ブログパーツ
次NEXT≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次NEXT≫

利休にたずねよ

海老蔵さん主演の利休にたずねよを観てきました


堺市出身で、
お茶を習っていることもあり、
とても気になっていた映画でした


この映画は、
カナダで開かれた第37回モントリオール世界映画祭で、
芸術性の高い作品に贈られる最優秀芸術貢献賞を受賞しています。

利休演じる海老蔵さんと
利休の茶の師匠の武野紹鴎演じる市川團十郎さん
海老蔵さんと市川團十郎との
最初で最後の親子共演になった作品です。

秀吉に茶人として仕えていた利休、
利休の名声が高まるにつれ秀吉は心を乱していき、
利休を窮地に追い詰め、ついには切腹を命じます。
利休が切腹する日から順に遡って、利休という人間を突き詰めていく物語です。

秀吉に仰せのとおりにしますと言えば生き延びたかもしれないのですが、
利休は、自らの美学を貫き通し、命より茶を選びました。


歴史・文化映画と思っていたので、
ハンカチ要らない~って、

みていたら・・・

途中から、号泣

これ・・・
恋愛映画なんだ・・・
 高麗の高貴な女性と結ばれない運命・・・



お茶を習っているから、
茶道の心をここに持っていくの?と、
物語的には・・・でした

歴史や文化に興味がある方にはおすすめできない映画かな


でもでも、
海老蔵さんの所作や居住まいが本当に美しかったです
洗練されていて、無駄がないんです!
映し出される指先まで。

前のめりになって、
見入ってしまいました
衣装やお道具も美しい


このシーン、
column05_img01.jpg
高貴な人へお茶を点てる時、 
天目茶碗を天目台を用います
この天目台を使うお手前を台天目というのですが、
そうそう、お目にかかれるお手前ではないので、
見ていてすごく晴れやかな気持ちになりました
お稽古する時に、お稽古以外で点てる機会はないだろ・・・といつも思います




利休の奥さん役・中谷美紀さんの繊細な演技も素敵でした

利休を支えるよき妻、
複雑な心境が所々に出ていて、

この2シーン、

「ずっと想い人がいたのではないのですか?」

宗恩は利休の茶室にいて、
「最後に、私がお尋ねしたかったのは…」とつぶやくシーン、


切なさが伝わってきました



あと、利休の

秀吉から、「お前に帝までが夢中だ、なぜだ」と訊かれた時に、
「茶が人を殺すのでございましょう。
  人を殺しても、なお手に入れたい美しさがございます」


「私がぬかづくのは,美しいもののみにございます」


この言葉も心に響きました






利休は、
茶の湯を芸術の域にまで高めて、侘び茶を完成させたことで有名です。

利休は一生を通して「美しきもの」を求め続けました。
それも豪華絢爛な美ではなく、
最小限の中に、目立たない調和のとれた美
これは、欧米文化や中国文化にみられない、日本文化の特徴と言っても過言ではないでしょう。

そのこだわりが
楽茶碗や茶室に表れているのですよね。


以前、
普段と変わりないお稽古中に、
師匠に
『肘は張りましょう。綺麗に見えますよ。
 では、そろそろ美を追求してゆきましょうか。
  この言葉を伝えられて本当に嬉しいです』
というお言葉を頂きました。

お稽古は、来る日も来る日も同じことの繰り返しです。
身体で覚えるまで、ひたすら基本の繰り返しなのです。
ある程度、形を覚えたら、後は、その人の美意識の追及
それは、こうというものがなく、人それぞれで、自己研究なんです。

最初から「美」のことをいうと、
覚えないといけないのと、
見えないものへの対応で混乱するので、
その時がくるまで、言わなかったそうです。

映画を見ながら、
そのことをふっと思いだしました

生き方もそうですね、
人うんぬんではななく、自己研究。
美意識をもった生き方をしたいものです
スポンサーサイト
次NEXT≫

茶道徒然

茶道も次のステージへ  2011.11.12
お茶のお稽古の帰り道魂が喜んで喜んで、涙が止まりませんでした
普段と変わりないお稽古中に、
師匠に『肘は張りましょう。 綺麗に見えますよ。 ・・・・
では、そろそろ美を追求してゆきましょうか次のステージですね』というお言葉を頂きました

『○山さんに、この言葉を伝えられて、本当に嬉しいです』
と言って喜んでくださいました

初めて師匠の口から聞きました
利休が追求したのは、究極の美だったと。
最小限の中に、本当の「美」を追求する。
目立たない調和のとれた美を求めた利休。
美を愛し、美を敬い、美を追求し、美を恐れ、そして美に支配された男。
    利休が、そんな方だったとは・・・何年習ってて、知らずにいたのかしら・・・

お茶の世界は、ある程度、形を覚えたら、後は、その人の美意識の追及
それは、こうというものがなく、人それぞれで、自己研究なんですと
美の追求
最初からこれをいうと、覚えないといけないのと、
見えないものへの対応で混乱するので、言わなかったそうです。

お稽古は、来る日も来る日も同じことの繰り返しです。
身体で覚えるまで、ひたすら基本の繰り返しなのです。
それも、形ないものを大切にする心を養うために、
私の魂が望んでいたことなんだと、気付きました
お茶のお稽古で習うことは、茶道に限らず、日常全てへと通じているのです。
お茶を習っていなかったら、ものに対する扱い方は、今とは違っておりました
人が大切にしているものや、おもなしの心でもって、
選んでくれている、出してくれている茶道具。
目に見えないものを茶道具を通して、感じる。
そんな心の養いを知らず知らずに教えて頂いてきたのです。

“もてなし”の心を大切にし、主が客をもてなすために
作法を鍛練し、美を追求する。
自らの美学の追求
一つステージをあげてゆきます

今日のように、グローバリゼーションが進む世界にあっても、
茶道は、世界に通用する文化して世界から認められています。
これは、茶道が、当時の国際都市堺ではぐくまれ、
完成されたことと無縁ではないと考えられます。
利休が完成した茶道とは、
外国文化に触れた日本人が見つめた日本的なものの再発見ではなかったのでしょうか。
利休以降、四百年にもわたって茶の湯が日本人の心とらえて離さないのは、
茶道が、日本文化の本質に触れる部分を持っているからではないでしょうか。
千利休は、草庵茶道、すなわち侘び茶道の完成者とされています。
目立たない調和のとれた美を、追求したといわれます。
これこそが、日本文化を、欧米文化や中国文化と比べたときの
際立った特色であるといえるのではないでしょうか。


次NEXT≫

講師免状を修得

今日は、新月です
6月2日(木) 6:03 (旧暦5/1)@双子座



大学時代に茶道に縁を持ち、
2004年に再スタートをきり、
2011年の今、7年目です


表千家講師のお免状を頂きました
弟子を取ることが許され、
許状を申請することが出来るようになります






私のブログを書くスタンスは、
自己備忘録のような・・・

記憶力の悪い私ですので、
忘れないように、
淡々と好きな情報をまとめております

アメブロのような、
交流重視さは皆無で、
知り合いですら、誰が読んでくれているのかも分からず・・・
    よく読んでいるのか、たまに読んでいるのか、全く読んでいないのか・・・知らず
     今まで、ブログを読んでるよと言ってくれた友達は、数人
     読んでいる前提ですので、話がかぶらず、お話しができますし、とても嬉しかったものです


コメントや拍手や訪問者数を気にせず、気づかず
地味に趣味ワールドを満喫し、
ブログを活用して、
情報・頭の整理(インプットアウトプット)をしてきました



『茶道』カテゴリを読み返してみると、
拍手がございました
全記事に、
最低1つは、拍手されているカテゴリは、茶道カテぐらいだと思います
   他カテの拍手状況はみておりませんけど・・・
何故だか、涙が溢れてきました

自分の趣味を綴ったブログ
こうして、
心温かく拍手してくれている人がいたことに、
嬉しく思い、
そして、心から感謝いたします



講師として、
人に教えるという視点から
もう一度、基礎から学び、
できれば、その情報も整理し、
共有できればと思っております


とあるお稽古日の景色
DSCF1789.jpg s-DSCF2219_20110521135531.jpg

DSCF1787.jpg de3PH_536.jpg jan02DSCF3413.jpg

PH_532.jpg PH_533.jpg

次NEXT≫

座り方、襖の開け閉め、お辞儀、歩き方

茶道の世界では、
歩き3年』といわれるほど
畳の上を歩くのは、
意外と難しいのでございます



立ち方
表千家
両手をそれぞれ両膝頭にあてて、
両足の位置をそのまま動かさないで、
腰を浮かせて、ゆっくりと身体が揺れないようにして立ち上がります。
立ち上がったとき、両足がそろっているようにします。 (片足が引けていてはいけません)

裏千家
両手を膝に軽くあてたまま、
両足を同時に爪立て、
かがとの上に腰をのせ、
腰から上の姿勢をくずさないようにして、 両足のかがとを揃えます。
立ち上がるとき、下座の方の膝を立てるのを原則としますので、
普通の席では、右膝を少し立て、
両手は立ちあがるにつれて両脇へおろし、
まっすぐに立ちあがります。
この時右足が、左足より半歩前にありますので、左足から前に進みます。

武者小路千家
両足を同時につま立て、かかとの上に腰をのせ、
片足を少し前に出し、出した足の膝を少し高くし、
左右両かかとの上に上体を一度安定させ、
上体を突き上げるようにして立ち上がり、立ち上がったら足をそろえます。


座り方
表千家
両足を並べて自然に座ります。
片足を引いて座ってはいけません。

裏千家
武者小路千家
片足を少し前にし、上体を沈め、後ろの足の膝、
出した足の膝の順につき、両膝をそろえながらすわります。
※両足をそろえて膝からすわらぬようにします。


襖の開け方
和室では立って襖を開けることはありません。必ず座って開けます。
まず、襖の正面に座ります。

表千家
襖の引き手に近いほうの手を襖の引き手にかけて、
三分の二ほど開け、次に反対の手で、
襖の枠の下から一尺(30cm)ほどのところにかけて、開け切ります。

裏千家
襖の引き手に近い方の手を襖の引き手にかけて、
手が入る程度に襖を開け、
その手を襖の枠の下から八寸(24cm)ほどのところにかけ、
体の中央まで開け、次に反対の手で残りを開けます。
このとき、全部開けきらず閉めるときに手がかりになる分だけ少し残します。

武者小路千家
これから襖を引く方向の手を引き手にかけ、
三分の一程あけ、次に反対の手(柱つきの手)で襖の枠の下の方を押して、
襖の幅の四分の三ほどを開けます。
部屋の内からあけるときは、襖を引く方向へ斜めにすわり、
襖を引く方向の手を引き手にかけて三分ほどあけ、
反対の手で襖の枠の下方に手をかけ、四分の三まであけます。
※ 出入り口の建具の幅が、半間の四分の三程であれば全部あけますが、
半間またはそれ以上の場合は、半間の四分の三ほどまで開け、
あと四分の一ほどは開け残します。
人の出入りには二尺四五寸程で十分なので無駄をはぶくとともに、
手を伸ばしすぎた姿勢の乱れを嫌ったものといいます。

襖の閉め方
表千家
襖の引き手に近いほうの手で三分の二分ほど閉め、手をかえて閉め切ります。

裏千家
襖に近い方の手で下から八寸(24cm)ほどのところを逆手に持ち、
襖を中央まで引き出します。
反対の手で持ち替えて建て付けにあたるところまで引き、
その手を引手にかけて、静かに最後まで閉めます。

武者小路千家
女性の場合は、部屋の内から閉めるときは、
襖に体を斜めにしてすわり、
襖を引く方向の手で襖の下方をつまんで七分程度引きます。
反対の手を引き手にかけ閉めきります。
部屋の外から閉めるときは、茶道口の正面にすわり、
襖を引く方向の手で沸くの下方を持ち、
七分ほど引き出し、反対の手を引き手にかけて閉めきります。
男性の場合は、部屋の内から閉めるときは、
襖に斜めにすわり、襖を引く方向の手を引き手にかけて七分ほど閉め、
反対の手を引き手にかけて閉めきります。
部屋の外から閉めるときは、茶道口の正面にすわり、
襖を引き出す方向の手を引き手にかけて七分ほど閉め、
手をかえて引き手にかけ襖を閉めきります。

お辞儀の仕方・座礼
表千家
両手を八の字につきます。
このとき、女性は両手を約七~八センチあけ、
男性は二十センチほどあけます。頭だけを下げるのではなく、
体全体を前に下げるつもりで、
三十度くらいの角度に自然にお辞儀します。

裏千家
真のお辞儀  行のお辞儀
両手の指先を揃えます。
お辞儀は、「真」、「行」、「草」の三種類のお辞儀があります。
「真」のお辞儀は、 両手を静かに膝の前に下ろし、
手が下がるにつれて上半身を自然に前へ進め、
掌を全部畳に付けます。背筋を伸ばしたまま、
お腹を膝に付けるくらい上体を前にかがめます。
掛け物を拝見したり、主客の総礼、客がお茶を頂くときにします。
「行」のお辞儀は、背筋を伸ばして上体を前にかがめ、
手の指の第二関節から先が畳に付くまで下げます。客同士の挨拶のときにします。
「草」のお辞儀は、指先を膝の前の畳に付けて、
上体を軽く前に下げます。 亭主が点前の途中でします。

武者小路千家
両手は、左手が前になるように、
膝前で軽く合わせ、指先を軽く畳につけ、背筋を伸ばし丁寧に頭を下げます。


歩き方
畳の縁や敷居は踏まぬようにします。
つま先を上げ、かかとをスルように歩く。
能の歩き方

表千家
畳一畳を約六足で、
半畳は三足で、足幅だけ前へ進めるつもりで歩きます。
何ももたない時は両手は自然に前へ垂れるようにします。
目の位置は、真直ぐ前方より、ややさがったところです。
席中に入るには、左足から入ります。

裏千家
畳一畳を約五歩(自然な歩幅)で歩きます。
腰を据え、下腹に力を入れて真直ぐに立ち、あごを引き加減に前方を見ます。
手は、男性の場合は、親指と人差し指の先を合わせ少し丸みをもたせて脇に下ろします。
女性の場合は、指を揃えて自然に正面に下ろします。
一足ごとにつま先を軽く上げ気味に、かかとは畳からあまり離さないように歩きます。
席中に入るには、右足から入り、出るときは左足で出ます。

武者小路千家
畳一畳を六歩で歩くように心がけます。
また畳の中心線をはさむように、すぐ両側を歩きます。
重心を一方の足から他方の足へ移とき、たとえば右足を踏み出すとき、
左足に重心が残っている間は出した右足の爪先が少しうきぎみに、
重心をしだいに右足に移すにつれて右爪先は下がり、同時に左かかとが浮きます。
次に重心を右足にもたせ、左足を前に進め、右足の真横を通るとき、
一瞬は足のうらが畳に平らにつき、続いて前に出るに従って左爪先が浮きます。
この動作を繰り返すことにより、なめらかな歩き方ができてきます。
 席中に入るには、柱付きの足から入ります。
 退出するときは、一定の決まりはありません。
※ 柱付の足から入ることによって、上体が客の方に向くためです。
 ですから茶室によって左右どちらの足から入るかは変ります。



次NEXT≫

一般的な茶道具と千家十職

茶道部~茶わん~一般的な茶道具
 ・茶碗
 ・釜 (茶釜、風炉)
 ・風炉先屏風 (ふろさきびょうぶ)
 ・盆 、千歳盆 、花形盆 、山道盆
 ・水指、水注薬缶 (みずつぎやかん)
 ・蓋置、建水、柄杓
 ・茶筅、茶杓
 ・茶巾 、茶巾筒(づつ) 、巾筒(きんとう)
 ・茶器 、茶入 、棗(なつめ)
 ・袱紗 、古袱紗(こぶくさ)、袱紗挟み
 ・扇子 、懐紙 、菓子切り
 ・小茶巾(こぢゃきん) 、振り出し
 ・香合、掛物、花入

お棚
bltana-kakusyu.jpg

茶入
blnatume1.jpg

茶道部~茶わん~お稽古でお目にかかる茶道具 
 ・お薄器棗(なつめ)
   輪島塗りの竹林蒔絵、お作→竹りょう(ちくりょう)
   春野のなつめ、お作→寿峰(じゅほう) 
   住吉絵巻 若い お作→ゆう湖   
 ・茶入
   萩焼きの文淋(唐物)
   瀬戸の肩付(お濃茶)
   瀬戸の大海(お濃茶)
   お作→そうてつ 
   阿胡だうり 
   こぼれ梅 お作→相月(そうげつ) 
   ひだすけ はぎ
 ・おしふく
   長尾
   花唐草文様
   とうかそうちょうちょうはん錦
   ヤリウメどんす 
 ・その他
   糸巻き
   紹鴎棚 武野紹鴎好み 
   ねじ梅の水差し
   天目茶碗

茶道部~茶わん~千家十職 (せんけじゅっしょく)
茶道の家元には、それぞれの道具を作る職人がいます。
その10人を千家十職とよんでいます。

職種     名前(作っているもの)
 ・陶工  → 楽吉左衛門 (楽茶碗)
 ・釜師  → 大西清右衛門  (釜、鉄瓶)
 ・塗師  → 中村宗哲 (棗、香合)
 ・指物師  → 駒沢利斎 (茶箱、棚物)  指物:くぎを使わず板を組み合わせて箱などを作る仕事。
 ・金物師  → 中川浄益 (建水、水注ぎやかん)
 ・袋師  → 土田友湖 (帛紗、仕服) 袋物(茶器をいれて保護するための袋)を作る専門の職
 ・表具師  → 奥村吉兵衛 (掛軸、風炉先屏風)  表具:紙や布をはって、軸やびょうぶに仕立てること。
 ・一閑張細工師 → 飛来一閑 (一閑張りの棗)
     一閑張り:うるしぬりの一つ。木型をつかって和紙をはりあわせてもとの形を作り、それにうるしを塗って作る。
 ・柄杓師  → 黒田正玄 (蓋置、柄杓)
 ・土風炉師  → 永楽善五郎 (土風炉、茶碗)
次NEXT≫

着物・長襦袢のたたみ方

着物のたたみ方
①着物(ゆかた)を図のように広げる。 ②赤線部分の縫い目を中心に、下前部分を折りかえす。
d_1.gif          d_2.gif



③同じ色の★印を合わせるようにたたむ ④赤線部分の縫い目どうしと★印を、合わせるようにたたむ。
d_3.gif          d_4.gif



⑤衿部分のたたみ方。    赤線部分の縫い目を中心に★印を合わせるように。内側で図のように。
d_5.gif    d_7.gif d_8.gif



⑥上の袖を向こう側へ折り返します。  ⑦点線部分を軸に、裾部分を折り曲げます。
d_9.gif        d_10.gif


⑧全体をひっくり返します。       ⑨袖をこちら側へ折り返します。 ⑩完成
d_11.gif          d_12.gif     d_13.gif


長襦袢のたたみ方
①衿を左に襦袢を広げ ②右脇縫いが襦袢の中心になるよう折る。③手前の袖を袖口が手前に折り返す。
21.gif    22.gif        23.gif


④左脇縫いが襦袢の中心に重なるように折り、       ⑤たたみ上がり。
 両脇縫いをつき合わせる。 
 袖を2と同様に折り返し、裾を持って半分に折る。  
24.gif                      25.gif
次NEXT≫

表千家と裏千家の違い

ご縁があって、今は表千家を習っておりますが、
最初は、派手で華やかな印象のな裏千家に魅かれておりました
でも、今となっては表千家でよかったと実感しております

表千家と裏千家の違い
表千家
・流派の規模は第二位。(戦前は最大流派だった?)
・・稽古重視で、あまり点前の手順書を出さない。

裏千家
・現在の最大流派。多角経営。
・家元や同門組織(淡交会)と密着した出版社(淡交社)も持っており、手順書も大量に。
 

 表千家裏千家
イメージ比較的伝統保守派。
大人しい。
比較的伝統打破派。
派手
お家元千宗左千宗室
同門組織同門会淡交会
お家元直属の先生「玄関」さん「業躰(ぎょうてい)」さん
邸内茶室不審庵今日庵

4代目継者

3代目元伯宗旦

三男・江宗左(こうしんそうさ四男・仙叟宗室(せんそうそうしつ
出仕紀州徳川家加賀前田家
帛紗女性の点前帛紗は朱色(ほぼ橙色に近い色)、男性は紫色。

女性の点前帛紗は赤色、男性は紫色。

ぼかしや絵柄入りの友禅帛紗

部屋に入る時

出るときは逆の足

左足から右足から
畳を歩く時1畳6歩1畳4歩
立ち上がる時両足を揃えて一度に立ち上がる片足を立ててから立ち上がる
水差しを運ぶ時茶道口(茶室の入り口)で、水差しを自分の正面に置いて礼。道口(茶室の入り口)で、水差しを斜め前(建付・柱の側)に置いて礼。
建水を運ぶ時茶道口を閉める。

茶道口は閉めない。
濃茶の時は茶道口を閉めます。

柄杓を蓋置にかけた後総礼をする。居住まいを正してから、建水を進める。(平手前では総礼はしない。)建水を進めてから、居住まいを正す。
帛紗を腰から取る時三つ折りにして、帯から抜き取る。二つ折りにして、帯から抜き取る。

ちり打ち
帛紗を三角にして横に持ち、少し緩めパンと音を出す

平点前でもやる。(点前で棗を拭く前、片付けで茶杓を拭く前など)

上級のお点前にならないとやらないらしい。
帛紗をさばく(畳む)時(三つ折り)

三角にした後、縦に持って、左手を真ん中にあてて三つ折りに折る。

真ん中から二つ折り→更に二つ折りにして、残りの端[しっぽ]をさらに折り込む
[微妙に三つ折り]

さばいた帛紗の両端を両手で持って、左右対称に折り曲げて二つ折りに

三角にした後、横に持って、左手の三本の指[中指・薬指・小指]を自分の側に出した状態で縦にして二つ折りにする。さらに一つ折り返して三つ折りに。

真ん中から二つ折り→人差し指で一の字を書くようにしながら更に二つ折り

さばいた帛紗を右手で持って、揃えた左手で左端を押すようにして二つ折りに

抹茶を泡立てる時適度に泡立て、泡の無い部分(=海)が半月状に残るようにする。
泡もうっすらとした感じ
泡だてすぎると香りが逃げる。
お茶の表面を全て、細かい泡がふっくらと覆うように点てる。(真ん中が盛り上がるぐらい泡立てる。) 世間一般の、泡泡なイメージ

お茶を出す時

回す方向が逆

右膝の横に仮置きする→体を斜めに向ける→茶碗を反時計回りに回して出す。(斜めを向かず正面を向いたまま)茶碗を時計回りに回して出す。
茶碗を拝見する時畳のへりの内で拝見する。畳のへりの外で拝見する。
濃茶で飲み口をぬぐう時乾いた懐紙でぬぐう。濡らした小茶巾(紙製で使い捨ての紙茶巾が主流)でぬぐう。
 
 免状、許状
 習事→飾物→茶通箱→唐物→表千家講師 入門→小習→茶通箱→唐物→台天目→盆点→和巾点→茶箱点
 表千家は比較的ゆっくりと取得するようですが、裏千家は取得プロセスが早め武者小路千家
的伝→小習→唐物→準教授

NEXT≫
記事リスト
カテゴリー
カレンダー
全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
人気記事ランキング
 カウンター
ビジター数
月齢
プロフィール

 美心

Author: 美心
心穏やに、心豊かに
☆愛・感謝・平和・美・自然・調和☆

誕生数44、太陽乙女26、月牡牛1、黄色い月の種

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。