がなる2010.05.28
マイハウスの玄関先に花壇がございますが、かなり土の状態がよく、
切っても切っても、緑が生えてきます  意外とお手入れ、かなり大変です
好きな空間にしようと、毎年、試みております
一昨年は、イチゴを植えて、大失敗
イチゴの実がなって、かわいかったけど何故か、怖くて食べれず
しかも、アリさんがたくさんきて、大変なことに

去年は、ハーブを植えて、これまた失敗
花壇に直接植えたので、どれがハーブか雑草かわからなくなりました

今年は、長年の夢プチトマトを植えました
ちゃんと、植木鉢に植えてから、花壇に、猫よけに、土の上にイボイボ
カラスよけに、ネットもしました
まだ、1ヶ月も経っていないのに、今朝見たら、青い実がなっていました
とっても嬉しかったです
PH_277.jpg
隣に、パセリも植えています
どちらもお弁当用です
花壇で植物を育て始めてから、雨の日が嬉しくなりました
水やりしなくていいから・・・




トマトの成長2010.06.13
我が家の花壇、さりげにすごい栄養がしっかりした土
まだ、一度も水をあげていないのに(いいタイミングで雨が降るのよ)
たくさん実がついてきました
5/28(金)
PH_277とまと
 ↓
6/12(土)
PH_313とまと 
上の方にもたくさん
PH_315とまと






トマトの初収穫2010.06.29
トマトを育てて早1ヶ月無事、1個目を収穫いたしました~~
収穫というか・・・
熟すまでもうちょっとと大切にしていたのに、
草枝を切ってる時に、気づいたら、土の上にコロンとおりました
PH_322.jpg
  6/26(土)       6/12(土)         5/28(金)
 PH_342.jpg PH_313とまと PH_277とまと




ベランダ菜園2013.05.18
突如思い立って、以前からしたかったベランダ菜園の苗を買いに行きました
菜園ど素人、超初心者なのに、難易度考えずに、買った苗は、

フルーツトマト・オクラ・ミニきゅうり
ミニかぼちゃ・黒大豆・シソ(種)


オクラときゅうりとシソは、
初心者向けに最適と聞いていたので、ゲット
あとは、好みのものを買っていました
DSC06419.jpg DSC06417.jpg

職場の朝礼スピーチで、ベランダ菜園のお話しをしたら、
翌日、職場の上司に、島らっきょうをいただきました
その翌日、別の上司に、大葉もいただき、
ベランダ菜園初心者、ルンルンです
↓ 合理的な水やりを考え、邪道な植え方してます
DSC06408.jpg
そうこうしている間に、3月4月は、採れる野菜がないからということで
しばらくお休みをしていた産地農家の方から、お電話が来て、
野菜が採れ始めたとのことでまた送っていただけることに
DSC06422.jpg
この時期は、苗や種も植えやすく、
生命のエネルギーが活発に動き出す時期ですね~

産地農産物宅配 ⇒ ベランダ菜園 次に目指すは、
農業ボランティア
ゆくゆくは、自給自足です
夢や目標をかかげてがんばらなくても、
   (目標を掲げて目標達成することに充実感をもっていた時もありましたが・・・)
魂に沿った生き方をしていたら、
自然と目指す方向に向かいますね
次NEXT≫

地球環境

この星を救うには2013.01.13

2000万種の生き物が暮らすこの星(地球)を
破壊している
のは、ただ1種。

『  』です。
その中の、たった1割です。
教育があり、政府があり、社会制度がありと立派な知識を持っている国の人が狂っているのです。
何度も警告があるのに、今でも分からない・・・。



地球を救うためには、どうしたらいいの?
警告にすら気付かずに、洗脳され、洗脳されていることにも気付かない私たち
  一般人は、
  3S政策(スポーツ、スクリーン、セックスの情報を大量に流し人々を無智化する政策)で無智化され、
  動物的にさせられています。


まずは、真実に気付いてゆくところから、始められます
最初の第一歩です




人間が長期的に安定して暮らせる地球環境の維持のため2013.04.04
人間が長期的に安定して暮らせる地球環境の維持のため
できることから、はじめよう
人によってできる対策は違います。

無駄な人間活動をなくし、
便利・快適が、
自然にやさしくない、エコではないことに気が付くことが大切です。
消費全般に関して リフューズ>リユース>リサイクルの順にエコです。


食編
・食物は、なるべく国産で原産地が消費地から近いものにする
   (消費地までの輸送にかかるCO2が外国産とはるかに異なり、安全性の上でもベター。)
・余計な外食も控え可能な限り弁当を持参。
・食事は残さない。
・肉の消費量を控える(1gの肉を作るのに9gの穀物が必要です。
    過剰放牧のため発展途上国の森林伐採が進みます)。
・レジ袋持参は当然。過剰包装は断る。
・ペットボトル飲料は止め、マイ魔法瓶を持参。
・生ごみは処理機を使い堆肥にする。
・味噌汁の残り、料理を食べた後の汁、コーヒーや牛乳の飲み残し等は、
   流しに流さずゴミ箱に捨てる
   (わずかな牛乳でにごった 水を、きれいな水に戻すためには、かなり多量の水が必要)

電気
・白熱灯<蛍光灯<LEDとか、省エネ家電とか、そもそも電気を食うものを省エネ型にする。
・エアコンは極力使わず、
   夏は扇風機と水浴び、森のある公園、図書館に行って乗り切る。
   冬は4,5着来て靴下を2重に履いて厚着をしてから、暖房器具を使うようにする。
・家電の待機電力はぜんぶオフ。
   電化製品のコンセントは、使わない時はなるべく抜いておく。
・テレビはほとんど見ない。パソコンも仕事以外に使わない。
・風呂の自動保温設定はやめてさっさと入る。(大量の電気とガスを食います)
・昼間は窓を開けて、明るい部屋で過ごし、電気をむやみにつけない。
・トイレに便座カバーorシートをし、24時間365日の便座暖房は止める。
・電池は充電池にする。

水道
・節水シャワーヘッドを付ける。
・流しっぱなしはもってのほか。
・夏場は風呂を止めてシャワーにする。
   お風呂の時も、水を頻繁に張り替えないか、張り替えるときは洗濯などに使い回す。
・洗濯はまとめあらいでためすすぎ。
   汚れが少ない場合、冬場は、汚れた所だけ部分的に手洗いして終わりにすることも。
    (なんでも機械的に丸洗いは、水量が増えます)
・汚れたお皿は、いらない布でふき取ってから洗う。
・バスタオルではなく、普通のハンドタオルにする
    (お風呂の中で体を拭いてから出るといいです)。
・米のとぎ汁を食器洗いや植栽の水やりに活用する。


ガス
・お湯を極力使わない。
   冬場以外、食器洗いや手洗いは、落ちにくい時以外は水や低温のお湯でやる。
・ビタクラフト、クリステル等の多層鍋を使い、火力を低くしつつ調理時間を減らす。
   (普通鍋と全く違うのが実感できます)

その他
・環境問題の記事やニュースに関心を持つ。
・環境対策に積極的な政治家を応援する。
・マイカーなし。公共機関、自転車、徒歩で。
・ダイレクトメールは「DM不要}と朱書きして返送し、元からシャットアウト。
・余計な会員になったりカードを作ったりしない。
企業のエコCMはエコとは限りませんので、惑わされないことも大事。
・CO2を低減させることばかりでなく、吸収させる活動はとても有効です。
   つまり、NPOの植林活動に寄付したりツアーに参加したり。
   国産材の活性化を支援したり。
・スプレー用品は購入しない。
・洗剤を石鹸や重曹・酢、天然ワックス等にし、無駄な化学合成品(合成洗剤、芳香剤とか)を買わない。
・着なくなった服を適当な大きさに切って、掃除、メイク落とし、ティッシュ代わりに使う。
・余計なものを購入しない。良いものをとことん長く使う
    (服一着製造するのに石油10リットル前後を使用します)
・ウェットティッシュ、キッチンペーパ、お掃除シート、ラップ、
   紙オムツ、生理ナプキン、お化粧コットン等の使い捨て用品を使用しない。
・トイレットペーパのように、どうしても使いすててしまうものは、古紙含有したものを使う。
・雑誌や本は図書館で借りる。
・購入するときは、新品より、リサイクル品をネットで探す。
・廃棄するときも、使ってくれる人がいないかネットで探す。
・持ち家の方なら、ソーラーシステムを導入するとか、
  エコ住宅にするとか、生ゴミは堆肥して家庭菜園して自給率を上げるとか。






自分のエネルギーを使って生きる 2013.02.10
意識の高い人が活き活きと生きられています
自分が家畜人間だったこと、自分省エネで生きていたことに気づきました
便利快適な生活は、不自然な生活なのです。
人は、人から発する100ワットのエネルギーで
掃除や家事、移動・・・等色々と作業ができるものなのですって
100ワットでできることを
電力などで10倍以上の1000ワットのエネルギーを使い、掃除・洗濯・家事・生活等をしています

何故?
楽したいから?忙しいから?便利だから?
生活を電力に任せ、あまった自分のエネルギーを
無駄なことに注いでいるように思います。 ・・・娯楽や3Sなどにね。
楽をしたいがために、自然や地球から必要以上にエネルギーを奪って生きています。
生きてゆくには、自分の持っているエネルギーを使うという
大切なことを忘れかけてしまった日本人。

今の社会は、自力で生活できない人を育て、
自国で循環できない日本を創りあげています


私たちの先祖代々は、知恵で生活し
生命を循環させながら、命を繋いできてくれました
私たちは、そのDNAをしっかり受け継いでいます。
思い出してください何が大切かを。

便利だから・・・・当たり前だから・・・・
そんな意識の日本人が創る日本でいいのでしょうか?
地球の現状に意識を向けて、出来ることをしてゆきたいものですね。

政治を動かそう!なんて大きなことはできなくとも、
人としての生きる力を呼び覚まし、
自分のエネルギーを使って生きる術を取り戻すことができます
生活を見直し、
  生活ラインは、自分のエネルギーを使って生活する掃除機や食器洗いや階段や。ドライヤーや車や・・・ね。
3次元レベルでできることです

一人ひとりの意識が生活・人生・国を創ってゆくのです
一人ひとりが光り輝き、日本をそして、地球を美しく光り輝かせられますように


人間は、何ワットか

●電力量⇔熱量 は
  単位が違うだけで、どちらもエネルギーの単位
  二つの単位の間には、以下のような関係があります。
  1kWh = 860kcal
      

カロリーは、
  人間が何もしなくても一日に消費する「熱量」
  人間は概算でこれと同程度の熱量を常に体外に放出しています。
  1グラムの水の温度を1℃上昇させるのに必要な熱量が1カロリー。

電力(W ワット)は、
  一定の時間に、どれだけのエネルギーを使うかを表しています。
  1Kw=1000w

電力量(kWhキロワット時)は、
  どれだけ電力を消費したかの総計を表します。
  消費される「エネルギーの単位」でもあります。

電力 × 時間 = 電力量

●1日の基礎代謝
  成人男性  1500kcal
  成人女性  1200kcal

基礎代謝とは、
何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために
生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと。


●人間が1日に生み出すエネルギー(基礎代謝)を電力量に換算すると
  成人男性 1.7kWh (1500kcal÷860=1.7kWh)
  成人女性 1.4kWh (1200kcal÷860=1.4kWh)

●人間が1日に生み出すエネルギー(基礎代謝)を電力に換算すると 
   人間は、1日の電力力を24時間で消費します。
 人間が常時放出する熱量は
  成人男性 62W (1.7kWh÷24時間=0.070kW=70W)
  成人女性 54W (1.4kWh÷24時間=0.058kW=58W) 
 



家電の消費電力
次NEXT≫

ランチタイムに思わず涙・・・~子猫を保護した一ヶ月間の記録

目にとまってみてしまいました。

思わず、涙・・・・


ペットショップで、
人工的に作られた命を飼って、
命をつなぐのも

自然の中で亡くなる可能性のある
命をつなぐのも


命を大切にすることには
変わりはないのでしょうが・・・


なんだか、大きく違うように思います


命を繋いで下さり、ありがとうござました
地球に生まれてきて、
そして、生き延びてくれて、ありがとう

子猫を保護した一ヶ月間の記録
次NEXT≫

フリーエネルギー

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
NEXT≫
記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種